網走市歴史年表
昭和29年(1954)

1954. 1. 1網走郵便局が元日に配達した年賀郵便は22万5千通で昨年より7万5千通増加、年賀電報は発信2,160通、着信1,550通で昨年に比べて4倍増の実績
1954. 1. 2午後4時50分ころ大曲山本商店前の路上で大曲引揚寮内山崎さださんの4女K子ちゃん(5)が網走バス(株)のバスに轢かれ即死
1954. 1. 3網走新聞社が読者から募集した網走異色五人男の投票数2,678通で大野珍平さん(無職)1,278票、秋元傳さん(探鉱家)1,063票、池田義雄さん(水産加工業)1,012票、久田勝利さん(鳶頭)962票、石川光五郎さん(映画館)836票、米村喜男衛さんは802票で次点
1954. 1. 3正月3日までの年賀状の発送30万5千通、到着28万2,500通
1954. 1. 4網走漁協は29年の漁業生産計画を発表、総生産高1,630万貫(前年比230万貫の増)、底引網漁船44隻(前年比2隻減)
1954. 1. 5南6西1洋家具職N(35)は水産試験場網走支所から売却を依頼された薪16敷(2万8千円相当)のうち6敷を8千円で売却、その代金と残り10敷の薪を横領したほか同様手口で売却代金を横領、その他詐欺容疑で検挙送検
1954. 1. 6公平委員会が12月行った教員人事問題(異動発令を拒否して市教委から懲戒免職処分を受けた三教官がこれを不服として市公平委に提訴した問題)の裁定の1転任発令を承認する、2懲戒免職処分を懲戒停職3ヶ月に修正する、について市教委は「裁定には満足しないがこれに服する」と決める
1954. 1. 7国鉄湧網線「平和駅」の昇格祝賀会平和小で挙行
1954. 1. 7南12西2網小4年仁平知世子さん(12)は年末年始大売り出し抽選で1等当選した賞金2万円のうち3千円を生活困窮家庭にあげてくださいと市民生援護会に寄付
1954. 1. 9自由労組小池熊雄組合長ほか十余名は市厚生課上野善雄課長に対し先に要請した賃金の増額に関し再交渉、侃々諤々の激論をたたかわしたが同課長は「自分の一存ではどうにもならぬ」と回答
1954. 1.10右派社会党網走支部の党拡大定期大会開く
1954. 1.1128年度網走市地力増進共励会の入賞団体は1位嘉多山第5、以下卯原内第3、音根内第5、中園第1、豊郷第3、音根内第1、呼人第3、東網走中央の順
1954. 1.12自由党西網走支部で総会開く、党員80余名参加
1954. 1.13市教育委員会開く
1954. 1.14釧路市鳥取海産商H(31)と同店雇人K(40)は藻琴駅前飲食店経営内藤トヨさん方の茶の間で花札賭博を開帳中市警署員に踏み込まれ賭博現行犯で逮捕
1954. 1.15成人の日、800名におよぶ青年男女が集う成人式を北光映画劇場で開く、斉藤孝三教育長の式辞、社会教育委員会議高政雄、連合青年団宮本静、網走婦人会中川イセ、網走市議会窪田茂人各代表の祝辞、関トミ成人代表の答辞、南ケ丘高校町野勉校長、市教育委員会宮本金次委員長の記念講演、午後から弁論大会、三浦バレエ研究所の奉仕出演
1954. 1.16世界男子スピードスケート選手権大会、札幌円山公園で開催
1954. 1.16藻琴地区精肉商桜岡家義さん方氷小屋から出火、5坪ほど焼失
1954. 1.16南9東6市沢正雄さん(43)は網走駅待合室でズボンの尻ポケットに入れた失業保険証書類と印鑑在中の財布を、また同日午後上川郡士別町士別の映画技師遠藤利夫さん(26)はジャンパーのポケットから現金1万7,700円をスラれたとそれぞれ網走駅鉄道公安室に届け出
1954. 1.17大曲引揚寮管理人室少年A(17)は南7東2白沢愛子さんの部屋に侵入しオーバーのポケットから現金1,280円を盗んだほか額面400円の小切手を5万6,200円に改ざんして南4西2小野寺呉服店で行使しようとして同店支配人に見破られ窃盗と有価証券偽造行使の容疑で送検
1954. 1.18駒場総合運動公園の第1期工事として昨年暮れ野球場がほぼ完成したが、市会都市計画常任委員会は今春には付帯施設を整備して使用できるようにと市に要請を決める
1954. 1.18網走市港湾審議会は第2回審議会で港湾使用料を決める
1954. 1.18網走東部海区漁業調整委員会は網走、斜里第1、ウトロの3漁協から申請された共同漁業権(アサリ)免許の審査と共同漁業建網権免許切り替えについて協議
1954. 1.19三教官への人事異動を不利益処分として市教委を相手取り行政訴訟手続きのため北教組吉井侃網走市支部長、同道本部篠尾政治部長、林弁護士が釧路地裁へ出向く
1954. 1.20西小PTAに母の会発足、会長水谷麻子、副会長山口千代子
1954. 1.20網走魚菜卸売市場専属仲買人組合は割烹「入舟」で総会開く、新役員決まる 田村直美組合長再選
1954. 1.21平和小PTA役員が教育長、市長に同校の増築を陳情、市会に嘆願書提出
1954. 1.21住所不定無職Y(28)は釧路駅で拾った財布を横領、無賃乗車で弟子屈に至り、蓄音機店からポータブル蓄音機1台、置き時計1個を盗み、網走では南3西1内藤ラーメン店内で蓄音機を換金しようとして通報され窃盗、遺失物横領の容疑で市警察が検挙
1954. 1.21雪印乳業網走工場長の市議酒井儀一郎さんの父億蔵さんが死去
1954. 1.22市教育委員会は総額8,218万円の29年度教育関係予算原案を市に送付
1954. 1.22市内の冷害凶作に対し、道はユニセフ(国際児童緊急基金)寄贈の脱脂粉ミルク953人分を割り当て(小学生1日22グラム、中学生同25グラム)
1954. 1.22田中漁業(株)設立、取締役社長田中勇
1954. 1.24網走新聞社は第3回職場対抗麻雀大会を割烹「入舟」で開く、140名参加し実業Bチームが優勝、網走税務署の3連覇を阻む
1954. 1.25第65回網走市会開会、杉本議員の発言で今夏来道される両陛下の来網を要請する緊急動議可決
1954. 1.26桂町「桂翠荘」に間借りしていた市水道課が車止内の旧土木現業所庁舎に移転
1954. 1.26新町洋服仕立業竹中東一さんの次女美枝ちゃん(西小1年)と東文ちゃん(6)が網走川の氷上で遊んでいたところ暖気で氷が割れ転落水死体で発見
1954. 1.27南4西3マルカ洋品店内からボスtバック、学生用手提げなど61点時価1万1,700円相当が盗まれているのを発見市警察に被害届
1954. 1.28網走管内に猛吹雪、最大瞬間風速22.3mを記録し国鉄をはじめ全交通機関完全麻痺、各学校は臨時休校
1954. 1.30網走商工会議所で商工会議所法改正に伴う改組準備進む
1954. 1.30市国民健康保険組合の議員改選に伴う立候補届締め切り、定員34名に対し44名届出
1954. 1.311昨年11月28日開院した市立向陽ケ丘病院の約1年間の利用状況は、外来患者は322名で精神分裂症127名、精神神経症74名、てんかん28名、精神薄弱22名、躁鬱病16名、梅毒性精神障害12名、退行期精神障害7名、精神病質3名、中毒性精神障害2名、その他33名であった。また入院患者は169名で精神分裂症107名、精神神経症29名、梅毒性精神障害12名などが主で、このほか躁鬱病10名、精神薄弱4名、てんかん4名、その他3名であった
1954. 1.31網走税務署管内の1月中の密造酒摘発件数は予想に反し4件3斗
1954. 2. 1網走青年会議所で臨時総会、市からの助成金など報告、主催行事を決める
1954. 2. 1海岸町漁業K(33)は飲食業内藤ヒデさんと口論同女に全治2週間の傷を負わせたうえ中古5球スーパーラジオ1台(時価2万2千円相当)を窃取したので窃盗、暴行容疑で書類送検
1954. 2. 2市警察は国警北見方面隊からの連絡に基づき市内各書店からワイセツ文書として「わいせつ文書」「奇談クラブ」の両特集号13冊を押収
1954. 2. 3さきの市会で網走刑務所二見カ岡支所の用地開放促進を決議中央当局に要請したが農政常任委員会は市理事者と協力して積極的な推進を申し合わせる
1954. 2. 4市国民健康保険組合の議員選挙で44名の立候補者中10名辞退、無投票で34名が当選の見込み
1954. 2. 5北3西1無職S(35)は南7西1木材業吉住義太郎さん方から2万2,000円を詐取、さらに料理店銀芳方で1,700円相当を無銭飲食し送検
1954. 2. 6網走港の29年度修築予算500万円と査定、南部助役が上京増額運動の結果1,300万円に決まる
1954. 2. 7花川仁左衛門氏が代表となり窪田、月岡、木下、守屋の各市議の紹介で市会に対し川向道路改修促進の請願書を提出
