網走市歴史年表
昭和21年(1946)

1946. 1. 1天皇、神格否定宣言
1946. 1. 4GHQ、軍国主義者の公職追放、超国家主義団体の解散を指令
1946. 1.24GHQ、公娼制度廃止を命令
1946. 1.24網走支庁長に若林次郎就任
1946. 2. 1第1次農地改革実施
1946. 2. 9日本農民組合結成
1946. 2.13網走文化協会 第1回公演
1946. 2.17食糧緊急措置令(主食供出に対する強権発動を規定)公布
1946. 2.17金融緊急措置令執行、預貯金封鎖、旧円を新円と交換
1946. 2.22ソ連、千島・南樺太のハバロフスク地方編入を布告
1946. 3.17網走町長選挙、有末三郎当選
1946. 3.31北海道第2期拓殖計画終了
1946. 4.10新選挙法による第22衆議院総選挙(自由141・進歩94・社会93・協同14・共産5・諸派38・無所属81(うち婦人39)、本道は2区制、第2区当選者飯田義茂・永井勝太郎・坂東幸太郎・本名武・森三樹二・左田鉄太郎・松本六太郎・武田信之助・伊藤郷一
1946. 4.22幣原内閣総辞職
1946. 5. 1第17回メーデー、11年ぶりに復活
1946. 5. 3極東軍事裁判開廷
1946. 5.22第1次吉田茂内閣成立
1946. 6.13政府社会秩序保持・食糧危機突破・生産管理否認に関する声明発表
1946. 6.29GHQ、地理授業再開を許可(10月12日、日本史も)
1946. 7. 1北海道総合開発委員会設置
1946. 7. 4人工甘味ズルチン販売許可
1946. 7. 5文部省、市町村に公民館設置を通達
1946. 7.30文化研究誌「オホーツク」創刊
1946. 8. 1日本労働組合同盟第1回全国大会
1946. 8. 1遠軽町から丸瀬布村・白滝村分村
1946. 8.10北見放送局、放送開始
1946. 8.12経済安定本部・物価庁発足
1946. 8.13北海道産業別労働組合会議(道産別)結成
1946. 8.16経済団体連合会(経団連)創立
1946. 9. 9生活保護法公布、10月1日施行
1946. 9.10津別村に町制施行
1946. 9.27労働関係調整法公布
1946. 9.27市町村制改正公布(首長公選、選挙権拡大、リコール制など)、10月5日施行
1946.10. 8網走町会、議長に白井仁太郎、副議長に宮津恂太郎を選任 北海道地方費法・北海道会法廃止
1946.10.15網走町振興促進会結成、会長有末三郎
1946.10.21第2次農地改革諸法令公布
1946.10.21自作農創設特別措置法公布(道内農地改革はじまる)
1946.11. 1主食配給2合5勺に増配
1946.11. 1第1回国民体育大会、京都・大阪を中心に開催
1946.11. 3日本国憲法公布、22年5月3日施行
1946.11. 8政府、追放基準要項を発表(追放範囲を地方公職に拡大)
1946.11.13北見酒精工場全焼
1946.11.16政府、当用漢字表(1,850字)及び現代かなづかいを告示
1946.11.20網走町長有末三郎退職
1946.11.29網走支庁長に安井博恵就任
1946.11.30網走刑務所文芸誌「樹氷林」創刊
1946.12. 5樺太引揚第1船、函館に入港
1946.12. 8シベリア引揚げ第1船、舞鶴に入港
1946.12.13網走町会、市制施行上申を議決
1946.12.25網走町、市制施行上申書を提出
1946.12.25総合文芸誌「くさむら」創刊

1945年←1946→1947年

index キーワード検索