網走市歴史年表
昭和37年(1962)

1962. 1. 1網走商工会議所会議室で江刺忠選手の激励壮行会開く
1962. 1. 2網走地方に猛吹雪、交通・通信機関混乱
1962. 1. 6道銀相川正春網走支店長転任、後任は左本太郎支店長
1962. 1. 7民社党網走支部大会、支部長坂口芳太郎、顧問に尾藤忠雄就任
1962. 1. 7網走湖市営リンクで高体連北見地区スケート大会開く、男女とも向陽高校優勝
1962. 1. 8網走地区共同職業訓練所が旧教員養成所跡を仮校舎として始業式挙行
1962. 1. 9自衛隊三沢基地のP2V機で流氷観測、沿岸100マイル以内に流氷なし
1962. 1.10市が回転式トロロコンブ製造機購入、市内4業者が貸付を受け操業始める
1962. 1.12市と4農協の農政懇談会でビート2割増産の推進協議
1962. 1.13網走海洋少年団鼓笛隊が練習始める
1962. 1.14ホクレン中斜里製糖工場が甜菜共励会、斜里農協が優勝
1962. 1.14北日本航空は女満別ラインに貨物の取り扱い決める
1962. 1.15国体スケート道代表に網走から一般から2人、高校生4人が選ばれるから
1962. 1.16網走駅発急行「第1・第2はまなす」に1等車増結
1962. 1.17紋別港内で氷遊びの幼児2人が海中転落水死
1962. 1.18陸上自衛隊に8個師団誕生、道内にP第2・5・11師団を設置、8月第7師団設置
1962. 1.19市議会は市民税1,500万円の減税案可決
1962. 1.20光輪寺で農村青少年団体冬季技術交換大会開く、総合で及川一二三(嘉多山)優勝
1962. 1.21深夜のバーで不良同士が喧嘩、短刀で刺し殺す、犯人逮捕
1962. 1.22原料甜菜の価格引き上げ要求農民大会開く
1962. 1.22網走漁協に小型定置網部会創立総会、部会長川村寛選任
1962. 1.23網走市仏教会が7月盆に踏みきると発表
1962. 1.24帯広畜産大学社会学研究室は冬季間の住民生活調査のため知床半島に調査隊派遣
1962. 1.24網走地方ランチミンク協同組合設立準備委員会開く会
1962. 1.24八戸市で開かれた全国高校氷上選手権大会男子2,000mリレーで向陽高校チーム(鈴木・山口・中島・村山)が2位に入賞
1962. 1.25藻琴山国設スキー場の全コース完成
1962. 1.26小児マヒの危機去る(網走保健所管内36年度は発生1人、ワクチン奏功)
1962. 1.26アスパラガスの缶詰を製造する日東缶詰美幌工場落成
1962. 1.27八戸市で開かれた国体スケート大会1万mで江刺忠選手1位
1962. 1.28三角山市営スキー場で市民スキー大会開く
1962. 1.29道東地区に猛吹雪、交通機関大混乱
1962. 1.29西網走農協に農事・家畜センター落成
1962. 1.30二ツ岩漁業生産組合創立10周年記念祝賀会挙行
1962. 2. 1網紋ミンク飼育協同組合設立
1962. 2. 1網走雪印牛乳販売(株)(木村和夫社長)営業始める
1962. 2. 1江刺忠選手に基金54万円贈る、柴田スケート協会長が持参上京
1962. 2. 3世界スケート選手権大会が開かれるモスクワに向け江刺忠選手羽田空港出発
1962. 2. 3市立郷土博物館は北大伊藤昌一教授を招き教育講座開く
1962. 2. 3全網走新年囲碁大会で高薄力一1級(女満別)が優勝
1962. 2. 5網走体協は36年度スポーツ最優秀選手発表、表彰式は17日と決まる 野球=飛田克麿(市役所)、排球=横浜忠美(郵便局)、自転車=城宝静男(南ヶ丘高)、弓道=大西秀弼(南ヶ丘高)、空手道=山下昭夫(電報電話局)、剣道=淀瀬好功(自営)、スケート=阿部佳紀(南ヶ丘高)、柔道=千葉佳(航空自衛隊)
1962. 2. 5中央小で網走市教育研究集会開く
1962. 2. 5労働会館で第3回「母と女教師の集い」開く
1962. 2. 6網走開発建設部の37年度事業費24億5,000万円と発表(前年度比4億円増)
1962. 2. 6北大館脇操教授の案内でスエーデンの鳥類・民族学者ベリーマン氏来網
1962. 2. 6作家戸川幸夫来網
1962. 2. 6網走開拓の先駆者南10西4中川茂市死去(71歳)
1962. 2. 8網走漁協婦人部総会、部長浜野加代再選
1962. 2. 9南極地域観測推進本部、「8日昭和基地を閉鎖し日本の南極観測事業は一応休止する」と発表
1962. 2. 9網走湖市営リンクで東北海道氷上選手権大会、高校男子500mで鈴木正樹選手(向陽高校)が大会新記録で優勝
1962. 2. 9ホクレン地域のビート出荷10傑表彰、1位は市農協の真鍋幸平