1954. 2. 7雪印乳業の集乳地域である豊郷地区に森永乳業が参入し同地区井上酪農組合長と正式契約して問題化、一部の酪農家は長年の相互関係を断つことができないと従来どうり雪印乳業に出荷
1954. 2. 7繊維消費税の新設と電力料金の値上げ反対運動起こる。市内呉服関係者が専門店会事務所で対策を協議し、同税の新設に絶対反対を決め五区選出の5代議士に同法案成立阻止を電報で要請
1954. 2. 9台町9U(23)は稼働先の南6西1看板塗装業佐藤正義さん方から工業用ミシン鋸1台1万円相当を窃取した疑いで検挙送検
1954. 2.10牛乳の出荷先をめぐり豊郷地区で「村八分」事件が発生したとの情報により人権擁護委員杉本辰治氏が現地で実情調査したが、「村八分」とは認められず
1954. 2.11市制施行7周年記念式と勤続職員の表彰、総務部長大内三治(15年3月)、税務課長町田耕三(15年5月)ほか
1954. 2.11須田完次海上保安庁水路部長、渡辺安次同一管本部長ら一行来網、1網走警備救難署の海上保安部昇格、2大型巡視船、砕氷船の配置、3無線局(電波標識及びラジオビーコン)の新設、4網走川河口赤灯台に霧笛新設、5知床岬に灯台新設を要望
1954. 2.12芦別市議会文教委一行来網、市勢一般を視察
1954. 2.12南7東1椅子修理業N(39)は網走支庁拓殖課から依頼された戸棚の修理を南6西3建具商長浜永次郎さんに請け負わせ代金6,500円を横領したのをはじめ同様手口で横領を繰り返し、さらに小清水町公民館の大机を長浜さんに製作させその代金3,500円を横領した容疑で送検
1954. 2.13網走市国民健康保険組合の第1回議員会で役員改選、理事長吉田栄吉、常務理事角田直二
1954. 2.14南7西1増長隆さんの長男清隆ちゃん(3)が中央マーケット前道路で無免許の少年S(18)が運転するオート三輪車に触れ全治1週間の怪我
1954. 2.15市議会農政常任委員会協議会は豊郷地区森永乳業の集乳問題の解決策を協議
1954. 2.15網走新聞社主催「生活権確保市民の夕べ」講演会開催
1954. 2.16本道各都市で開催される第9回国民体育大会夏期大会の経費1億3,300万円のうち網走市分割り当ては165万9千円に決まる
1954. 2.18網走市港湾整備期成会発会、会長に吉田栄吉市長
1954. 2.18本山身延山大荒行堂で百日間荒修行した大盛寺住職秋永智徳さんが同寺で帰山奉告式
1954. 2.18北教組網走支部が本部の指令で開催する定員増の職員会議は「教育上思わしからず」として斉藤市教育長が各小中学校長に指令書送達
1954. 2.19南6西4A(40)は前後6回にわたり南2東1西脇鉄工場から鉄くずなど計1万5,470円相当を盗んだ容疑で検挙
1954. 2.20自由労組は市議会田辺議長宛に1すべての失業者に適職を与えてほしい、2失業者が職を得るまでの生活を保障してほしい、3アブレをなくし食えるだけの賃金を支給してほしいと請願
1954. 2.21川向カトリック教会はローマ法王庁からカトリック聖堂として認可されたので北見カトリック教会からヨセフアルテミヨ神父を招き三位聖祭と聖体降臨祭及び開堂慶讃式執行
1954. 2.21呼人駅前新聞煙草販売業斉藤てつさん(55)方から出火店舗兼住宅を全焼
1954. 2.21北教組網走市支部大会で新役員決まる、執行委員長小南邦雄(西小校長)
1954. 2.21日本シェパード犬登録協会網走支部設立、支部長五十嵐新美(網走営林署長)
1954. 2.22市議会総務委員会で北海道都市火災共済相互保険会社設立に伴う篠予算外義務負担100万円について審議
1954. 2.22南1東1西村政吉さん宅裏から丸鱗漁業(株)所有のマニラロープ半丸(15貫)が盗まれ市警に届け
1954. 2.23市警による1.2月の冬期交通特別取り締まりで違反カード交付158件、車体整備不良警告22件、路上物件放置52件
1954. 2.24昨年5月市教委の異動発令を不服として赴任を拒否していた三教員は、釧路地裁の仮処分申請が却下され発令地に赴任を表明、10ケ月間にわたり紛糾したいわゆる三教官赴任拒否問題に解決の方向見える
1954. 2.24市婦人会が「一日市役所」、会員46名が臨時に三役と係長以上の職に就き執務
1954. 2.25 第66回市議会開会、網走市港湾管理条例案ほか審議、市公安委員に阿川二郎の再任に同意
1954. 2.26集約酪農地域設定方法の不明朗を究明し、斜網地区の指定を推進する酪農民大会開く
1954. 2.26南5東4小高漁業部の第八北辰丸(15t)が能取岬沖まで初航行
1954. 2.26大曲引揚寮日雇少年O(17)は南4東10をそそのかし大曲横山久吉さん方から網走漁協所有の麻雀パイ(時価7千円相当)を借りて他に売却し詐欺容疑で送検
1954. 2.26台町日雇U(24)と北2西2同I(22)は失業対策事業現場の便所を覗き、使用していたKさんと喧嘩になり、出刃包丁を持ち出したところを駆けつけた警官が逮捕
1954. 2.27新町N(31)は同所紺谷方の貸金業竹田鉄男さんの小切手帳を用い、網走信用金庫払出しの額面6万円の小切手を作成南4西4阿部商店で砂糖取引代金8百円の支払いに使用したのをはじめ、南8東4後藤田義美さんへ5千円、その他小麦粉購入に1万5千円、水飴取引代金に2万円行使し有価証券偽造詐欺容疑で書類送検
1954. 2.27市は失業対策事業現場で逮捕されたUとIに対し同事業初の雇用拒否
1954. 2.28社会党(左派)網走支部の定期大会で役員改選、支部長古田朝一、副支部長間作良和、藤本雄介、書記長中西仁郎
1954. 3. 1アメリカのビキニ環礁水爆実験で第5福竜丸に「死の灰」降る
1954. 3. 1南5西1無職K(21)は田村と自称する住所不定の男からネオアゴチン5cc15本を譲り受けて使用し覚醒剤取締法違反容疑で送検
1954. 3. 1南ケ丘高校第4回卒業式、卒業生295名
1954. 3. 2北6東1同和食品(株)宿舎内水産加工員N(22)は南3東2少年A(19)が盗んでおいた中古ロープをA少年宅まで手そりで運び贓物運搬容疑で検挙
1954. 3. 2南4西3K(55)は東藻琴村西倉農業前田正徳さん方から現金2千2百円を寸借し逃走中地区警察が検挙
1954. 3. 2市農民同盟で第7回定期総会
1954. 3. 2南5東4F(20)は料理店「一力」で灰皿1個、スリッパ1足、(4百円相当)を盗み、さらに料理店「叶屋」の女中のスリッパ1足を盗み窃盗容疑で送検
1954. 3. 3海明け第1船として北3東1山田水産の第五暁丸(49・93t)が未明に出漁、続いて南2東1遠藤漁業部の第八大辰丸(51・71t)も第2船として漁場に向け出港
1954. 3. 3市はかねてから宮内庁長官に天皇皇后両陛下の今夏来訪を懇請していたところご来網確定
1954. 3. 3市内駒場農業Mさん(60)方で精神異常者(27)による継母(49)殺人事件発生
1954. 3. 4地震による津波警報伝達演習が全道一斉に行われたのを機に市消防署ではあわせて防火訓練も実施
1954. 3. 5網走市婦人団体協議会結成
1954. 3. 5網走厚生病院では市議会議長に百万円の助成を陳情
1954. 3. 5大曲少年(19)が山本旅館内でアドルムを飲み自殺を図ったが発見が早く一命はとりとめる
1954. 3. 5北2西3無職N(25)、北5東1タタミ職人K(24)は食堂「毎日屋」で飲食中の北6西1靴職人入江浩さん(21)に因縁をつけ暴行容疑で送検
1954. 3. 5南2東1Tさん(23)は女満別駅を発車した列車の最後部に飛び乗ろうとして転落し左腕切断の重傷
1954. 3. 6網走地方労働組合会議結成準備会開く
1954. 3. 6新町サカエパチンコ店(南5西1青木康人経営)の表施錠を破って賊が侵入、景品のピース30個、ひかり58個、ウインターキャラメル61個が盗難
1954. 3. 6新町に(株)丸新佐藤商店設立、取締役社長佐藤倉一郎
1954. 3. 7 網走婦人会では市営の託児所を川向地区に設置してほしいと市議会に請願
1954. 3. 8日米MSA(相互安全保障法)関係4協定調印
1954. 3. 8市労協では「教育公務員法」、「義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する法律」など一連の教育破壊法案の通過を黙視し得ずとして10日まで十字街で街頭演説会をきめる
