網走市歴史年表
昭和33年(1958)

1958. 1. 1開拓地営農振興臨時措置法施行
1958. 1. 5市水産係は能取湖、涛沸湖の利用計画策定
1958. 1. 5南4条十字街の自動交通信号機供用始まる
1958. 1. 8千島沖太平洋第3漁区の底引漁試験操業に網走船団17隻初出航
1958. 1. 8網走・宗谷管内漁民代表団がオホーツク沿岸鮭鱒流し網漁の許可を求めソ連大使館前、水産庁などに座り込み陳情
1958. 1. 8網走開発建設部は管内道路整備10ケ年計画たてる
1958. 1. 8田辺村次、宮津恂太郎両氏の藍綬褒章受章祝賀会開く
1958. 1.10道東北地方に猛吹雪、瞬間最大風速28.6m、市内バス全線運休
1958. 1.10網走支庁管内救農土木事業労務費の市町村別配分額決まる、1億2,500万円で希望額の98%
1958. 1.10猟銃と実弾を盗んだ男が北6西1北交ハイヤー北営業所に散弾2発撃ち込む
1958. 1.11市役所会議室で網走支庁管内漁村青少年研究実績発表大会開く
1958. 1.1210日の発砲事件の犯人逮捕される(少年の犯行)
1958. 1.13網走信用金庫が南4西1角地の新店舗に移転営業始める
1958. 1.15網走スケート協会で網走湖リンク開き、同湖の採氷人夫が同僚と口論して網走橋から突き落とし死亡させる
1958. 1.20オホーツク海の流氷、2ヶ月間にわたる空からの観測始まる
1958. 1.20北見陸運事務所調べで昨年末の登録車両7,000台を超え道内第3位
1958. 1.20NHK札幌放送局が30日まで海難防止の放送講座開講
1958. 1.20日本育英会の優秀高校生、網走市内から2名決まる
1958. 1.22網走支庁管内農業改良普及事業各種実績発表大会終わる
1958. 1.22吹雪で市内の交通網混乱、小中臨時休校
1958. 1.26網走湖リンクで第2回網走スピード・スケート選手権開く
1958. 1.27第94回市議会、中小企業設備合理化促進条例可決、山里小改築問題は審議未了で休会
1958. 1.27網走〜二つ岩間海岸浸食防止堤工事、総工費7,400万円で新年度着工決まる
1958. 1.28セスナ型3機による空からの流氷観測始まる
1958. 1.31アメリカが人工衛星エクスプローラ1号の打ち上げに成功
1958. 2. 1網走市中小企業融資制度(丸あみ資金)発足、網走商工会議所内網走地方中小企業相談所で受付始まる
1958. 2. 1北6西1網走保健所あとで市国民健康保険組合中央診療所(所長三野昭三)の診療始まる
1958. 2. 1網走支庁管内の32年度市町村別低温災害資金融資額3億1,500万円決まる
1958. 2. 3有末市長が千葉大医学部病院で胃の手術を受けるため網走出発 
1958. 2. 5今秋に操業するホクレン中斜里製糖工場のビート耕作契約目標決まる、網走市は1,300町歩、5,200万斤
1958. 2. 5網走税務署管内法人会設立、会長田辺正英
1958. 2. 6女満別空港整備費33年度分として300万円計上
1958. 2. 6有末市長が千葉大医学部病院中山内科に入院
1958. 2. 7市議会再開、山里小の現位置改築案可決、南極観測船「そうや」への激励電報決議
1958. 2. 7網走市長職務代理者に北田堅吉助役
1958. 2. 8網走スケート協会は内藤晋、有坂隆祐両氏を招き網走湖リンクで講習会(9日は模範スケーティング披露会)
1958. 2. 9能取岬灯台に流氷観測用撮影機設置、クランク・イン
1958. 2.1118時10分網走上空西方向に赤紫色のオーロラ出現し網走地方気象台が確認、昭和13年1月22日以来20年ぶりの観測となる、その時より光度強く長時間で1週間ほど毎夜出現
1958. 2.11網走市体育協会は32年度最優秀選手9名表彰(以後毎年市制施行記念日に継続)自転車遠藤恵三、陸上松尾哲二、籠球三浦光雄、排球松田仁男、野球高橋邦明、剣道金子克郎、スケート小林庄一、柔道成田智広、庭球福沢猛
1958. 2.12網走市福対協で役員改選、会長間作良和(全日通・再)
1958. 2.12津別町の道路工事で土砂崩れ1名死亡、2名重傷
1958. 2.1412日からの猛吹雪で交通網大混乱、市内小・中・高臨時休校
1958. 2.16西網走漁協で役員改選、理事5名、監事2名決まる
1958. 2.16網走開発クラブで伊東凍魚歓迎句会開く
1958. 2.17日本甜菜糖の美幌製糖工場は3月1日着工、来年7月完成予定と発表
1958. 2.17南ヶ丘高に商業科1学級の増設決まる