1962. 2. 9網走地区ユースホステル協議会は中山正男副会長を迎えて開く
1962. 2.10市内4農協導入トラクターが50台を突破
1962. 2.10東北海道氷上選手権大会2日目、個人総合一般男子で江刺登選手(網走)、一般女子で野沢順子(帯広)優勝
1962. 2.10板垣茂雄網走駅長転任、後任大窪幸作駅長
1962. 2.11網走市制15周年記念式挙行
1962. 2.11網走河口白灯台付近でオホーツク海流氷突破氷中水泳大会開く、3年連続出場の12人を表彰
1962. 2.11網小リンクで第1回中体連スケート大会開く、男子は北見南中、女子は網走一中優勝
1962. 2.11東北海道氷上選手権大会最終日、都市対抗総合で帯広優勝網走は3位
1962. 2.14網走警察署は毎月1日と15日を交通安全日と決める
1962. 2.15藻琴山国設スキー場開設式と祝賀会挙行
1962. 2.16昨年の来網観光客の経済効果2億3,000万円と推計
1962. 2.17モスクワの世界スピードスケート選手権大会に出場の江刺忠選手は500mで転倒、5,000mで38位となり1万mの出場権を失う
1962. 2.18網走保健所は魚介類関係者店舗の改善運動を指導
1962. 2.18北教組網走支部定期大会、執行委員長長谷川金蔵(二中)選出
1962. 2.18網走中央婦人学級がマスコミと家庭生活の関係について学習
1962. 2.18第6回網走市少年スケート大会に350人参加、大会新記録続出
1962. 2.19市内小・中学校の感冒罹患児童生徒2,900名、欠席203名
1962. 2.20遠藤網走市長が札幌で記者会見し自民党入党を発表、市内各界に波紋
1962. 2.20網走保健所に小児マヒ経口生ワクチン20,0400人分配分される
1962. 2.21A2型流感蔓延、市内小学校在籍児童の50%罹患
1962. 2.21道立網走職業訓練所の新設決定(38年4月開所)
1962. 2.23網走支庁は小清水町で道政懇談会開く
1962. 2.24網小・中央小が流感で学級閉鎖
1962. 2.24網走市庁舎建設審議委員会は庁舎建設位置を一応現在地と決める
1962. 2.25網走地方ランチミンク農協設立し組合長に田野岡哲二選任、管内飼育5,300頭余りの市場開拓を進める
1962. 2.25網走スキー協会は第1回スキーツアーを開く、天都山で甘酒パーテイ
1962. 2.28中央小は流感で5日間の臨時休校
1962. 2.28二つ岩在住の網走漁業功労者大内与三吉(網走漁協理事)死去
1962. 3. 1遠藤市長帰網
1962. 3. 1自民党網走支部は遠藤市長の入党を歓迎、遠藤市政のバックアップを申し合わせる
1962. 3. 1網走警察署は交通安全の車両パレード実施
1962. 3. 1雪印乳業(株)は市乳バラ1本1円値上げ14円となる
1962. 3. 1第一管区海上保安本部猪口本部長来網
1962. 3. 2遠藤市長が記者会見し自民党入党事情を説明
1962. 3. 2市労協小田島達夫議長が遠藤市長と会見、自民党入党を抗議
1962. 3. 2網小も2日間臨時休校
1962. 3. 3社会党網走支部執行部が遠藤市長と会見、自民党入りの責任追及
1962. 3. 3市労協加盟単産が参加して春闘第2波全国統一行動網走市集会開く、遠藤市長の辞職勧告を決議し市中デモ行進
1962. 3. 3北見財務部は管内で資本金1,000万円以上の法人上位30傑発表、1位は網走信用金庫(広川操代表)8,400万円
1962. 3. 5社会党網走支部は遠藤市長に辞職勧告書手交
1962. 3. 5西小も3日間の臨時休校
1962. 3. 7網走保健所で小児マヒ経口生ワクチンの投与始まる
1962. 3. 7網走市庁舎建設審議委員会は市庁舎の建設場所を現位置とする中間答申出す
1962. 3. 9網走支庁で管内36年度各種農作物共励会褒賞式
1962. 3. 9東洋精糖の熊坂建設課長代理ら一行来網、建設予定地卯原内川の水流調査
1962. 3.10社会党網走支部党員集会で遠藤市長の退陣を迫る
1962. 3.10網走交通安全協会運転者部会総会、交通事故の絶滅を宣言、部会長に三崎茂利再選
1962. 3.13網走航路標識事務所は所管する網走の4灯台に一斉点灯
1962. 3.15北大低温科学研究所による網走海岸の流氷調査始まる
1962. 3.15網走支庁管内道路愛護共励会は山里道路愛護組合など16団体を表彰
1962. 3.15宍戸錠らによる『流氷に挑む男』(戸川幸夫原作・日活映画製作)のロケが赤灯台付近で始まる