1954. 3. 8(株)網走ハイヤー設立、取締役社長遠藤熊吉
1954. 3. 9上川郡比布村市街地S(37)が南4西1加納靴店から黒革短靴1足を万引きし市内を徘徊中市警署員が窃盗現行犯で逮捕
1954. 3. 9(株)北研社設立、取締役社長千葉国治
1954. 3.10網走信用金庫当座預金係の南4西4M(21)は2年3カ 月にわたり同金庫取引先4業者への約250万円の浮き貸しが発覚、業務上背任容疑で逮捕
1954. 3.10向陽高校第4回卒業式、卒業生184名
1954. 3.11嘉多山中の通学区域を無視して一部が卯原内中へ通学しているとして嘉多山地区は市教委に対し通学区域の確認を求める陳情書を提出、斉藤教育長ら両地区関係者が現地調査
1954. 3.11加納靴店から黒革短靴を盗んで逮捕された比布村S(37)は検察庁に押送される途中同庁前で巡査のスキを見て逃走、網走・呼人間の列車内で発見され飛び降りて逃亡を企てたが追跡され、再び列車に飛び乗ろうとしてはねられ即死
1954. 3.12昨年来から設置要望のあった市営公益質屋の開設は、緊縮予算のため新年度実現困難となる
1954. 3.12市警察でワイセツ文書の一斉取り締まり、市内四書店から雑誌デカメロン8冊、リベラル5冊、風俗草紙11冊、夫婦生活16冊を押収
1954. 3.12有限会社丸孝清水商店設立、代表取締役清水秀松
1954. 3.13南網走農協土田組合長は市議会に涛沸湖の干拓を請願
1954. 3.13学校放送を始めた網小が学校放送モデル校に指定
1954. 3.13網走市学校放送研究集会を網小で開く
1954. 3.14北教組網走市支部では道本部の指令により教育二法案反対の公開授業と父母参観及び懇談を行った
1954. 3.15前日の公開授業の繰り替え休みとして市労協の「教育防衛大会」に参加した北教組網走支部組合教員は教育二法案の撤回を要求する抗議決議文採択
1954. 3.15市教委の要求する新年度教育予算をめぐる市部局との折衝は総額4,661万7千円で決着
1954. 3.15網走郵便局の貯蓄獲得目標額は総額3,640万円に決まる
1954. 3.15市内の水産関係季節労働者は今月に入り漁夫386名、加工場の男工92名、女工19名が東北各地から出稼ぎ来網
1954. 3.16約30隻の漁船が一斉に出漁、常呂沖で繰業した山田水産の第五暁丸はタラ6箱、かじか100貫、毛がに20貫、スケトウダラ3箱を初漁、魚市場の取引盛況
1954. 3.16市の新年度予算原案決まる、一般会計2億7千273万円(前年度比348万円減)、水道特別会計7千873万円(同1,973万円増)
1954. 3.17釧路市会社員川上源一さん(21)は駅に向かう途中自転車の荷台につけた現金2万7〜8千円入りの皮鞄と20万円の手形を包んだ風呂敷包みを紛失したと市警察に届け出
1954. 3.18網走郵便局保険課は昨年度目標額を突破したので郵政省などの表彰決まる
1954. 3.19三教員に対する市教委の懲戒処分取り消し訴訟第2回公判準備手続き釧路地裁で開く
1954. 3.19新入学児童への学童服が厚生省から到着、被保護世帯の小、中学生各12着配分
1954. 3.20能取地区無職I(22)は女満別町呉服商武村悟さん方から衣類(8,290円相当)を詐取地区警察が検挙
1954. 3.20倉繁醸造(株)設立、取締役社長倉繁太郎
1954. 3.21経営困難から興廃の危機にある市農協は臨時総会で再建策協議
1954. 3.22第67回市議会開会、新年度予算など審議始まる
1954. 3.22西新町少年K(15)は西小更衣室に忍び込みスキー手袋を盗んだほか向陽高校野球場付近で小型カメラ(1万円相当)をはじめ4件の悪事が判明逮捕
1954. 3.23元能取中教員(1月15日退職)M(22)は教え子の同地区T子さん(14)と共に行方をくらませていたところ東京にいることがわかり、T子さんの母親がMを誘拐容疑で告訴
1954. 3.25網走技芸学校で卒業式
1954. 3.26二ツ岩漁業生産組合では事業発展計画を樹て網走支庁に指導を要請
1954. 3.27一、二中の屋内体操場新築工事入札不調のため、一中513万2千円、二中526万円8千円で網走工機(株)と随意契約
1954. 3.28日本シェパ−ド犬登録協会網走支部は全道シェパード展の開催を決める
1954. 3.29網走保健所で赤ちゃんコンクール開く
1954. 3.29網走新聞社から報道用カメラ2台など時価17万円相当を盗み指名手配された岩手県生まれの住所不定無職H(29)は国鉄深川駅で逮捕、プレスカメラは小樽で、二眼レフは北見に入質されていた
1954. 3.30網走税務署会計係塩崎芳江さんが出張中金庫に保管していた現金4万2千円が盗難
1954. 3.31釧路地検網走支部長穴沢定志検事は帯広支部に、後任は北見支部長の堂本検事発令
1954. 4. 1生田原村に町制施行
1954. 4. 1南4東6遠藤種樹さん所有の第10北辰丸(50t)が網走沖11マイルでスケトウ漁操業中乗組員の秋山喜代松さん(21)=秋田県南秋田郡舟港川町本山=が誤って海中に転落し行方不明、のち溺死体で発見
1954. 4. 1開会中の市会で報酬職員の給与条例改正案可決、市会議長月額7千円、副議長同6千円、市会選出監査委員同3千円、教育委員長同5千円、選挙管理委員長同3千8百円、公安委員長同4千4百円、公平委員長同2千2百円、農業委員会会長同4千4百円など
1954. 4. 1網走新聞社が株式会社に改組
1954. 4. 1海岸町に大洋漁業(株)網走食品工場進出、工場長斉藤三徳
1954. 4. 2網走専売公社の前年度たばこの売り上げ本数1億1,853万5千本、金額2億5,034万947円、1人月平均98本で207円68銭と発表
1954. 4. 2稚内市越川善太郎さん所有第7善宝丸(64t)=佐貫茂夫船長ほか13名乗り組み=が北見大和堆で操業中プロペラにロープを巻き付け航行不能となり網走警備救難署の「ゆうぎり」が出動して紋別港に曳航
1954. 4. 3開会中の市会は新年度予算案に575万円を修正し一般会計2億7,273万3,970円、上水道特別会計7,873万1,200円を可決
1954. 4. 3南4東5阿部忠治さん所有の第12福神丸(49・98t)は能取岬沖で操業中機関室から出火、網走警備救難署の「さぎり」などが現場に急航して消火
1954. 4. 4南ケ丘高校、向陽高校両校管下各中学校で実施した中三テストの成績がきわめて不振で道内16市のうち最下位、市教委は学力低下の原因調査を各中学校に指令
1954. 4. 5島田建設(株)設立、取締役社長島田忍
1954. 4. 7市は新たに台町、新町駅前、二見ガ丘の三カ所に無集配局を、能取に簡易郵便局の設置を郵政大臣に陳情
1954. 4. 8全日本海員組合は傘下組合にビキニ環礁の水爆実験で被害を受けた漁船と乗組員を重視する文書を配布、網走支部もこれに呼応して官民に呼びかけを決める
1954. 4. 9自由党西網走支部は道議候補に宮津洵太郎、市長には田辺村次を推薦
1954. 4.10地区バスケットボール協会などによる講習会と交歓試合を網小で開く
1954. 4.10市教委による小中学校長会議、学力低下問題など協議
1954. 4.10市立郷土博物館で北方民族の言語を調査研究中のフインランド人学者ロバート・アウセリッツさん(30)が16日間の滞在を終わり退網
1954. 4.10市立清浦小中開校
1954. 4.11西小PTA総会、会長に深井弘三再任
1954. 4.11右派社会党網走支部は市長候補に小笠原恵、道議には尾藤忠雄を決める
1954. 4.12南1東3第18仁徳丸漁舎が荒らされているを発見届出、被害は現金3千円
1954. 4.13網走漁業協同組合は水産デーに恒例の魚霊祭
1954. 4.13市国民健康保険組合議員会は新年度予算一般会計2,166万1,275円、直営診療所特別会計479万円決める
1954. 4.14向陽病院に入院中のWさん(39)が逃走したので市警察が手配
1954. 4.14商工会議所で青色申告業者(個人183名、法人91名)が青色申告会結成総会
1954. 4.15市労協による教育二法案に関する討論会開く、今谷良一(自由党)の賛成、古田朝一(市労協)、中西仁郎(社会党)、小南邦雄(北教組)の反対討論、のち教育防衛大会を開き同法案撤回の決議を関係機関に打電