1958. 2.17網走市農民同盟総会、役員全員再任
1958. 2.18駐ソ門脇大使がソ連に対し安全操業・平和条約の分離要求書を手交
1958. 2.20網走支庁管内冷害対策応急失対事業始まる、1日1人当たり340円、3月末まで述べ30,080人が就労予定
1958. 2.20網走新聞社はプロ歌手デビューする久須美嘉忠(芸名北見和夫・北見市出身・網走教員養成所卒)の送別歌謡大会を歌舞伎座で開く
1958. 2.21斜網地区農民同盟連絡協議会で役員改選、会長上林貞輝(網走)
1958. 2.22西小で流感予防ワクチン接種
1958. 2.23北教組網走支部定期大会で『教育白書(第1集)』発表、役員改選、委員長松田謙二、書記長三浦厳
1958. 2.23第1回網走支庁管内スピード・スケート選手権大会開く
1958. 2.24第2次南極観測隊は悪天候のため昭和基地に接岸不能となり越冬断念
1958. 2.24網走市社会教育委員協議会で新役員互選、委員長三沢重美、副同松本ウタ、図書館委員樋口寛、博物館委員福士松男
1958. 2.24国鉄湧網線能取駅構内でレールバスが貨車に衝突、重傷4人、軽傷12人
1958. 2.25網走開発建設部の新年度事業予算11億5千万円に決まる
1958. 2.25平川健三網走駅長転任、後任遠藤正義駅長
1958. 2.25二中山内千之助校長(58)死去、27日学校葬執行
1958. 2.26網走漁協通常総会、水揚げ目標9億3千万円を計画、役員改選、組合長内藤忠三郎(再)、専務理事棟方敏郎(再)、
1958. 3. 1市は昨年中に来網した観光客30万1千人で推定消費額7,200万円と発表
1958. 3. 2網走地方労働組合会議定期大会で役員改選、議長間作良和(網走・再)、副議長宇佐見福生(北見・再)、同宮地理夫(紋別・新)、事務局長藤本富雄(網走・再)
1958. 3. 5網走漁協は昨年の生産実績1,390万6千貫、9億3,863万円で史上最高と発表
1958. 3. 8市労協・北教組網走支部共催の春闘総決起大会、勤務評定絶対反対など決議
1958. 3.12花井検事総長来網
1958. 3.19オホーツク海の空からの流氷観測終わる
1958. 3.19美岬アメリカ空軍基地司令官が市立保育所増築資金にと400ドル寄付
1958. 3.22労働会館で第2回網走市青年大会開く
1958. 3.25網走税務署は管内32年度高額所得者上位10傑発表、1位は田辺村次(網走・会社社長)6,363千円
1958. 3.25春ニシン沖刺し網漁は網走支庁管内で36隻許可
1958. 3.28第95回市議会、33年度予算案、一般会計3億8,700万円可決
1958. 3.31網走市国民健康保険組合議員選挙会で無投票当選者決まる
1958. 3.31網走自由労組総決起大会、市長、職安に決議文手交
1958. 3.31角野米次郎網小校長、須貝麟太郎中央小校長、高橋健太郎南ヶ丘高教諭退職
1958. 4. 1北海道総合開発第2次5ケ年計画発足
1958. 4. 1売春防止法施行、市内赤線地帯(南3条通り・旧網走遊廓)の紅灯消える
1958. 4. 1北海道は養老年金制度実施、80歳以上に年額6千円
1958. 4. 1網走教員養成所は男子の募集を停止、女子教員養成所として新発足
1958. 4. 1網走地方気象台は総務・防災・技術の三課制となる
1958. 4. 1網走高等技芸学校など使用の市有地、市との賃貸契約締結
1958. 4. 1網走支庁管内の人工造林が32年度目標を突破し3年連続全道一達成
1958. 4. 3網走市国保組合議員会で役員改選、理事長有末三郎、常務理事角田直二
1958. 4. 6網走市青年団体協議会評議員会長に福士松男(山里)再選
1958. 4. 7網走支庁管内観光連盟創立総会、会長は網走支庁長が就任
1958. 4. 7市役所税務課による固定資産評価替えの戸別調査始まる
1958. 4. 8市役所職員組合の定期大会で新役員選出、委員長宮部英生(新)、副同大島敏雄(新)、書記長三代川幹夫
1958. 4. 8網走市開拓農協(荻野留次郎組合長)は一般農協との協合を決める
1958. 4.13道鮭鱒孵化場北見支場にし尿が流入しサケ稚魚数十万尾死滅
1958. 4.14北海道技能者養成協会網走分会発足、分会長に広川六治郎
1958. 4.14管内小・中校長異動発令、網走小小川文蔵、中央小田村正、二中福本為男
1958. 4.15卯原内地区客土事業竣工式
1958. 4.15市農協総会で役員改選、理事・監事選出