1962. 3.16海上保安庁の巡視船「そらち」が吹雪を衝きラジオブイを使って流氷調査
1962. 3.16網走労音結成記念第1回例会、木琴の平岡養一を招きリサイタル公演
1962. 3.17網走港基地の底引き船12隻が一斉に出漁
1962. 3.17東藻琴村末広小全焼
1962. 3.19第120回市議会、遠藤市長の自民党入り問題で保守・革新が激突
1962. 3.20網走保健所管内の臨時休校措置は28校で延べ40日に及ぶ
1962. 3.25網走市出身力士「北の洋」引退、年寄武隈を襲名(3賞合計10回、最高位関脇)
1962. 3.26市議会再開、町村知事の市政介入に対する「意見書」否決
1962. 3.28網走山岳会総会、会長に矢部健治(十全耳鼻科医院長)決まる
1962. 3.28宍戸錠らを囲み日活映画『大氷原』(原題は戸川幸夫原作『流氷に挑む男』)ロケの座談会が「ホテル山水閣」で開かれる
1962. 3.30東藻琴村で道政懇談会開く
1962. 3.31市議会再開、37年度予算案(一般会計6億1,000万円)を可決して閉会
1962. 4. 1生活保護基準平均13%引き上げと実施要領が改正される、テレビの保有を認めるなど資産の保有緩和
1962. 4. 1酒類の値下げ発表になる
1962. 4. 1市立図書館の日曜日開館時間を午前9時から午後4時半まで延長
1962. 4. 1網走地方気象台高橋正吾台長転任、後任斉藤博英台長
1962. 4. 1網走海上保安署中井安信署長転任、後任久野勝重署長
1962. 4. 1網走土木現業所黒田正輝所長転任、後任坂田実所長
1962. 4. 2網走市の中心街区が準防火区域に指定
1962. 4. 2北見地方農協合併促進委員会設置
1962. 4. 4暖気で降雨のため各地に融雪被害出る、市は対策本部設置
1962. 4. 4網走スケート協会で納会。各種大会で記録行進の7選手に楯を贈る
1962. 4. 5市教委加藤正雄次長退職
1962. 4. 7市観光事業協議会はモヨロ貝塚資料館の建設を計画
1962. 4. 7中央小校庭で春闘第5次統一行動総決起大会開く
1962. 4. 7網走市建築士会(夏見軍治会長)で第3回「建築展」開く
1962. 4.10網走バス(株)労組が賃上げを要求して初の24時間スト
1962. 4.10市は甜菜増産対策要綱を制定し奨励金の支給を決める
1962. 4.10西網走農協総会で10万羽養鶏など事業計画決める
1962. 4.10婦人週間にちなみ労働会館で小樽商科大学加茂儀一学長の講演会開く
1962. 4.12網走支庁管内総合開発期成会総会、専門委員15名指名
1962. 4.13市労協・主婦連が物価値上げ反対の街頭署名実施
1962. 4.13網走市農事実行組合長会議、地力増進共励会の優良団体・個人を表彰
1962. 4.14NHK「雪解まつり」東藻琴村で開く
1962. 4.14網走労音は第2回「歌とダンスの集い」開く
1962. 4.15海外引揚者連盟網走支部(国安正男支部長)は在外私有財産補償請求権登録大会開く
1962. 4.15網走バス(株)労組48時間ストに突入
1962. 4.16同社労組ストは正午妥結
1962. 4.16網走警察署は暴力団一斉取り締まり、暴行3人、恐喝未遂1人検挙
1962. 4.16網走市教育研究所吉良三久所長転出
1962. 4.16網走野球連盟総会で役員改選、会長中西仁郎、理事長松井幸義、事務局長大久保幸男、審判段幹事長羽森富雄
1962. 4.16市選挙管理委員会事務局が旧市立図書館跡に移転
1962. 4.17市職員組合定期大会、役員改選、執行委員長最乗高志(新)、書記長後藤三雄
1962. 4.18網走市森林組合(西村富吉組合長)総会
1962. 4.20紋別海上保安部開庁式、署から部への昇格を祝い記念行事実施
1962. 4.20西網走農協が南4西2に畜肉・鶏卵の直売所開業
1962. 4.22網走支庁は36年の管内漁業生産状況発表、総漁獲量20万2,000t(前年比0・2%減)、金額48億8,000万円(同22%増)
1962. 4.22網走信用金庫労働組合結成、委員長に鈴木二三雄選出
1962. 4.23十勝沖を震源地とする地震発生、網走は震度3の弱震
1962. 4.24市農協総会、冷害に備え作付け指導に重点が置かれる
1962. 4.26網走支庁地区交通安全道民運動推進委員会設立、会長に田村支庁長選出
1962. 4.26網走市清掃美化推進協議会発足、地域指定
1962. 4.26網走近辺で長期ロケした日活映画『大氷原』が網走映劇で全道初封切り
1962. 4.27網走支庁は山火予防と緑化推進の広報運動始める