1954. 4.15市労協役員会、第25回メーデー実行委員長に古田朝一、スローガンに1MSA再軍備反対と護憲、2フアッショ勢力の排除、自由と民主主義を守れ、3賃金引き上げ最低賃金制を闘い取れなど決める
1954. 4.15(株)いさみ屋商店設立、取締役社長寺島兵治
1954. 4.16市教委、婦人団体協議会共催の婦人週間行事、南ガ丘高教諭工藤正雄氏の「わかりやすい経済の話」、討論は松本ウタ教育委員の司会で「婦人の家庭経済活動における問題点は何か」がテーマ
1954. 4.16南3西2菓子たばこ商和田久太郎さん(61)方の施錠をはずして賊が侵入、店のピース40箱、同10缶、ひかり60箱、新生30箱、桃山4箱、バット30箱、富士6箱の計9,270円相当と、きびだんご9本が盗まれる
1954. 4.16網走電報電話局は大口加入者など集めて事務連絡協議会開く
1954. 4.17古谷製菓の「フルヤ」号から市長宛のメッセージ入り通信筒投下
1954. 4.17市労協青年婦人対策部結成
1954. 4.18市教委の今年度社会教育運営方針の重点は、関係機関、団体との連携を強化し全般の向上を図ることに決まる
1954. 4.19市内戦没者遺族39名は市役所厚生課係員の付き添いで上京し靖国神社に参拝
1954. 4.191昨年来聴聞会を開いて実現を期してきた市営屠殺場は工費433万円で新町に建設が決まる
1954. 4.19函館市大森町建具職人S(52)は市内建具商吉田金二さん方で働くそぶりを見せ5千円の前借金を詐取して送検
1954. 4.20郵政記念日で網走郵便局の長年勤続職員表彰、中川義正さん、川西伊三郎さんの夫婦2組が30年精勤でアベック表彰される
1954. 4.20網走水道工業(株)設立、取締役社長本間義信
1954. 4.21北洋サケマス漁に網走から出漁する牧村漁業部の海豊丸(63t)が五色のテープに送られ函館に向け出航
1954. 4.21上斜里村一区T(52)は新町中村鮮魚店に侵入しタコ、てんぷらカマボコなど1,200円相当を盗み逃走しようとして家人に発見され駆けつけた警官が窃盗現行犯で逮捕
1954. 4.22中央農協の役員改選、組合長田野岡哲二再選
1954. 4.22網走税務署管内28年度の法人所得上位10法人発表、1石栗商店(水産業)1.375万円、2網走信用金庫(金融業)750万円、3丸玉木材(木材業・津別町)558万円、4網走食品(食品卸業)345万円、5網走水産冷蔵(水産加工業)331万円、6目黒漁業(漁業・網走市)319万円ほか
1954. 4.22ポンモイ海岸に旧日本軍の50Kg爆弾が漂着しているのを付近漁民が発見網走警備救難署に届け出、同署では能取沖の危険物投下指定海域に投棄
1954. 4.22大曲少年K(18)はこれまで6回にわたって窃盗を働き、今度は家族の衣類を密かに入質していたことが発覚検挙
1954. 4.22潮画会の総会で新役員決まる、会長宮本金次、副会長白井四郎、幹事長佐藤信勝、会計係樋口昭弘、庶務係江連三喜男、淺利清一、会場係工藤大成
1954. 4.23市議会再開、水道使用条例案のほか請願、陳情など20案件審議
1954. 4.23専売公社網走出張所A(25)は渡辺シズ子さん方同居人の留守をねらい前後7回にわたり現金2万2百円の窃盗を働きダンスホールなどで遊興費に当てていたことが発覚書類送検
1954. 4.23有限会社後藤田商店設立、代表取締役後藤田義美
1954. 4.24能取沖で操業中の林屋漁業部第18春照丸(60t)が操業中底引き網に死体がかかり検視の結果4月1日に第10北辰丸から転落行方不明になっていた秋山喜代松さん(秋田県南秋田郡舟港川町)と判明
1954. 4.25無灯火地帯のため電化期成会(会長辻武男)を結成して実現を目指した天都山地区は17戸の拠金により工費130万円で着工決まる
1954. 4.26昨年度の網走駅の不正乗車53件3万4,8060円、無賃乗車は4,965件金額42万1,839円
1954. 4.27市議会は水道使用条例案のほか陳情、請願35件審議
1954. 4.27北6東1鑓野目水産加工場鑓野目三男さん(28)裏の下屋が燃えているのを同和食品工場長木村信吾さんが発見、ムシロ4枚、屋根裏を焦がしただけで大事に至らず
1954. 4.27南11西3運搬業村田敏夫さんの二男清隆ちゃん(5)は付近に放置されていた保道車の車輪の下敷きとなり頭骨などを折って死亡
1954. 4.27鱒浦から藻琴に至る海浜が砂利採取業者によって荒らされるため磯船の巻揚場がなくなると網走漁協、沿岸漁民が市議会に取り締まりを請願
1954. 4.28前進座市川岩五郎、松本染升ら第3班一行が演芸館で「壺坂霊験記」「人斬り伊蔵」「身替座禅」の三本だて公演
1954. 4.30網小PTA総会、役員改選で会長窪田茂人再選
1954. 4.30春ニシン初漁150箱
1954. 4.30労働会館宿泊部の経営者に檜山竹千代さん決まる、営業開始は5月10日に内定
1954. 5. 1全道的に国鉄列車ダイヤ改正
1954. 5. 1北2東1製函業佐藤英太郎さん(47)工場から出火、同工場と住宅51坪全焼
1954. 5. 1第25回メーデー、市内約20単産1,500名参加
1954. 5. 1南4西1アパート(旧百貨店林七治さん所有)の3階北側付近から出火、木造総3階建て495坪を全焼、罹災者18世帯、損害額905万2,130円
1954. 5. 1双葉木工有限会社設立、代表取締役佐藤辰一郎
1954. 5. 2北海道野球連盟網走支部の役員改選、支部長塩森哲雄
1954. 5. 3市民生援護会は1昨日の火災で罹災した佐藤製缶と元百貨店アパートの18世帯に窪田会長が見舞金(小家族1千円、大家族2千円)を贈る
1954. 5. 4網走サケ・マス孵化場で750万尾の稚魚の放流式
1954. 5. 5北2東2極光缶詰(株)の工員宿舎から出火、同建物51.5坪を全焼したほか隣接する斜里町藤谷豊さん所有住宅1棟2戸18坪を半焼、損害額250万円
1954. 5. 6市はさきの市議会で懸案とされた水道課の扱いについて、工営部から分離して水道事務所とする機構改革を行いこれに伴う7名の係長級人事異動発令
1954. 5. 6朝倉水産加工場本田岩さんの二男正勝ちゃん(6)はY(23)の運転するトラックにふれ全治1ヶ月の重傷
1954. 5. 7北教組網走市支部は本部の指令で教育二法案の成立に反対して組合員300名が参加し昼食抜きのハンストを行った
1954. 5. 7北1東2N(39)は南3東1屋台通りの飲食店「双葉」で飲食中の漁夫佐藤信一さん(21)に対し全治3日間の傷害を負わせ、同僚のS(23)は被害者の短靴を拾得横領したので検挙
1954. 5. 7津別町で約4千年前の土器を米村郷土博物館長らが発見
1954. 5. 81日の旧百貨店アパート大火で人命救助した網走郵便局員三浦厳さん、佐藤速雄さん、佐々木正光さんが市長表彰受ける
1954. 5.10前夜半からの烈風網走地方を襲う、瞬間風速30mに達し明治22年開設した網走測候所の観測史上初の最高記録、市内小学校いずれも臨時休校
1954. 5.11暴風のため行方不明となった漁船はきよし丸(7.90t=船主船木金次郎)、宝洋丸(11t=同奥谷悠一)、第2両豊丸(9t=同川村儀作)、そよ丸(11t=同脇本喜六)、伝山丸(14・4t=同田中久助)、第1福長丸(12・5t同船木長之助)、第2福長丸(10t=同)で伝山丸は無事帰港
1954. 5.11台町庶民住宅15号藤本幸雄さん(30)宅台所から出火、戸棚、布団をなどを焼いて鎮火
1954. 5.12網走支庁臨時暴風雨対策本部、管内の家屋被害3,480万円、農業関係被害6,540万円、水産関係被害4,400万円で総額1億4,420万円と発表
1954. 5.12北8西3日雇N(20)は北4東1付近を酔って徘徊し同所交番の窓ガラスを破壊して保護検束
1954. 5.12天都山漁業E(48)は南5東2付近で酔って乱暴しようとしたので保護検束
1954. 5.13北8西2野田菓子店方店員K(24)は食堂「コロナ」方で2千円相当の無銭飲食し従業員のスキを見て裏窓から逃走しようとして現行犯逮捕
1954. 5.14貝谷八百子バレエ団一行54名によるバレエ組曲「胡桃割り人形」労働会館で全曲3幕公演
1954. 5.15北7西5椛本熊次郎さん(43)方物置から出火、7坪焼失
1954. 5.15地方財政平衡交付金法改正公布(平衡交付金を地方交付税と改め、交付税率を定める)
1954. 5.16市教委は網小校長に角野米次郎発令
1954. 5.16村上医院北6西2に移転、院長村上種彦