1958. 4.16中山正男来網、衆議院議員選挙に本道第5区から出馬を表明
1958. 4.16網走女子教員養成所第1回入所式、25名入所
1958. 4.17常呂町で集団赤痢発生、保菌者70名のうち真症4名、常呂小を臨時隔離病舎にして患者収容
1958. 4.19市農協役員決まる、組合長松山恒雄(再)
1958. 4.19白川秀一網走土木現業所長転任、後任橋本正則
1958. 4.19萬谷幸雄網走支庁次長転任、後任鎌田昌文
1958. 4.20網走ユース・ホステル協会発会式、会長佐藤久
1958. 4.21衆議院選本道第5区から立起表明した中山正男が自民党公認となる
1958. 4.22日ソ漁業交渉、「総漁獲量11万t、オホーツク海出漁は本年限り」で妥結
1958. 4.22北洋独航船第1陣として網走港から釣谷漁業部の第20北洋丸出航
1958. 4.22北教組網走市支部、勤務評定阻止要求貫徹大会開く
1958. 4.23常呂町の集団赤痢患者86名に増える
1958. 4.25一中で市内小・中学校第1回教育研究集会開く
1958. 4.28網走支庁管内総合開発期成会総会で役員改選、会長小島政直(網走支庁長)
1958. 5. 1網走駅前広場に噴水塔設置
1958. 5. 1衆議院選告示、22日投票
1958. 5. 1第29回統一メーデー網走大会、1,500名参加
1958. 5. 2公洋丸(新谷漁業部)を最後に網走港基地の北洋独航船全船出航、東カムチャツカ8隻、西カムは3隻
1958. 5. 2市は農家に対し仔ブタ貸付事業始める、500頭を繁殖
1958. 5. 4向陽高校で北見地区高校新人バスケットボール大会、男女とも北見北斗優勝
1958. 5. 8網走市ラジオ体操の会発足、会長中川いせ
1958. 5. 9網走市観光協会総会、役員全員再任
1958. 5.11能取湖へ松島産種カキの稚貝500連を移殖、秋に成績を見て来年事業化の見込み
1958. 5.14網走スキー連盟再発足、会長白井茂
1958. 5.15網走〜紋別間に市外無線電話開通
1958. 5.16網走青年会議所と網走建築士会共催、中央小屋体で「生活文化展」開く
1958. 5.16映画『無鉄砲一代』(中山正男原作)ロケハンのため日映曽我正史社長来網
1958. 5.17北教組網走市支部が勤務評定反対集会開く
1958. 5.20市内小中校長会が勤務評定に反対声明
1958. 5.20市営採石事業所の施設拡張工事竣工式
1958. 5.22第28回衆議院議員選挙、本道第5区当選者本名武、松浦定義、森三樹二、永井勝次郎、松田鉄蔵(自民278議席、社会166、共産1、諸派1、無所属12)中山正男候補落選 
1958. 5.23佐呂間町でベニヤ工場全焼、損害約4億円
1958. 5.23防衛庁設置法、自衛隊法改正公布、定員を1万9,216人増員、1混成旅団新設
1958. 5.24南農協(土田多一郎組合長)が市と市議会に涛沸湖の干拓を陳情
1958. 5.25網走十七美会が天都山頂に臼田亜浪の句碑建立除幕式
1958. 5.26北5西3に網走市体育館完成落成式
1958. 5.27網走支庁管内水産振興会総会、オホーツク海鮭鱒流し網延べ縄漁業許可促進運動の継続を確認
1958. 5.28網走連合PTA評議委員会は勤務評定問題で投票、僅差で要請書を承認、役員改選、会長三沢重美(一中会長)
1958. 5.29極光缶詰(株)網走工場でアスパラガスの缶詰製造始める
1958. 5.29南3東2バー「扉」から出火、4棟焼失8世帯焼け出される
1958. 5.30藻琴小・中校消防団結成
1958. 5.30網走野球連盟総会で朝野球連盟結成を承認
1958. 6. 1北日本航空が女満別ライン再開、毎日運航を計画
1958. 6. 1網走市役所工営部に網走市失業対策事業所新設、所長大西勇
1958. 6. 1国鉄釧網線網走〜斜里間にレールバス運行始まる
1958. 6. 1南4東1久田紙店内に日本交通公社網走出張所開店
1958. 6. 1市の中小企業合理化促進条例に基づく機械の貸付申請受付始まる
1958. 6. 3農家への市の仔ブタ貸付、予定頭数を全部導入
1958. 6. 3松本義雄網走税務署長転任、後任山下政一
1958. 6. 3網走刑務所北山農場から受刑者T(23)が脱走
1958. 6. 3本年度市の上水道配水管敷設工事、白樺町、大曲地区に拡張
1958. 6. 5網走高等技芸学校に学校法人の認可、学校法人網走学園・網走高等技芸学校として新発足、理事長田辺村次、校長千葉七郎