1962. 4.28網走市交通安全協会総会、会長に石栗与吉再選、優良運転者40人を表彰
1962. 5. 1田村励太郎網走支庁長転任、後任に浅井政敬発令
1962. 5. 1国鉄ダイヤ改正、石北線札幌〜網走間に急行「第1はまなす」、湧網線網走〜興部間に準急行「天都」1往復増発、歓迎祝賀会開く
1962. 5. 1北日本航空の女満別ライン再開、30人乗りのダグラスDC3型機就航
1962. 5. 1津別町チミケップ湖を中心に禁猟区指定
1962. 5. 1第33回網走市統一メーデーの参加者1,800人と発表
1962. 5. 1中央小で網走市教育研究会第1回全体集会開く
1962. 5. 1向陽高校守屋敬一校長転任、後任小池栄寿校長、
1962. 5. 1市教委次長に大久保幸男(税務課資産税係長)発令
1962. 5. 1網走税務署は36年度個人所得上位10傑発表、1位は関口時太郎19,537千円(漁業・網走)
1962. 5. 4家庭用品品質表示法公布
1962. 5. 4道立網走職業訓練所の設置場所は大曲に決まる
1962. 5. 8網走労音第3回例会、鈴木章治とリズムエース公演
1962. 5. 9網走地方鮭鱒増殖事業推進期成会設立、会長に棟方敏郎(網走)選出
1962. 5. 9一中で北見地方放送教育実践講座開く
1962. 5. 9網走港基地のホッケ刺し網漁船紅洋丸(2t・磯野作太郎所有)が紋別沖で消息を絶つ
1962. 5.10網走市行政事務改善室発足、室長北田助役
1962. 5.10公職選挙法改正公布(連座制、公務員の地位利用規制など強化)
1962. 5.10新産業都市建設促進法公布
1962. 5.10網走支庁地区青少年問題協議会連絡会議で不良図書の追放を管内運動とすることを決める
1962. 5.12日ソ漁業委員会、漁場のAB両区域割りで協定成立
1962. 5.12網走市連合PTA評議委員会会長に新谷泰造(二中・新)選出
1962. 5.13民社党網走支部で党員会議、明年の道議選候補に尾藤忠雄、市議選では小林義美の推薦を決める
1962. 5.13三眺球場で東日本準硬式野球網走支部予選、網走市役所チーム優勝
1962. 5.13市内第二天都山の網走支庁所管1級火薬庫から狩猟用無煙火薬64sと雷管400本が盗まれる
1962. 5.14網走農業共済組合理事会、組合長に田野岡哲二再選
1962. 5.14労働会館で全国巡回文化材映画会開く
1962. 5.15臨時市議会で市庁舎の改築決まる、現在地に明春着工
1962. 5.16雪印乳業網走工場は牛乳生産100石以上の生産者を顕彰
1962. 5.16市内4農協統合協議会で統合問題結論出ず
1962. 5.16市営球場で全道高校野球斜網地区予選、南ヶ丘高優勝
1962. 5.17市観光協会総会、役員改選会長遠藤熊吉網走市長
1962. 5.17網走庭球協会総会、会長に松崎了介(網走支庁地方部長)
1962. 5.18網走市中学校連盟総会、会長に福本為雄(二中)選出
1962. 5.18川島正二北海道開発庁長官来網
1962. 5.19網走市公明選挙運動推進協議会設立総会、理事11人選出
1962. 5.19網走市小中学校長会会議で7研究校指定、指導運営委員12人選出
1962. 5.20網走消防署は正午を知らせるサイレン吹鳴中止
1962. 5.20自民党網走支部選対委は市長候補に遠藤熊吉・道議には大内三治にしぼる
1962. 5.20南ヶ丘高グランドで全道陸上競技網走地区予選開く
1962. 5.20網走警察署は公営住宅使用料など80万円を使い込んでいた市役所職員Eを逮捕
1962. 5.21荒木文部大臣来網、市立郷土博物館など視察
1962. 5.22旧市立図書館跡地(南6東4)前の水道工事現場で注口式土器4点出土
1962. 5.23網走漁協総代会では工場誘致に反対し支庁・土現・市に要望書手交を決議
1962. 5.24網走緑化推進委員会では網走神社裏手に天皇皇后両陛下行幸啓記念植樹
1962. 5.25市内のソバ屋が玉1個につき10円値上げ
1962. 5.26市学校体育連盟総会、会長小野寺軍吉(卯原内中)再選
1962. 5.26東洋精糖三谷常務来網
1962. 5.27運輸省有馬政務次官来網、市は海上保安署の昇格など陳情
1962. 5.28網走事業所内共同職業訓練所(高政雄所長)に塗装部門新設
1962. 5.28網走市婦人会総会、役員改選で会長中川イセ(再)
1962. 5.28網走食品衛生協会総会、優良店舗、従業員表彰
1962. 5.29西能取小開校10周年記念植樹
1962. 5.29海岸町で3棟3戸全半焼