1954. 5.17市農協の赤字解消に組合事務所を市に売却することに決め市議会に請願
1954. 5.18底引船乗組員の休憩所設置方につき市議会、網漁協、船員組合が船員保険会を通じ厚生省に運動
1954. 5.18本道視察中の大野開発庁長官から「今回の災害に深く同情し、代理に松田鉄蔵代議士を派遣する」と市に入電
1954. 5.18網走地区保護司会は慈恵院へのご下賜金伝達式と総会開く
1954. 5.19網走市、暴風雨による市内農業被害額3,954万円・漁業被害額1,117万円と発表
1954. 5.19国鉄湧網線二見カ丘駅構内から網走寄り300mの線路上に小石が40個ほど並べられているのを進行中の43列車の機関士が発見、事なきを得たが4歳の幼児のいたずらと判明
1954. 5.20衆議院水産常任委員一行が釧路経由で来網、被害を受けた管内の各漁業協同組合が対策を陳情
1954. 5.20桂ガ岡公園の観光桜まつり初日
1954. 5.20市議会港湾土木委員会は請願5件のうち2件採択、3件は継続審議
1954. 5.21米村喜男衛市立郷土博物館長が帯広市で開かれた北海道観光連盟総会で北海道観光功労者として表彰
1954. 5.25住所不定船大工I(23)は北7西6三洋造船(株)東船クラブ内桃井秀治さんの居室から現金2百円と郵便貯金通帳(現在高2万8千円)及び認め印を窃取、払い戻したので逮捕
1954. 5.26網走川のサケ・マス捕獲場の建て網にかかっている女性の死体発見、身元は常呂町の農業Kさん(27)の内妻J子さんと判明
1954. 5.26中央小2年生A子ちゃんがS(22)に同校内の便所に連れ込まれようとしているのを他の児童が発見、便所に潜伏中のSを発見逮捕
1954. 5.27市農民同盟の土屋書記長辞任、後任は鳴海保夫
1954. 5.28第68回市議会開会、暴風雨被害状況と対策報告
1954. 5.29市連合PTA評議員総会開く、役員改選で会長深井弘三
1954. 5.30北6西5横沢時雄さんと隣接する佐藤武さんの両家物置から出火、発見が早くボヤ程度で事なきを得たが放火の疑いがあるので市警察が捜査始める
1954. 5.30日本共産党北海道地方委員会の署名入り天皇来道反対ビラを網走細胞が配布
1954. 5.31今夏来道される天皇皇后両陛下が網走市にお泊まりになることが決まり道から通知される
1954. 5.31昭和25年10月10日北見営林局会計課員大山正男さん(当時21)が殺害され公金20万円が強奪された事件、さらに同26年6月11日留辺蘂営林署会計係小林三郎さん(当時28)が殺害され公金470余万円が強奪された事件の主犯羽賀竹男(29)、共犯とされた2名にたいする求刑公判が地裁網走支部で開かれ検察側は三被告に死刑を求刑
1954. 6. 1市が購入したダンプカーが中園、卯原内、浦士別に出動
1954. 6. 1解禁となったサメ漁に11隻出漁、知床沖で平均3マス程度の漁獲
1954. 6. 2卯原内〜嘉多山第3号線新設農道完成(総工費27万円、昨年11月着工)
1954. 6. 2全逓網走支部は夏期手当1ヶ月分獲得闘争で無期限の超過勤務拒否
1954. 6. 3教育の政治的中立に関する2法公布
1954. 6. 3浜網走駅構内で留め置中の貨車2両の封印が破られているのを発見鉄道公安室に届け出
1954. 6. 4網走工機が請け負った一中の屋体新築工事で地鎮祭
1954. 6. 5一昨年相内村で市立郷土博物館の米村館長が発見した石器は縄文土器文化期以前約1万年前のものと市川考古会研究所長マーリンガー博士から報告
1954. 6. 5網走工機が請け負った二中の屋体新築工事で地鎮祭
1954. 6. 6網走バレーボール協会主催春季大会で男子は開発チームが女子は南ケ丘高校が優勝
1954. 6. 7網走支庁長に道民生部社会課長尾谷正二発令
1954. 6. 8全道労協定期大会の網走開催決まる(開催期間7月29日から3日間、会場労働会館)
1954. 6. 9桂ケ岡神社で春季大祭
1954. 6.10北海道開発計画調査のため大蔵省、農林省、道開発局などの係官8名来網
1954. 6.10全逓網走支部は夏期手当要求闘争で3日間3割休暇戦術
1954. 6.11失業対策事業にあぶれた自由労組員が市役所に押し掛け完全就労を要求したが物別れ
1954. 6.11網走第一石炭(株)設立、取締役社長田野岡哲二
1954. 6.12網走新聞社主催による日中友好協会理事長内山完三の講演会と同社制作の「網新ニュース」第1号公開
1954. 6.12網走国民健康保険組合で創立10周年記念式典挙行
1954. 6.13北見市北1東2元共成(株)北見支店長雑穀仲買人N(38)は中央農協から6貫目入り澱粉660袋約75万円相当の騙取が発覚検挙送検
1954. 6.14酪農振興法公布
1954. 6.14今夏来道される天皇皇后両陛下のお召し列車の試運転車両が網走駅を通過
1954. 6.14諸税滞納額1億2千万円徴収のため網走税務署は処分強行決める
1954. 6.14市消防後援会役員会、辞任した吉川藤作会長の後任に塩森哲雄を選任
1954. 6.15東京で開かれる全国市長会に吉田栄吉網走市長出発
1954. 6.15南10西3吉野清掃(株)の使用人Tさんは内妻K子さん(38)が先月から家出帰宅しないので捜索保護願い
1954. 6.16市教委は定例会議で道東婦人大会開催準備など協議
1954. 6.16中央小吉井侃教諭が札幌市の小学校に転任のため出発
1954. 6.16国鉄北見機関区はお召し列車の北見〜網走間を牽引する機関車の乗務員として機関士林二男(43)、機関助士田中徳雄(36)、予備機関士高木朴(46)を決める
1954. 6.17観光団の第1陣として大阪の女子大生一行35人が来網、網走道立公園やモヨロ貝塚を見学
1954. 6.17市役所職員組合は要求していた給与条例の1部改正に対する市長の回答を不服として臨時組合大会開く
1954. 6.18川向地区でこの春以来頻発する原因不明の怪火事件を警戒し住民が徹夜の巡回を決める
1954. 6.18市漁業協同組合の役員会、港湾計画への協力、浦士別孵化場の用地買収、道漁連冷蔵庫問題など協議
1954. 6.19日本社会党網走支部は本部から来道した竹内猛全国オルグを囲み懇談会開く
1954. 6.20網走郵便局では昨年度郵貯増強運動で好成績をあげた職員古川勉さんほか3名を優績者として表彰
1954. 6.20網走青年会議所で役員改選、理事長田辺正英
1954. 6.22新町さんの妻T子さん(33)が服毒自殺を図ったが発見が早く一命を取りとりとめる
1954. 6.23北7西6雑貨商山内寅雄さん方物置に揮発油をかけた縄たわし様のものを発見放火準備の疑い
1954. 6.24網走沖で第5欣宝丸の2基の機関のうち1基が故障、航行中の漁船に曳航され無事帰港
1954. 6.25音根内地区農業影山政幸さん(36)方草葺き馬小屋から出火、馬3頭焼死
1954. 6.25道水産物検査所網走支所調査のサメ延べ縄漁、6月2日からの水揚げ36万450貫、2千523万1,500円で昨年同期比15万6,450貫の増、網走港を根拠とするサメ延べ縄漁許可船は79隻
1954. 6.26南3西1飲食店「みやこ」の経営者I(34)は前貸金として弟子屈町川湯温泉の料理店女中A子に6万5千円を、釧路市料理店女中B子に10万円を払い、自店に住み込ませて売淫を強要、かつ前貸金相殺の名目で給金を不払しているのでB子は市警察に告訴
1954. 6.27NHK水曜日のラジオドラマ「君の名は」の作者菊田一夫夫妻が来網、原生花園を散策し郷土博物館を見学、網走映画同好会は同氏夫妻を囲む座談会開く
1954. 6.29南5西1看板業佐藤計治さん(26)方から出火、家屋1棟13坪全焼、隣接する4棟70坪半焼
1954. 6.29第69回市議会開会、農業委員会の選挙による委員の数を定める条例制定ほか審議
1954. 6.30自治体警察発足以来6年間市民に親しまれた網走市警察署は警察法の改正で廃止となるので廃庁式挙行
1954. 6.30網走少年消防クラブ(網小桂班、中央小小鳩班、西小西班)で結成式
1954. 7. 1防衛庁、自衛隊発足
1954. 7. 1警察庁、都道府県警察発足(国家地方警察・自治体警察廃止)
1954. 7. 1紋別(上渚滑村・渚滑村合併)・江別・赤平・士別の4町に市制施行
1954. 7. 2網小3年1組鶴巻純子さん、土屋倫子さんが警察署を通じ貧しい子どもたちにと雑誌10冊を市役所に寄付