1958. 6. 6市教委は「勤務評定は否定できない」と北教組網走市支部に正式回答、同支部は市教委の回答に抗議の声明書発表
1958. 6. 7網走朝野球連盟役員決まる、会長佐藤久、理事長小田島達夫
1958. 6. 9網走・宗谷両支庁管内の漁民代表が北緯54度以南のオホーツク海全域開放を要求して上京陳情のため出発
1958. 6. 9市は中小企業融資第2回貸付枠に2千万円を追加
1958. 6. 9北教組網走市支部は中央小で拡大闘争委員会を開き勤務評定阻止闘争のスケジュール決める
1958. 6. 9北海道水産試験場網走・稚内両支場はオホーツク海で油ザメの流し網漁の試験操業始める(2ヶ月間)
1958. 6.11北教組網走支部は大島市教育委員長に公開質問状提出
1958. 6.11南2西5に田辺油槽所竣工
1958. 6.11北11東1伊勢屋製パン工場全焼
1958. 6.12市教委は「現段階においては勤務評定の実施を必要とは認められず」と回答、組合側もこれを了承
1958. 6.12網走刑務所からの脱獄犯Tを湧別町で逮捕
1958. 6.16市の失業対策事業に就業規則制定、午前8時から午後4時までと決める
1958. 6.16市は農村道補修に400立坪の砕石投入を決める
1958. 6.18失対事業就業規則の実施について市と自由労組の団体交渉妥結、20日から実施
1958. 6.19網走税務署は32年度法人所得上位10傑発表、1位は丸玉木材(津別町)40,916千円、2位に網走信用金庫15,916千円
1958. 6.20網走技能者共同養成所(広川六治郎所長)が網走高等技芸学校で開所式挙行
1958. 6.24南4東2に北海道相互銀行網走支店改装工事終わる
1958. 6.25天都山に望遠鏡2基設置
1958. 6.25皇太子明仁親王ご来網、郷土博物館ご見学ののちホテル山水閣にお泊まり
1958. 6.25市の中小企業融資受付始まる、貸付枠2千万円
1958. 6.25網走支庁管内本年度ホタテ漁獲目標275万貫と決まる
1958. 6.26皇太子殿下は原生花園を経て美幌峠に向かわれる
1958. 6.26網走観光協会の小型遊覧船「さざなみ」(定員5人)進水
1958. 6.26網走湖畔クラブで第1回網走支庁管内漁村青年大会開く
1958. 6.28市は道老齢者年金の申請締め切る、該当者20名
1958. 6.28網走空手道協会発足、会長田辺正英
1958. 6.28南ヶ丘高で高橋健太郎先生の教育功労を讃える会開く
1958. 6.29北見〜小清水原生花園間に行楽レールバス運行、7月25日まで
1958. 7. 1網走国定公園指定告示
1958. 7. 1網走支庁管内本年度産米供出予約受付始まる、目標66,430石
1958. 7. 2網走郵便趣味の会発足、会長吉村庄司
1958. 7. 3労働会館でソプラノ歌手長門美保リサイタル開く
1958. 7. 4美岬のアメリカ軍通信施設などを今月24日に返還すると発表
1958. 7. 5北海道大博覧会、札幌・小樽で開幕、8月31日まで
1958. 7. 5労働会館で日本外科学会北海道地方会総会開く
1958. 7. 5NHK第1回全道僻地学校音楽の集い網走地区予選、二中で開く
1958. 7. 6全道高校陸上競技大会(旭川市)で南ヶ丘高初優勝
1958. 7. 6市営球場で全道高校野球北見地区予選大会、北見北斗高優勝
1958. 7. 7網走港拡張10ケ年計画発足
1958. 7.10北教組網走市支部は勤務評定反対職場集会開く
1958. 7.11網走支庁管内ホタテ漁解禁、ただし東部海区のウトロ・斜里・網走は禁漁
1958. 7.11北見地方開拓農協連網走支庁分室発足
1958. 7.14アメリカの人工衛星第3号が市内上空で見える
1958. 7.15市の中小企業融資、80件1,265万円の貸付始まる
1958. 7.16帝国石油岸本社長一行来網、石油試掘候補地を調査
1958. 7.16市上水道配水管敷設工事の追加決まる、台町・駒場・白樺町・大曲など44ヶ所に屋外共用給水栓設置
1958. 7.17朝野球リーグ終わる、樋口チーム優勝
1958. 7.20第1回網走市連合PTA研究大会、一中で開く
1958. 7.23ボーイスカウト網走第1団入団式
1958. 7.24美岬のアメリカ軍レーダー基地、航空自衛隊に移管
1958. 7.24山口道開発庁長官来網
1958. 7.24網走刑務所住吉作業所から前科5犯の受刑者S(33)脱走
1958. 7.25アメリカ軍は全面的に女満別飛行場の接収解除