1962. 5.30網走交通(株)(本社・東藻琴村)に東急が資本参加、株主総会で新社長に多田倍三(北見バス社長)選任
1962. 5.30涛沸湖が鳥獣保護区指定告示
1962. 5.30北教組網走支部は学力テスト反対職場集会開く
1962. 5.31日赤網走市地区に救急車配置
1962. 6. 1北日本航空の女満別ライン再開、コンベア24型機(40人乗り)を使用、1日4往復に増便
1962. 6. 1網走バス(株)が音根内線新設祝賀会
1962. 6. 1網走支庁の庁舎3階の一部焼く
1962. 6. 1国鉄石北線札幌〜網走間に準急行「びほろ」を臨時運行、9月末まで
1962. 6. 1道計量検定所が北見支所開設
1962. 6. 2道路交通法改正公布(砂利トラ・ダンプの規制強化)
1962. 6. 2ばい煙排出規制法公布
1962. 6. 3南網走農協浦士別支所新築落成式
1962. 6. 3美幌町で北海道身体障害者福祉大会、13人を支部長表彰
1962. 6. 5網走漁協と網走水質汚染対策協議会で網走川、止別川の水質調査実施
1962. 6. 5網走商工会議所で道商工振興ブロック会議、管内商工会頭が管内の懸案問題を協議を
1962. 6. 61ヶ月ほど前紋別沖で消息を絶った網走港のホッケ漁船紅洋丸を同海域で発見、2遺体を収容
1962. 6. 6網走信用金庫理事会、理事長広川操ほか留任
1962. 6. 6釧路地裁網走支部は元日通労組網走分会役員Mに対する業務上横領事件の判決公判で懲役2年、執行猶予3年を言い渡す
1962. 6. 7網走地方教育局管内の学力テスト実施小学校抽出、7月11日5・6年生が対象となる、網走市は中央・西・東網走・丸万・卯原内の各小学校
1962. 6. 7網走支庁管内観光連盟総会、会長に浅井正敬網走支庁長
1962. 6. 8北6西2にセルフサービスの「フードセンターまるこう」(清水康玄代表)開店、(網走市内にスーパーマーケット第1号店出現)
1962. 6. 8北見営林局が知床調査用のモーターボート新造、二つ岩海岸で命名式(「グリーン号」と命名)
1962. 6. 9逮捕した少年2人組が第二天都山火薬庫から火薬類の窃盗を自供
1962. 6. 9高体連各競技北見地区予選開かれる、柔道で南ヶ丘高優勝
1962. 6. 9紅洋丸の遭難者合同告別式が船主磯野作太郎さん宅で執行
1962. 6.10網走で全道高校バドミントン大会、男子南ヶ丘高優勝、女子は津別高
1962. 6.15道警ブラスバンド来網、交通安全PRの市中パレード
1962. 6.15網走青年会議所が市立図書館にステレオ装置とテープレコーダー寄贈
1962. 6.16網走海上保安署は遊漁船指導方針協議、20t以上の漁船の遊漁認めず
1962. 6.17自民党網走地方支部は連絡協議会結成、会長為久宇吉、次期市長選には大内三治氏の支持決める
1962. 6.17国鉄は北見駅から小清水原生花園までの観光列車を毎日曜日運転始める
1962. 6.17網走新聞社主催能取湖釣魚大会開く、都市対抗で網走市優勝
1962. 6.17市立中央診療所長三野昭三医師退職離網
1962. 6.18網走商工会議所議員総会、37年度事業計画決まる
1962. 6.20大正期網走の記録映画フイルム発見、中央映劇で公開試写会開く
1962. 6.20市立中央診療所長に浜向賢司医師決まる
1962. 6.21未明に中央小9教室、給食室など全焼、屋体半焼(大正15年建築校舎)
1962. 6.21市議会全員協議会で中央小の移転改築を決める、同校建設特別委員会設置
1962. 6.21市教委は中央小の全面改築を市に要望、同校は当分二部授業とする
1962. 6.26網走支庁管内水質保全対策協議会は廃水処理施設のパトロール班編成
1962. 6.26市税務課は37年度個人道・市民税上位10傑発表、1位は村上儀蔵(漁業)3,101,650円
1962. 6.27小清水原生花園のダニ防除打合会で8月までに3回薬剤散布決める
1962. 6.28道東観光開発(株)(榎本儀一社長)の知床遊覧船「第1しれとこ」(60t・12ノット)が処女航海
1962. 6.29十勝岳大爆発、網走地方にも降灰
1962. 6.29早稲田大学探検研究会が知床半島全山の初縦走と総合調査始める
1962. 6.29網走朝野球で北酒連優勝
1962. 6.29釧路市で開かれた全道高校弓道大会男子個人小島嘉陽(南ヶ丘高)2位、女子個人で松本京子(網走女子高)2位
1962. 7. 1第6回参議院通常選挙、北海道地方区大矢正、小林篤一、吉田忠三郎、西田信一当選
1962. 7. 1農地法、農業協同組合法の一部改正法施行