1954. 7. 3先月29日ソ連軍艦に拿捕されたサメ延べ縄漁船増栄丸(10・07t)が網走に帰港
1954. 7. 4国体野球網走市予選準決勝、市役所対雪印は雪印、土木対開発は開発に凱歌
1954. 7. 5天皇皇后両陛下ご巡幸を機に予算100万円で20年ぶりに市立郷土博物館の整備が決まる
1954. 7. 5北8西3に網走勤労者診療所(所長石川昭夫)開設
1954. 7. 6網走地区珠算能力検定試験、初の1級合格者南ケ丘高校3年玉井英一
1954. 7. 7新発足の北海道警察網走警察署長に発令された阿曽佐輔着任
1954. 7. 8釧路地裁網走支部第1号法廷で北見営林局職員ら2名を殺害した事件の最終判決公判、被告人羽賀竹男(29)に死刑、同梅田義光、清水一郎に無期懲役
1954. 7. 8潮見地区三浦健一さん(33)一家がブラジルに移民として出発
1954. 7. 8商工会議所の会員総会で東出前会頭に感謝状
1954. 7. 8呼人地区Aさん(34)は呼人〜女満別間の大沢tネル内で列車に轢かれ即死
1954. 7. 9「小鳥のおじさん」として有名な農林省鳥獣調査員の中村幸雄さんが知床ウトロ地区一帯山野の鳥類調査後来網、「交通は多少不便だが各種風光資源が豊富な同地帯の国立公園指定価値は十分」と語る
1954. 7. 9ハル占領軍司令官、米軍の北海道年内撤退を発表
1954. 7.10東部地区中学校体育連盟は藻琴中で東部地区体育大会開く
1954. 7.10日本ユネスコ協会からアテネで開かれる国際ゼミナールに米村喜男衛市立郷土博物館長を招待する正式通知届く
1954. 7.11北3西1洋家具職人N(36)は南7東2薬品衣類行商大倉徳治さん方から椅子1脚、洋服布地6ヤールを横領、その他時価1万円相当の横領容疑で逮捕
1954. 7.12南7西2古川アパート内A(22)は同アパート内佐藤貞さん方から現金9百円を盗み検挙
1954. 7.12南6西7無職F(20)は建設業阿部一之十さん方から背広上下1揃い時価1万2千円相当を横領その他の悪事が発覚逮捕
1954. 7.12紋別市中藻別農業Y江(42)は南4東1元角靴店から婦人革靴時価3千円相当を、また南4西二中村靴店から同時価3千円相当を万引き送検
1954. 7.12北海道教育委員会網走事務局長に発令された永井常三郎単身着任
1954. 7.13大曲引揚寮内無職A子(39)は酔って帰宅した内縁の夫大清水克郎さんに薪を投げつけ全治1ヶ月の重傷を負わせ書類送検
1954. 7.14市議会総務委員会が網走厚生病院への助成金問題、厚生委員会は大曲公営住宅地区集会場設置の請願を審議
1954. 7.15築港工事現場堀松建設内土工夫T(45)は棟方水産加工場に忍び込み開きタラ3貫目時価1千円相当を盗んで逮捕
1954. 7.15北洋タラ漁第1次船団紋別を出港
1954. 7.15住所不定H(26)はホルモン焼き店杉山村太郎さん方で飲酒中同席した鎌倉市在住の画家安藤龍山さん(58)の上着のポッケトから現金3千円を抜き取りスリの現行犯で逮捕
1954. 7.16網走市農業委員選挙、無投票で当選者決まる
1954. 7.16北9東1及川水産加工場宿舎内I(20)は出刃包丁で海岸町大洋漁業(株)内女工員Hさん(24)の顔面と手の平に9カ所の傷害を加え逮捕
1954. 7.16二見ガ丘農業広岡金作さんの三男Sさん(20)が現金6万円をもって家出
1954. 7.16市水道事業のうち着水井の工事入札は116万円で聖太建設が落札
1954. 7.17南5東6少年S(15)は近所に住む漁夫加藤定治さん宅を始め前後4回にわたり現金4千5百円の盗みが発覚検挙
1954. 7.17(株)網走小型運送社設立、取締役社長酒井儀一郎
1954. 7.18北2東1三吉神社裏空き地で行き倒れの青年を通行人が発見病院に収容、厚岸町在住のSさん(25)と判明したが睡眠剤ラボナ50錠を服用
1954. 7.18南4西3K子さん(14)は浜網走駅構内の水汲み場で入れ替え作業中の貨車に挟まれ肋骨骨折、内出血で死亡
1954. 7.19南4東1店員A(18)は勤務先のマスヤ書店から現金1千百円を盗んだのをはじめ南5東2吉村医院から集金した雑誌代金2,800円、南7東6本田光雄さんほか41名から集金した3万7,631円の横領が発覚検挙
1954. 7.20労働会館で全道国民健康保険振興大会開く
1954. 7.20二見ガ丘地区農民は鈴木芳春市議の紹介で網走刑務所二見ガ丘支所農耕地の開放を市議会に請願
1954. 7.21茶道裏千家淡交会網走支部発会、支部長吉田栄吉
1954. 7.21全道国民健康保険振興大会出席者のうち60名がバスで原生花園、網走湖荘を経由阿寒周遊に向かう
1954. 7.22北海タイムス社移動動物園が桂ケ岡グランドで開幕、25日まで
1954. 7.23第70回市議会開会、公平委員の選任など審議
1954. 7.23改選後初の農業委員会開く、会長田野岡哲二を再選
1954. 7.24釧網線北浜駅待合室で実豊地区農業東海芳子さん(26)が切符を買おうとした際に手提げ袋から現金1,210円在中の財布をスラれたと鉄道公安室に届出
1954. 7.24駐留米軍第39航空師団第49戦闘爆撃機部隊第5111航空管理監視部隊 網走航空分遣隊(能取キャンプ)を市民に公開
1954. 7.25大曲堀野ヨシノさん(49)は天都山入口踏切付近で南4東4文化堂店員H(36)の運転する三輪車がバスをよけた際にはねられ死亡
1954. 7.26網走映画同好会では今年上半期の日本映画の批評と北大演劇部の「どん底」公演の後援を決める、また有末会長を顧問に推薦
1954. 7.27網走刑務所製品の即売会、中央小で開く
1954. 7.28国鉄網走機関区転車台のエアホース3m(時価3千円相当)が鋭利な刃物で切断され持ち去られているのを係員が発見し警察に届出
1954. 7.29労働会館で全道労協大会開く、参加者地区労50名、30単産で約270名
1954. 7.29網走駅は第2期24ヶ月無事故運転達で旭鉄管理局長表彰
1954. 7.30新谷漁業部の新生丸(46t・桜井小一船長)が能取岬沖で操業中甲板員斉藤正弘さん(26)がロープに足をとられ海中に転落死亡
1954. 7.31市営総合グランド(野球場)の竣功式と祝賀会開く
1954. 7.31社会党網走支部は市労協と共催で政局批判大演説会開く
1954. 7.31衆議院運輸委員一行来網、港湾など調査
1954. 7.31市農協再建問題と青年部の組織強化などを議題とした市農協青年部大会開く
1954. 7.31漁船機関士Y(21)は働いていた漁業部の切り上げの際ビスモーター付き自転車1台を盗んだことが発覚逮捕
1954. 7. 北洋漁業再開記念大博覧会(函館)
1954. 8. 1北2西1高本海事部内工夫S(21)は食堂「コロナ」の台所から清酒2升を盗もうとして逮捕
1954. 8. 2南3西3土工夫M(21)はカフエー「ミカド」の入口ガラス戸を破壊し現行犯逮捕
1954. 8. 3労働会館で道東地区婦人大会開く、参加者約1千名
1954. 8. 4向陽地区瀬川精一郎さんの二男(20)が馬車で魚運搬中南3東1の岸壁で垂れ下がっていた電線に触れた馬が感電死
1954. 8. 5南1東1小林水産(株)漁夫T(24)は来々軒前にあった北2西2押川庄一さん所有の中古自転車時価1千5百円相当を盗み検挙
1954. 8. 5北8西1無職少年A(17)は本田菓子店のガラス戸を破り陳列棚の大缶ドロップスなど時価1千円相当を盗み検挙、少年Aは8回の前科が有り5月に千歳少年院を退院していた
1954. 8. 5後藤重夫前網走市警察署長が退網、夜行列車で郷里の宮城県へ向かった
1954. 8. 5国分医院開業、院長国分正雄
1954. 8. 6訓子府町少年A(中3)は中央映劇で観覧中の高木栄子さんから5千円入りのハンドバックを盗み逮捕
1954. 8. 6新町鉄道官舎少年Aは南3東1Sさんの3女T子さんに乱暴しようとしたが抵抗され逃走中逮捕
1954. 8. 6上水道配水管埋設工事中の網走新聞社前の土中砂層から先住民族の人骨1体を発見、モヨロ人とアイヌ人との混血人と推定
1954. 8. 7新町トラック運転手S(20)は南3西1料理店「喜多八」で8千円相当を無銭飲食し現行犯逮捕
1954. 8. 7労働文化祭B級野球大会の決勝戦、北洋相互銀行対拓殖銀行は8A-1で北洋相銀が快勝
1954. 8. 8天皇皇后両陛下ご巡幸の際の供奉員(宇佐美毅宮内庁長官ほかの随行侍従官 )の職氏名が正式に通達される