1958. 7.25第18大国丸(新谷漁業部)が北洋ニシン底刺し網漁試験船として出航
1958. 7.25第6回道東地区婦人大会、二中で開く
1958. 7.25脱獄犯Sを同作業場裏山で逮捕
1958. 7.26労働会館で網走国定公園指定記念祝賀会挙行
1958. 7.27涛沸湖畔で第1回南網走地区ばんえい競馬大会開く
1958. 7.29能取沖でタラ漁船第3聖寿丸(75t・古都儀一所有)沈没、1遺体発見、13人の生存絶望視
1958. 7.30第5回全国教晦師大会(札幌市)で桂町大盛寺住職秋永智明師が法務大臣表彰受ける
1958. 7.3129日遭難した漁船乗組員の合同葬儀執行
1958. 8. 1『網走市史』上巻発刊
1958. 8. 1高木辰夫拓銀網走支店長転任、後任堀江広三
1958. 8. 1暴力団狩りで逮捕した少年Aは市内で発生した「連続ひったくり事件」6件、強盗未遂事件1件、窃盗事件3件を自白
1958. 8. 6中小企業政治連盟網走支部結成、支部長田村直美
1958. 8. 7北海道ハッカ耕作組合連合会発足10周年記念式典、功労者表彰
1958. 8. 7市内の原水爆禁止運動で全道及び世界大会(広島市)派遣代表結団式
1958. 8. 7斜網地区伝貧馬定期検診終わる、検診馬15,038頭のうち真症馬172頭屠殺処分
1958. 8. 8網走東部海区漁業調整委員選挙、11名の当選者決まる
1958. 8. 8網走航路標識事務所は網走・常呂両防波堤灯台、能取岬灯台を集中管理
1958. 8. 8網走スケート協会総会、会長柴田誠一再選
1958. 8. 8日本社会党執行委員長鈴木茂三郎夫妻来網
1958. 8. 8衆議院農林水産委員一行来網
1958. 8. 96月5日網走を出港後ソ連監視船に拿捕されいた第2照丸(12t)の乗組員6名のうち5名釈放、稚内に帰還
1958. 8. 9網走駅前広場の舗装工事契約締結
1958. 8.12ソ連漁業調査団一行13名来網
1958. 8.12人形劇団「プーク」が網小で公演
1958. 8.16網走支庁の庁舎増築工事落成式
1958. 8.17自民党網走支部大会、能取湖口の永久水路化など決議、支部長に内藤忠三郎再選
1958. 8.17新東宝映画『新日本珍道中』の網走ロケ、天都山・原生花園などで始まる
1958. 8.18網走駅前の舗装工事始まる
1958. 8.19平凡社下中弥三郎社長来網、市役所会議室で講演
1958. 8.19岸首相を迎え自民党網走支部で歓迎演説会
1958. 8.20 網走交通安全協会に運転者部会発足、部会長三崎茂利
1958. 8.20浦士別小中改築工事落成式
1958. 8.21政府・自民党は教職員の勤務評定実施方針決める 
1958. 8.21衆議院地方行政委員会鈴木善幸委員長一行来網
1958. 8.22網走地方労働組合会議は道議補欠選挙に藤谷豊(斜里)、佐野法幸(紋別)の推薦を決める
1958. 8.23青函tネルの海底ボーリング始まる
1958. 8.23網走青年会議所(鍛冶谷政男理事長)は西能取小を慰問
1958. 8.23労働会館で全日本自由労働組合(全日自労)道本部定期大会開く
1958. 8.24全日本中学校放送陸上競技網走大会、南ヶ丘高グランドで開く
1958. 8.24第2回北見方面運転者技術競技大会、桂ヶ岡グランドで開く
1958. 8.27日本ビクター専属作詞家時雨音羽来網
1958. 8.31来日中のソ連漁業相にオホーツク海の鮭鱒流し網出漁要請のため管内漁民上京
1958. 9. 1市農政課が市内農作物作況発表、3年ぶりに豊作予想
1958. 9. 1道警北見方面管内でノークラクション運動始まる
1958. 9. 1底引き船の操業禁止期間、紋別・網走は5月21日から7月20日に決まる
1958. 9. 1道自転車商業協組網走支部は自転車の登録受付始める
1958. 9. 1道沿岸漁家振興対策委員会が網走支庁管内14委員を委嘱
1958. 9. 2網走商港計画の青写真まとまる
1958. 9. 4北教組網走市支部は勤務評定反対のリボン闘争に入り、15日正午授業打ち切りを決める
1958. 9. 5市議会議員協議会は第1期4ケ年間に5億5千万円を投じる網走商港計画承認
1958. 9. 5市議会は市内公園下レールバス停留所設置の請願採択
1958. 9. 5網走漁協は藻琴〜北浜間の沖合にホタテ稚貝イカダ5台分放流
1958. 9. 5網走支庁管内イモ堀り稼働者対策協議会は同伴児童の完全就学など要項策定
1958. 9. 6労働会館で文芸春秋社の文化講演会開く、講師は中山義秀、原田康子、高橋義孝、西川辰美