1962. 7. 1全国一斉に農業基本調査実施
1962. 7. 1札幌市茨戸湖で開催の全道高校漕艇競技ナックルフオアで南ヶ丘高準優勝
1962. 7. 2中山正男副会長を迎えて「網走ユースホステルの夕」を開く
1962. 7. 3網走新聞社は割烹「たちばな」で『網走新聞』創刊15周年記念祝賀会開く
1962. 7. 4網走青年会議所は労働会館で設立10周年記念式典開く
1962. 7. 5網走の老舗割烹「入舟」(元料亭「北盛亭」)を網走湖畔に移築改装して旅館「網走温泉」(高田太郎代表)開業披露
1962. 7. 5学力テスト反対、失業対策事業打ち切り反対網走地区集会は市教委、市長にそれぞれ申し入れ
1962. 7. 5長谷川文部政務次官来網
1962. 7. 6網走観光港祭りが旧盆にあわせて1ヶ月早く開幕
1962. 7. 7常呂町栄浦に青年研修所落成祝賀会挙行
1962. 7. 7北大・農業試験場などが十勝岳降灰の影響調査、管内は被害なしと発表
1962. 7. 8市営球場で全国高校野球北見地区予選、向陽高校・北見柏陽高が代表校となる
1962. 7. 8北見市で全道高校バレーボール選手権大会、南ヶ丘高優勝
1962. 7. 9学力テスト問題で市教委と北教組網走支部の交渉、条件付き妥結 
1962. 7.10米国初の静止衛星テルスター打上げ、大西洋ごしのテレビ中継に成功
1962. 7.10先月発見された大正期網走の記録映画を編集『躍動する網走』と題し労働会館で一般公開
1962. 7.10市議会中央小建設特別委員会は焼失した同校の再建場所を向陽ヶ丘に決める
1962. 7.10南4東1にもセルフサービスの店「スーパーまるよし」(山田乙次代表)開業(第2号)
1962. 7.10網走税務署藤田勇所長転任、後任藤井総体署長
1962. 7.11市内抽出校の学力テストは平穏に終る
1962. 7.11オホーツク海のホタテ漁解禁、許容量7,600tに制限、96隻に出漁許可
1962. 7.11網走支庁前の路上で小学生が乗用車にひき逃げされる
1962. 7.13厚生省公園部計画課技官一行が知床半島で現地調査
1962. 7.13市観光協会が主催しモヨロ貝塚で「モヨロ祭り」続いて桂ヶ岡公園で「オロチョンの火祭り」公開
1962. 7.14北海道知事が空路網走入り、消防大会出席その他視察のため
1962. 7.14二中体育館で第14回全道消防大会開く、10団体、558人を表彰
1962. 7.14西小で第5回北海道僻地校音楽の集い開く
1962. 7.14網走川下流コースで第1回網走ボートレース(ナックルフォア)選手権大会開く、高校は南ヶ丘高、一般は網走ローイング優勝
1962. 7.14網走市中学校体育連盟主催体育大会開く、野球は藻琴中、女子ソフトボールは一中優勝
1962. 7.14第14回納涼花火大会の花火が網走港北防波堤で打ち上げ
1962. 7.15町村知事が斜里、知床地区視察
1962. 7.15南ヶ丘高グランドで第1回網走陸上競技協会加盟支部対抗陸上競技大会開く、総合で網走陸協が優勝
1962. 7.16網走川護岸で海の殉難者慰霊祭執行
1962. 7.22美幌町で国体軟式野球網走支部予選、網走市役所チーム優勝
1962. 7.22遠軽町で東北海道弓道選手権大会、女子は網走女子高優勝
1962. 7.22網走湖畔で東北海道クレー射撃大会で女満別の田中良平優勝
1962. 7.23開発庁熊本事務次官来網、網走支庁管内総合開発期成会が陳情
1962. 7.24北大理学部福富教授らがリヤウシ湖の工業用水適否調査始める
1962. 7.24網走市出身の明治大学渡辺操教授が『網走市史』〈自然環境編〉執筆打ち合わせのため来網
1962. 7.24市営球場で全国高校野球北北海道大会代表決定戦、帯広三條高優勝
1962. 7.26北見方面公安委員会は委員長に阿川二郎(網走市・極光缶詰社長)を互選
1962. 7.28身体障害者雇用優良事業所として北6西3北光舎クリーニング工場(浪内敬一郎経営)が知事表彰受ける
1962. 7.29早稲田大学による知床半島全山初縦走終わる
1962. 7.29帯広市で全道9人制排球選手権大会、男子南ヶ丘高優勝
1962. 7.29南6東5網走税務署庁舎新築工事現場からモヨロ後期の人骨発見
1962. 7.29作家戸川幸夫取材のため来網
1962. 7.30自民党道連定期大会、婦人部長に中川イセ再選
1962. 7.30北海学園大学開発研究所員が知床半島開発調査のため現地入り
1962. 7.30紋別市で第2回管内4地区中体連相撲大会、団体で二中優勝