1954. 8. 8両陛下の網走での日程に北浜原生花園を追加することが正式に決まる
1954. 8. 9住所不定無職Y(32)は妹を世話するからと八坂地区農業若井久四郎さんを騙して7百円を前借詐欺し検挙
1954. 8.10網走ロータリークラブは青年会議所と共同で総合グランドに2個、天都山展望台と網走湖呼人浦休憩所に各1個のクズ入れ箱を寄贈
1954. 8.11岩内町紀州丸漁夫H(21)は営林署所有三岬丸の船室に侵入し毛布2枚時価1万2千円相当を盗んだことが発覚検挙
1954. 8.12東部網走地区漁業調整委員選挙、10名の当選者決まる
1954. 8.12海岸町大洋漁業(株)網走加工場女子寮内女工員Kさん(24)に対する傷害事件の判決公判でI被告(22)に懲役8ヶ月(求刑10ヶ月)の言い渡し
1954. 8.13釧路道路真性寺前で履物業青山幸之助さんの長女八重子ちゃん(2)は網走ハイヤー(株)の営業車に触れ数カ所に擦過傷
1954. 8.13天皇皇后両陛下、午前10時53分網走駅ご到着、駒場総合グランド(野球場)の特別奉迎場で市民の奉迎を受けられる。市立郷土博物館ご訪問ののちご泊所のホテル山水閣に入られ、午後は天皇陛下のみ原生花園などご散策、夜のご泊所前は提灯行列の波で埋まる。この日の人出約3万人
1954. 8.13両陛下に鱒浦佐藤猛雄さんが牛乳を献上、ご泊所で召される
1954. 8.14両陛下午前10時10分ご泊所ご出発、網走駅から斜里に向われ、車中で献上した牛乳を召される
1954. 8.14進駐軍本道を撤退、自衛隊移駐
1954. 8.15網走剣道連盟で昇段審査会
1954. 8.16網走開発建設部への報告によると14,15両日の管内一帯の降雨日量は57.9mmに達し各地で河川の氾濫、道路の決壊、橋梁の流失被害発生
1954. 8.16新町鮮魚商K(42)は無免許でオート三輪車を運転し一中付近で自転車に乗った南4西3鮮魚商浜田幸三さん(32)に衝突、浜田さんは全治2週間の怪我
1954. 8.17雄武沖で操業中の弁天丸(3t)が機雷らしき物体発見、調査の結果燃料タンクと判明
1954. 8.175月10日の暴風雨による管内漁船5隻の遭難から百日にあたり合同慰霊祭執行
1954. 8.1814日からの豪雨は総雨量61.8mmに達し呼人地区で約50町歩の田畑が冠水流失する被害発生
1954. 8.18第26回日本港湾協会通常総会で網走港が重要港湾に指定
1954. 8.19本道の各港湾都市を視察中の建設省黒田静雄港湾局長が来網
1954. 8.205号台風で18日から降り続いた雨は73.5mmに達し市街地で橋梁橋台崩壊2カ所、畑地冠浸水は600町歩に及び家屋にも浸水
1954. 8.20台風による郊外地区の被害は、山里、豊郷両地区が最も甚大で冠水100町歩、浸水300町歩、麦、エン麦は倒伏、他の作物も相当減収の見込み
1954. 8.20オートバイで世界一周を目指す静岡県の秋山和さん(29)が日本一周の途次来網
1954. 8.20川向網走興業(株)干場三郎さん(28)は網走駅で下車した際時価9,500円相当のカメラを車内に忘れたので引き返してみると既に持ち去られていた
1954. 8.21網走郵便局、網走郵趣人倶楽部共催の郵趣コンクール切手展覧会開く
1954. 8.22三光石炭販売(株)創立5周年記念、観光港まつり、市営球場新設を兼ねたノンプロ野球チームの試合が行われる
1954. 8.22大阪市の金物店外交員Nさん(22)が新町向陽館に投宿中カルモチン230錠を飲んで昏睡状態に陥り収容された病院で死亡
1954. 8.23南5西2関東有機(株)方漁夫S(26)、同A(21)、同少年B(17)は南3東1屋台通り飲食店「はしもと」の裏口施錠を破って侵入、清酒1升を盗み現行犯逮捕
1954. 8.24天皇皇后両陛下行啓スナップ写真、観光写真展開く
1954. 8.24栄地区鬼塚勉さんは大麦6俵を南農協に出荷、供出1番乗り
1954. 8.26住所不定無職窃盗詐欺前科10犯I(51)は岡山旅館に投宿中、同宿客の革靴1足時価1千円相当を盗み現行犯逮捕
1954. 8.265月11日北洋に船出した内藤漁業部所属サケ・マス漁船第11暁丸(74t)は道漁業公社銀洋丸(3,500t)船団に配属、1,730万円を漁獲して網走に帰港
1954. 8.26剣道錬士試験に網走から南部正ほか5名受験全員合格
1954. 8.27観光港まつり行事で変装した有名人探し
1954. 8.28第6回東北北海道競輪大会桂ケ岡グランドで開幕、出場選手約80名
1954. 8.28南5東3Yさん(41)方で「いずし」による食中毒発生、1名死亡2名重体、原因はボツリヌス菌による中毒と判明
1954. 8.29観光港まつりの行事として中央小校庭で催された観光港おどりの最終日は300名の盛況
1954. 8.30ユネスコ主催国際博物館会議(アテネ)に日本代表として出席する網走市立郷土博物館長米村喜男衛出発
1954. 8.30日本マラソン界育ての親金栗四三さん(43)が国体出席の帰途来網、南ケ丘高校、二中で講演
1954. 8.31西小母の会は廃品の回収、運動会売店の利益など4万円を同校オルガン購入資金にと寄付
1954. 9. 1道警網走警察署の所轄区域再編新発足
1954. 9. 1道漁連網走冷凍工場は斜里第一漁業が継承し「鱗光冷蔵」と改称
1954. 9. 4管内伝貧馬の定期検査、前月までの真症は網走の37頭を筆頭に237頭
1954. 9. 5秋季北見地区高校野球大会で北見北斗高優勝(市営球場)
1954. 9. 5三眺幼稚園改築落成し開園式
1954. 9. 6支庁管内農作物作況調査、被害総額60億円と発表
1954. 9. 6網走保健所のA級昇格に備え庁舎移転準備協賛会設立
1954. 9. 7知事選任支庁管内海区漁業調整委員決まる、東部海区は米沢鶴松(斜里町長)、山田道雄(網走・漁業)、駒井富太郎(同・同)
1954. 9. 7網走刑務所から窃盗前科7犯のS(34)が脱走、7時間後に逮捕
1954. 9. 8道議会農政常任委員一行来網、能取地区土地改良、水害状況を視察
1954. 9. 9津別町開基70周年、開村35周年記念祭挙行
1954. 9. 9市内の気温28.2℃に上昇
1954. 9.11網走支庁管内冷水害対策協議会開く、昭和6年来の大凶作、農作物の減収予想額56億7千万円
1954. 9.11網走教員養成所生徒会で緊急総会、網走警察署員による学内スパイ依頼問題で阿曽署長に抗議文手交
1954. 9.11中秋の名月、天都山頂まで観月バス運行
1954. 9.12高田太郎さんが市立図書館に蔵書740冊寄贈
1954. 9.13市仏教会は戦没者538柱の慰霊法要執行、来網中のモンテルンパ戦犯教悔師加賀尾秀恩師参列
1954. 9.13網走支庁管内各海区連合協議会で役員選任、東部海区は会長藤谷豊(斜里)、副会長白井茂(網走)
1954. 9.18網走教員養成所生徒会は学内スパイ問題での署長の処置を了承、解決を声明
1954. 9.19網走地方消防総合訓練大会桂ケ岡グランドで挙行
1954. 9.19市は小結に躍進した北浜出身北の洋に化粧回し贈る
1954. 9.19日本社会党(右派)執行委員長河上丈太郎一行来網、労働会館で演説会開く
1954. 9.20網走支庁管内戦後開拓10年記念大会挙行、開拓者の定着3,500人、開拓面積1万5千町歩、住宅建設2,500戸、学校建築15棟、建設工事費4億円、開拓農協設立28組合、組合員2,900名
1954. 9.20網走製氷(株)(社長石栗与吉)の急速冷凍施設完成
1954. 9.21網走支庁は道町村合併促進協議会の答申を基礎に管内計画発表
1954. 9.22市内で配給された内地米からケナガコナダニ発見問題となる
1954. 9.22劇団中芸(薄田研二主宰)労働会館で公演
1954. 9.23市営球場で網走市長杯道内ノンプロ野球大会、東洋高圧優勝
1954. 9.23中央小特設道場で第4回東北海道柔道選手権大会、一般団体戦で網走柔道協会が優勝
1954. 9.24南4東1に新築中の大和屋百貨店落成開店
1954. 9.25中央小(須貝麟太郎校長)で開校70周年記念式典挙行
1954. 9.25商工会議所議員総会、副会頭に岡田由太郎選出
1954. 9.25市労協第5回定期大会で新役員決まる、議長古田朝一
1954. 9.26台風15号のため青函連絡船洞爺丸転覆、乗客1,011人死亡