1958. 9. 7斜里町開基80周年・町制20年記念式典挙行
1958. 9. 8ホタテ貝柱製品1ピクル6万1千円(大中粒1等検)に決まる
1958. 9.10有末市長7ヶ月ぶりに帰網、当分自宅執務
1958. 9.10市連合PTAで緊急理事会、授業カットは好ましくないと北教組網走市支部に申し入れ
1958. 9.10市の固定資産評価替え終わる、再評価額の上位10傑発表、法人1位雪印乳業網走工場1億33,285千円、2位は北電網走営業所、個人1位は遠藤熊吉50,380千円、2位朝倉富次
1958. 9.10社会党代議士横路節雄、道知事選候補を受諾
1958. 9.10一中逢坂往来校長に対し30万円を要求した脅迫未遂事件明るみに出る(のちに逮捕された犯人は市役所の女性職員)
1958. 9.10東映映画『森と湖のまつり』ロケ隊一行60名斜里入り
1958. 9.11日本棋院福田正義六段来網、指導碁披露
1958. 9.12南5東3旧裁判所跡地で網走電報電話局の局舎新築起工式
1958. 9.13稲富地区開拓50年・稲富小開校50年記念式典挙行
1958. 9.13市労協定期大会で役員改選、議長間作良和(全日通、再)
1958. 9.13中学校対抗観光地巡り駅伝競走、二中Aチーム優勝
1958. 9.14網走の開拓功労者で元道議の貴田国平翁死去(89)
1958. 9.14北教組網走支部は勤務評定反対の15日授業正午カット、中止を決める
1958. 9.14網走支庁管内郡部道議補欠選挙執行、当選佐野法幸(紋別)、同藤枝義見(斜里)
1958. 9.14向陽高校で高文連主催北見地区演劇発表会、向陽高校の『鯨』に総合賞
1958. 9.17南ケ丘高校で第9回北見地区高等学校研究集会開く
1958. 9.19網走市開拓農協で総会
1958. 9.19第8次教研網走市集会、二中・向陽高校で開く
1958. 9.21自民党道連選対委は明春の道議選第1次公認候補発表、網走市支部宮津じゅん太郎
1958. 9.22市内で90件の空き巣を働いた13歳の少年逮捕
1958. 9.23第4回NHK北見〜網走間駅伝競走大会、一般置戸林友、高校北見柏陽高優勝
1958. 9.23台町62大森豊さん経営のアパート全焼
1958. 9.24第3回全国定置漁業大会(横浜市)で鑓野目鉄三郎さん(67)表彰
1958. 9.25網走支庁管内三海区漁業調整委員の知事選任委員発令、東部海区で市内から山田道雄、有里栄一
1958. 9.26網走支庁は管内農作物の最終作況を発表、水稲・ハッカを除き平年作以上
1958. 9.27自民党網走支部選対委は道議候補予定者に宮津じゅん太郎、田野岡哲二、田村直美、中川いせを挙げる
1958. 9.27労働会館で網走支庁管内保護司研究大会開く
1958. 9.28台風22号の影響で常呂川氾濫、畑の冠水1,300fほか各地に被害
1958. 9.29市労協単産代表者会議、道議候補として古田朝一、窪田茂人、鍛冶谷政男、中西仁郎を挙げる
1958. 9.29市内澱粉工場の廃液散布濾床設備調査、10工場全部施設済
1958. 9.30在札アメリカ領事館ノールズ夫妻来網視察
1958.10. 1ホクレン中斜里製糖工場試験操業始まる
1958.10. 1漁船を盗んで国後島へ密航を企てた南7西1のM(23)が北浜沖で漂流中逮捕される
1958.10. 2大内助役は「網走港整備5ケ年計画に7億1千万円投入案を運輸省が承認」と語る
1958.10. 2市中小企業設備合理化促進条例により4業者に99万円の機械貸付決まる
1958.10. 2道平和婦人会小笠原貞子会長来網講演
1958.10. 3自民党網走支部婦人部会の時局講演会、講師近藤鶴代、波頭夕子
1958.10. 4網走支庁管内海区調整委員会役員改選、東部海区会長に山田道雄
1958.10. 5常呂漁港修築工事竣工式(昭和25年着工、総事業費1億8千万円)
1958.10. 5網走支庁は台風22号による公共土木施設の被害1,800万円と発表
1958.10. 5社会党網走支部拡大執行委員会は道議候補を古田朝一、窪田茂人にしぼる
1958.10. 6網走市勢振興懇話会発足、市長を座長に理事者4名、市教委1名、市議会10名、学識経験者8名で構成
1958.10. 7北海道開発庁池田一男事務次官来網
1958.10. 8政府は警察官職務執行法改正案を国会に提出
1958.10. 8道水試網走支場の黒田久仁男技師ら一昨年からの能取湖水質調査結果、オゴノリ増殖上の影響は少ないと発表