1962. 7.31ホクレン中斜里製糖工場5周年記念式典挙行、80人に感謝状贈る
1962. 7.31清里町札弦に集団赤痢発生
1962. 8. 3台風9号が網走地方を通過、集中豪雨で被害2億円を超える
1962. 8. 3網走保健所はサロマ湖で大量発生した毒クラゲの調査始める
1962. 8. 5網走ライオンズクラブ結成、会長に浅井正敬網走支庁長
1962. 8. 6日赤網走市支部9号台風災害義捐募金始める
1962. 8. 7北の洋引退、年寄り武隈襲名記念大相撲網走場所、桂ケ岡グランドで興行、遠藤市長が武隈親方と網走場所勧進元阿部幸太、深井弘三、塩森哲雄の各氏に感謝状贈る
1962. 8. 7大関北葉山一行15人が網走刑務所を慰問
1962. 8. 7網走子どもを守る会が市長、教育長に11項目の要望
1962. 8. 7網走支庁は台風9号の被害状況中間発表、河川20ヶ所、道路30ヶ所、橋梁57ヶ所、被害総額2億5,000万円
1962. 8. 8大海区制初の網走海区漁業調整委員選挙、無投票で11名当選、網走市から木村権作(前)、棟方敏郎(元)
1962. 8. 9労働会館で網走ブロック第1回自治研究集会開く
1962. 8.10台風10号追い打ち、国鉄ダイヤ混乱、網走支庁は陸自美幌駐屯部隊に災害派遣要請−マラヤ駐日大使来網、市内視察
1962. 8.10知事選任海区漁業調整委員に網走市から公益代表として林幸夫決まる
1962. 8.11網走海洋少年団入団式、鼓笛隊を先頭に市中パレード
1962. 8.12自民党網走市部定期大会、林支部長が辞意表明
1962. 8.12市内で夏季合宿中の日本体育大学体操部員が向陽高校体育館で模範演技発表会
1962. 8.13網走駅前に4階建ての店舗併用住宅「網走交通ビル」(下駄履きアパート)完成、1階に網走交通、網走信用金庫駅前支店、駅前郵便局が入居、2階にレストラン3階以上がアパート
1962. 8.13女満別農協の倉庫全焼
1962. 8.14市内4農協管内台風被害額1億7,000万円以上、31年の凶作を上回る
1962. 8.14向陽ヶ丘の中央小校舎新築敷地で自衛隊の整地作業始まる
1962. 8.14海上保安庁の灯台補給船「若草」寄港
1962. 8.15網走支庁は台風の直接被害額6億8,000万円、雨害を含めると15億円と発表
1962. 8.15市内製パン業者が10円パンを15円に値上げ
1962. 8.16日本社会党江田三郎書記長来網、信金横の十字街で街頭演説
1962. 8.16網小グランド特設土俵で第3回市民相撲大会開く
1962. 8.17遠藤市長、田村議長らが市内の被害状況実地調査
1962. 8.18ウトロ漁協の冷凍工場落成
1962. 8.19藻琴に中央農協(田野岡哲二組合長)事務所と併用店舗新築落成
1962. 8.19市内4農協の台風被害4億5,000円と推定
1962. 8.20道は斜里町に馬鈴薯原種農場開設告示
1962. 8.21札幌市茨戸で開催の第17回国体道予選ボート、一般フイックスで網走市役所クルー初優勝、同ナックル決勝で網走ローイングも優勝の快挙
1962. 8.22網走支庁と関係機関による農作物被害合同調査、凶作は不可避と発表
1962. 8.24浜小清水沖で操業中の漁船転覆、3人救助、1人行方不明
1962. 8.24網走ハイヤーが市内初のタクシー実施
1962. 8.26南ヶ丘高で東北海道弓道大会、一般団体は網走A、高校男子南ヶ丘高B、女子は網走女子高優勝
1962. 8.27北見労働基準監督署が無災害工事施工27業者を表彰、網走市関係分丸田組、木下組、早水組、島田建設、網走工機
1962. 8.27専修大学スケート部が天理教会を宿舎に強化合宿始める
1962. 8.28網走海区漁業調整委員会の初委員会で役員選任、会長棟方敏郎
1962. 8.29市議会で災害対策本部の設置決める
1962. 8.29労働会館で道教育研究所連盟研究発表大会開く
1962. 8.30網走警察署藻琴巡査派出所新築落成式
1962. 8.31北陸銀行網走支店で伊豆の観光旅館従業員募集座談会開く
1962. 9. 1網走支庁は管内農作物作況発表、全作物とも不良ないしやや不良、生産見込みの30%減、被害額30億円超
1962. 9. 1網走開発建設部は台風9・10号による管内河川災害復旧費24ヶ所約1億円と推定
1962. 9. 1網走海区漁業調整委員会はカレイ刺し網漁業の操業隻数制限とイカ漁業の許可制を決める
1962. 9. 2網走共同職業訓練所第2回修了式挙行
1962. 9. 2市立郷土博物館で市内小学生の科学展覧会開く
1962. 9. 2南ヶ丘高グランドで第4回北見地区高校新人陸上競技大会開く、総合男子紋別高、同女子は北北斗高優勝