1954. 9.26台風15号網走地方通過、市内の最大瞬間風速28m、網走港根拠のサメ漁船19隻行方不明、管内の被害死者1名、行方不明20名、負傷7名、家屋全壊657棟、半壊1,233戸、被害額61億2千万円
1954. 9.27紋別市で今年度オホーツク海域サンマ漁業操業協定打ち合わせ、管外からの入り会い許可船135隻と決める
1954. 9.27衆議院農林常任委員一行、管内冷水害状況調査
1954. 9.28台風15号で行方不明だった網走港根拠のサメ漁船続々帰港、未帰還船3隻
1954. 9.30網走商工会議所会議室で全道市長会定例総会
1954. 9.30冷害に見舞われた稲富地区代表が市税の減免、延納方申し入れ
1954.10. 1台風15号で行方不明の網走港根拠サメ漁船3隻の捜索打ち切り、赤十字を通じソ連に救助依頼を要請
1954.10. 2台風15号の被害で雄武町に災害救助法発動
1954.10. 3第4回市民体育大祭4会場で開く
1954.10. 4市農業団体長会議、冷害対策措置要請案を市、市議会に提出
1954.10. 4台風15号による網走営林署管内の風倒木被害約1万3,500石
1954.10. 5稲富地区の全戸電化工事完成
1954.10. 6市内底引業者が刺し網業者に与えた損害のうち50万円の補償決まる
1954.10. 6市農民同盟高政雄委員長一行、救農陳情のため上京
1954.10. 7第71回臨時市議会、救農対策を審議
1954.10. 7西興部、興部、滝上、上湧別の4町村に第2次災害救助法発動
1954.10. 9網走支庁管内来年度種モミ需要2万708俵の市町村別荷受け計画決まる
1954.10. 9吉田市長が救農、港湾問題陳情のため上京
1954.10.10金栗四三来網記念第1回金栗杯全道マラソン大会開く、網走〜二見ケ岡間片道10Km往復コースを走行、旭鉄の塩田富治選手が1時間9分45秒で優勝(以後年中行事となる)
1954.10.10網走公共職業安定所長異動、所長八幡藤夫発令
1954.10.13網走支庁管内冷害対策基本調査の結果、管内農家総数2万8,649戸のうち救済を要する農家1万2,101戸
1954.10.13網走支庁は管内の木材工場を総動員し、屋根マサのフル生産と台風被災地への出荷計画決める
1954.10.14保利農相管内水害状況を視察、北見市役所で陳情を受ける
1954.10.15網走厚生病院の開院10周年記念式典挙行(昭和19年10月15日開院)
1954.10.17尾谷網走支庁長一行、冷害対策陳情のため上京
1954.10.18消息を絶っていた網走港根拠の3漁船稚内港に帰還、ソ連側に拿捕されていたもの
1954.10.19網走支庁管内生活保護被保護世帯に特別冬期薪炭費1,440万円割り当て
1954.10.19池田開発局長来網、関係市町村が陳情
1954.10.20網走市冷水害対策委員会、市内農家の被害総額5億円と発表
1954.10.20市教委定例会、新委員長に田野岡哲二
1954.10.20国民金融公庫北見支所開所、網走でも受付
1954.10.22網走支庁の来年度事業計画、冷害復興対策で20億円見込む
1954.10.24災害状況視察に加藤国務長官一行来管
1954.10.25南6東6に前田医院開業、院長前田哲子
1954.10.25東藻琴植民軌道の村営移管式挙行
1954.10.25管内アキアジ漁獲量63万1千貫で目標の半数
1954.10.25網走呉服商組合長伊谷半次郎さん(63)死去
1954.10.26駒場で第1回網走市家畜共進会開く、西網走農協が1位
1954.10.27北方漁業促進期成会網走支部結成、支部長藤枝義見(斜里)
1954.10.27網走支庁管内秋鮭鱒凶漁対策委員会結成、会長白井茂(網走)
1954.10.28網走地方教育委員会協議会編、青年学級テキスト「北見農業発達史」刊
1954.10.29網走駅は「新町踏切白書」発表、1日平均歩行者5,605人、自動車659台、遮断回数135回、交通遮断時間延べ2時間20分
1954.10.30一中で屋内体育館落成式
1954.11. 1藻琴に網走農産化学工業協同組合設立、理事長田野岡哲二
1954.11. 3網走新聞社は天皇皇后両陛下ご巡幸記念録「網走大鑑」刊
1954.11. 7道立網走向陽ヶ丘病院で開院式
1954.11. 7網走沖12マイルで海宝丸(67t)の乗組員佐々木仁太郎さん(34=山形県西川郡念珠関村)が海中に転落死亡
1954.11. 8網走支庁管内の今年度春季造林実績、一般造林3,082町歩、学校植林105町歩
1954.11. 8網走地区中小企業融資償還組合設立、理事長岡田由太郎
1954.11. 8海上自衛隊大湊総監部小国寛之輔総監来網
1954.11. 9冷害対策雑穀種子需給協議会で大豆2,157俵、小豆1,627俵の管外移入計画決める
1954.11.12管内開拓農家の窮状深刻化、赤字総額3億円突破
1954.11.12冷害農家からの米麦売り渡し希望激増、農家数の3分の1に及ぶ
1954.11.13市立郷土博物館米村喜男衛館長、ギリシャからの帰途道新文化賞贈呈式に出席
1954.11.13本年度タラバガニの漁獲量、前年比78%減の9,364箱、資源保護のため自粛禁漁の動き
1954.11.14二中で屋内体育館落成式
1954.11.15台風15号による本道の風倒木被害100億(農林省調査集計)、北見営林局管内では880万石、来年度搬出などの処理費に1億5千万円計上
1954.11.15米の登録店変更
1954.11.16市農民同盟は冷害突破執行委員会で運動方針決める
1954.11.17新任の斉藤治平旭川鉄道管理局長管内初巡視、網走駅で吉田市長が懸案問題を陳情
1954.11.21網走市上水道、駒場の着水井で通水式挙行、網小会場で祝賀会(28年6月14日起工式)
1954.11.21焼失した道立網走向陽高校の新校舎落成
1954.11.24日本民主党結成、総裁鳩山一郎
1954.11.24網走治安協会設立、会長東出重蔵
1954.11.25網走演劇研究会(代表高田太郎)は演芸館で第2回発表会開く
1954.11.26ギリシャから帰網した米村博物館長の帰朝歓迎と道新文化賞受賞記念祝賀会
1954.11.26全日自由労組網走支部が失業対策事業の現場再開を市に申し入れ
1954.11.27市労協の生活防衛総決起大会開く、100名参加
1954.11.28市連合青年団振興大会開く
1954.11.28俳句結社「十七美会」(代表木下象一)再発足
1954.12. 1網走支庁管内の冬山造材払い下げ処分は国有林、道有林合わせて233万石、造材稼働労務者人馬延べ33万4千人、賃金支払額2億6千万円と発表
1954.12. 2市内4農協組合長会議で救農対策費の配分調整など協議
1954.12. 2市は784坪の旧裁判所跡地の払い下げを北見財務部と折衝
1954.12. 2網走市内の最高気温15.2℃で64年ぶりの暖気
1954.12. 4網走電信電報協力会設立、会長阿川二郎
1954.12. 412月分の世帯用米配給始まる、内地米8日分、外米4日分
1954.12. 7吉田内閣総辞職
1954.12. 9道労働部は季節労務者の失業保険給付1ヶ月停止を通達、網走職業安定所では20日から停止 
1954.12.10鳩山一郎内閣成立
1954.12.10網走支庁管内の生活保護世帯先月1ヶ月だけで391世帯増加、総数1,831世帯となる
1954.12.17第72回定例市議会開会、救農対策費を含む追加予算案可決
1954.12.17網走支庁は管内風倒木10,530,080石の3カ年処理計画を発表
1954.12.21札幌市でタラバガニ漁業調整協議会、オホーツク海域の同漁は30,31年の2年間禁漁と決める
1954.12.22本年度冷水害による営農資金の第1次配分額6億円に決まる
1954.12.22モチ米配給、1月分先渡し2日分、特配1日分
1954.12.30 網走支庁は本年度の管内農漁業被害額を128億円と発表、5月強風被害=漁業関係で1億2,648万円、農業関係は4,238万円、15号台風被害= 建造物2億2,691万円、農業関係2億2,050万円、水産関係3,152万円、林産関係56億811万円、商工鉱業関係3,667万円、冷水害=農作物減収関係65億5,600万円
1954.12.31網走支庁管内の欠食児童、小学校174校・36,084人のうち2,575人、中学校119校・17,789人のうち1,177人に達する

1953年←1954→1955年

index キーワード検索