1958.10. 8網走朝野球秋季大会決勝でヒグチ優勝
1958.10. 9網走支庁は台風22号による農作物被害8,270万円、漁業関係被害5,950万円と発表
1958.10. 9道鮭鱒保護協会(林好次会長)は網走支庁に対し、澱粉工場廃液除害施設に万全を期すよう陳情書提出
1958.10.10開発道路斜里〜宇登呂間開通完工式、24年着工、総工費2億3,500万円
1958.10.10道水試網走支場試作のホタテ貝柱製品が香港市場へ空輸
1958.10.10旭鉄管理局は北見相生線に運輸区制、美幌運輸区に駅事務所開設
1958.10.10日本共産党中央委員会野坂参三議長来網
1958.10.11止別に斜網澱粉工業(株)(吉野勉社長)のオートメーション工場完成
1958.10.12南ヶ丘高定時制10周年記念式挙行
1958.10.12北5西7にキリスト兄弟団網走教会落成献堂式
1958.10.13斜里駅付近でレールバスとトラックが衝突、重軽傷者8人
1958.10.14サロマ湖でサケ定置網起こし船転覆、乗組員14人のうち8人不明、うち1人は水死体で発見
1958.10.14湧別町志撫子でバスとトラック衝突、9人怪我
1958.10.15日本甜菜糖美幌製糖工場が網走湖、網走川の水質調査費用の半額負担を了承
1958.10.19第5回金栗杯マラソン大会で旭鉄の塩田富治選手4度目の優勝
1958.10.20市議会産業常任委員会は市内にビート工場建設候補地を調査
1958.10.20女満別町で火事、幼女焼け死ぬ
1958.10.22網走専門店会青年部結成、会長藤山要吉
1958.10.23網走職安は働く優良青少年選考会議で表彰者13名推薦
1958.10.24小島網走支庁長は北見営林局長に対し、藻琴山麓の開放と観光道路の敷設を要請
1958.10.25市労協は警察官職務執行法改正反対網走集会を開き中央に抗議電報打つ
1958.10.27網走川岸壁に係留中のサンマ船で火事、3人が火傷
1958.10.28警職法改正反対統一行動、市内各労組の個々に職場大会開く
1958.10.28斜網地区集酪建設協議会総会で生乳共販の主体をホクレンに決める
1958.10.28道開発局は網走支庁管内の港湾輸送体系確立調査実施
1958.10.29市内中学校弁論大会で豊栄中の林順子さんが1位
1958.10.30自由労組が市に団交要求、失対所長は警察署に警戒要請
1958.10.30網走家具商組合設立、会長佐藤辰一郎
1958.10.30網走菊花同好会主催「菊花展」開幕
1958.11. 1 国鉄は東京〜神戸間に電車特急こだま運転始める
1958.11. 1網走新聞社主催第1回網走管内学童書道展覧会開く、3日まで
1958.11. 1網走バス(株)直営の観光ハイヤー営業始まる
1958.11. 2西小2教室増築工事落成式
1958.11. 2黎明美術家協会第1回秋季展、市役所小会議室で開く
1958.11. 2潮画会展覧会、網走商工会議所階上で開く
1958.11. 3網走駅前広場に噴水塔完成
1958.11. 4市議会社会党・農政クラブ議員団は警職法改正反対で臨時市議会召集を要求
1958.11. 4ニコニコ裸運動35年の及川裸観さんが来網、白灯台付近の海中で耐寒水泳
1958.11. 5警職法反対闘争、市内各労組で職場大会開く
1958.11. 5本年度の公営住宅は大曲地区に建設、入居者決まる
1958.11. 5網走職安管内から熱海地方の観光旅館で働く16人の娘さん出発
1958.11. 7働く優良青少年の集い、網走商工会議所で開く
1958.11. 9網走市・日本甜菜糖美幌製糖工場・水試などによる第1回網走湖水質調査始まる
1958.11.10斜網集酪生乳共販事業運営協議会は会長に田野岡哲二選任
1958.11.10警職法改悪反対網走市民会議結成
1958.11.11網走市内学童美術展開く
1958.11.12ホクレン中斜里製糖工場落成
1958.11.14高田太郎さんが蔵書260冊を市立図書館に寄贈
1958.11.14社会党横路節雄代議士労働会館で演説会
1958.11.16網走青年会議所で次年度役員決める、理事長藤森寛治
1958.11.16市内の演劇サークル「ポプラの会」、労働会館で初公演
1958.11.16須藤徹男網走営林署長転任、後任須藤正
1958.11.16湧別町の踏切で貨物列車にバスが衝突、17人怪我
1958.11.17市の中小企業年末融資、受付始まる
1958.11.17酒酔い運転一斉取り締まり、網走警察署は酔度計で街頭検問
1958.11.17市内農家に貸し付けたブタの第1回出荷始まる
1958.11.19網走支庁管内寒地農業確立対策促進連絡協議会設立、会長に小島支庁長
1958.11.19網走商工会議所階上で第4回国際児童画展開く
1958.11.20能取岬沖で底引船同士が衝突、第18大和丸(吉川漁業部所有)沈没、乗組員13人のうち1人行方不明
1958.11.21上滝要美網走開発建設部長死去
1958.11.23札幌市で開道90周年記念式典
1958.11.23網走市教育委員内藤輝さん急死(46)
1958.11.25ビート増産に伴う製糖工場増設の可能性から網走市も誘致に乗り出す、紋別、湧別、遠軽、佐呂間、上湧別も名乗りを挙げ、誘致運動再燃
1958.11.26能取湖のカキ貝初出荷
1958.11.27皇室会議で皇太子妃に正田美智子さまを承認、市議会が慶祝電報
1958.11.27津別町役場庁舎落成式、併せて開基70年開村35年記念事業挙行
1958.11.29網走高等技芸学校校舎新築落成式
1958.12. 1一万円札発行
1958.12. 1網走〜鱒浦間海岸道路竣工式挙行(昭和30年着工、総工費1億2,700万円)
1958.12. 2拓銀網走支店に1万円札30枚到着、市民にお目見え
1958.12. 3日本上下水道設計(株)の技術担当者来網、市街地下水道工事設計図示す、総事業費7億800万円
1958.12. 1北田助役一行木材糖類化工場誘致のため出札道に陳情
1958.12. 6自民党網走市支部選対委、道議候補問題で結論でず
1958.12. 8道水試網走支場は斜里第一漁協の依頼で斜里前浜の水質汚染状況調査始める
1958.12.10市議会再開、厚生病院改築資金出資の理事者案了承
1958.12.10道立水産孵化場の高安三次技師、「ホクレン中斜里製糖工場廃水処理状況調査報告と改善方策意見書」発表
1958.12.14南4東3に道東ドレスアカデミー(加藤ユキ院長)の新校舎落成式
1958.12.16運輸省は女満別飛行場を第3種空港に指定
1958.12.16瀬川忠四郎網走地方気象台長転任、後任高橋正吾台長
1958.12.17日本国際連合協会網走地方支部設立、支部長は小島支庁長
1958.12.17北教組網走市支部、来年度教育費増額を市教委に要求
1958.12.17道水試網走支場でホッケ魚肉のソーセージ試作始まる
1958.12.18網走ミンク飼育場(佐藤理之助経営)で毛皮の生産始まる
1958.12.20網走支庁は管内漁業白書発表、本年の漁獲量3,904万貫(前年比8・2%減)、金額27億1千万円(同25%減)
1958.12.21ホタテ採苗事業の国費助成継続陳情のため管内漁民上京
1958.12.22水産業協同組合法公布10周年を記念し網走支庁は管内漁協永年勤続者103人を表彰
1958.12.23第99回市議会、市職員の給与条例の一部改正案など可決、内藤輝教育委員の急逝による後任人事木下象一承認
1958.12.23道警北見方面本部は管内の本年度交通事故発生件数556件(前年比180件増)、同死者52人(同24人増)と発表
1958.12.24網走支庁管内亜麻(あま)常会は来年度の作付け目標を3,190町歩と決める
1958.12.24網走支庁は33年5大ニュース発表、@5年ぶりの豊作と水産業の不振、Aホクレン中斜里製糖工場の完成と日本甜菜糖美幌製糖工場の着工、Bウトロ開発道路の開通、C網走国定公園の実現、D皇太子殿下初のご来網
1958.12.24八田源作網走開発建設部長着任
1958.12.25公共用水域水質保全法、工場排水等規制法公布
1958.12.25網走支庁は管内ホタテ漁獲量341万貫で全道の90%と発表
1958.12.25道水試網走支場の黒田久仁男技師が斜里郡各河川の水質汚染度調査結果発表
1958.12.25網走警察署が本年度のサケ・マス密漁検挙者60名(昨年29名)と発表
1958.12.25網走支庁生活協同組合設立認可
1958.12.25網走税務署は本年度管内の押収密造酒6石1斗と発表
1958.12.27網走湖の市営スケートリンク開き
1958.12.28国鉄湧網線レールバス、平和〜能取間に停留所設置
1958.12.29網走市消防本部に新鋭消防車入る
1958.12.30北見陸運事務所管内の登録車両1万台を突破
1958.12.30網走警察署管内の交通事故は109件、死者13名(昨年比22%増)、負傷者87名(同24%増)と発表
1958.12.30網走支庁管内凶漁、水揚げ減3億円と発表

1957年←1958→1959年

index キーワード検索