1962. 9. 2北見地区斜網ブロック高校新人庭球大会で男子団体向陽高、女子同斜里高優勝
1962. 9. 3網走開発建設部の管内台風災害復旧工事費総額9,700万円と決まる
1962. 9. 3国鉄根室本線の開通により平常ダイヤに戻る
1962. 9. 3市公平委員会委員長に宮川辰雄互選
1962. 9. 3航空自衛隊立川基地音楽隊一行41人来網、市中行進の後労働会館で演奏会
1962. 9. 3端野町で自動車2重衝突、1人即死5人重軽傷
1962. 9. 4網走市農業災害対策本部、市内の被害額3億92,739,000円と発表
1962. 9. 4市立図書館で北海道公共図書館研修大会開く
1962. 9. 4自民党道連は明年の統一地方選挙で道議候補に大内三治、市長候補には遠藤熊吉公認で決まる
1962. 9. 5網走支庁は台風長雨による農業被害最終調査結果59億8,897万円と発表
1962. 9. 5一水会会員画家田中太郎の個展斜里町で開く
1962. 9. 6激甚災害法公布施行 
1962. 9. 6網走土木現業所は緊急災害対工事に3,400万円内定
1962. 9. 6網走支庁は台風被害農家の就労希望調査、6,000世帯が1戸当たり100日内外を希望
1962. 9. 6網走刑務所住吉農場から服役囚T(29・窃盗で懲役2年の服役中)が逃走
1962. 9. 6美幌町でバイクが気動車に衝突、1人死亡
1962. 9. 7網走支庁は台風長雨災害対策本部設置
1962. 9. 7北大植物学教室の秋山茂雄教授が小清水原生花園の草原群落調査
1962. 9. 7南6東5の水道工事現場から縄文式土器発見
1962. 9. 8小清水町役場新庁舎落成式挙行
1962. 9. 9自民党網走支部選対委で道議、市長候補は道連の決定に従うことを確認
1962. 9. 9網走市で国体籠球道予選北見地区大会、網走勢敗退
1962. 9.10常呂町に俳句結社「蛙声会」復活、会長原孤葉(紋蔵)
1962. 9.11網走労音は江藤俊哉を招いてバイオリン演奏会開く
1962. 9.12原子力研究所、国産1号炉に原子の火ともる
1962. 9.13網走地区水産加工場振興協議会設立、会長に新谷泰造選出
1962. 9.13網走支庁管内災害対策打合会議で台風9・10号、8月長雨による被害額は農業約60億円、林業4,600万円、土木2億9,000万円、水産2,800万円、中小企業400万円、家屋の被害850万円と発表
1962. 9.13札幌市で開かれた全国更正保護大会で米村喜男衛が法務大臣表彰受ける
1962. 9.14中垣法務大臣来網、刑務所を視察「同施設の移転問題は検討する」と語る
1962. 9.14国鉄釧網線中斜里駅(旧猿間川駅)の落成式
1962. 9.14網走警察署卯原内巡査駐在所落成
1962. 9.15南ヶ丘高開校40周年(大正11年「北海道庁立網走中学校」として創立)、定時制発足15周年記念式
1962. 9.15向陽高と二中で市内教職員体育大会開く
1962. 9.16民社党網走支部臨時大会で道議候補は尾藤忠雄と決める
1962. 9.16開発庁小西英雄政務次官来網視察
1962. 9.17市は全市民を対象に結核検診始める
1962. 9.18網走支庁管内教育委員会協議会が北見市で発足10周年記念式典挙行
1962. 9.19岡山国体漕艇競技で市役所クルー、ローイングクラブ共に準優勝
1962. 9.20衆議院農林水産委員一行来網
1962. 9.21北網地区新産業都市建設促進協議会設立、市内で網走・北見・女満別・美幌、端野の5市町長が打ち合わせ
1962. 9.22網走青年会議所が網小桂学級を慰問
1962. 9.23NHK北見〜網走間駅伝競走大会、一般は美幌自衛隊A優勝、高校は遠軽高が3連覇
1962. 9.23網走管内4地区中体連卓球大会で男子津別、女子中藻優勝、
1962. 9.23西小グランドで北海道犬網走北見合同展開く
1962. 9.24北海道銀行網走支店改築落成
1962. 9.25低開発地域工業開発促進法指定申請候補地に北網地区決まる
1962. 9.25網走朝野球決勝戦で橋南、北酒連両チーム引き分け
1962. 9.27道中島副知事が災害視察のため来網
1962. 9.28網走女子高校開校15周年新校舎改築落成式挙行
1962. 9.29市労協定期大会、役員改選議長小田島達夫(再)
1962. 9.29北見市でNHK全国唱歌ラジオコンクール北見地区予選、中学校の部で二中優勝
1962. 9.29元「網走見番」を経営し網走花柳界の生き証人といわれた南3東3田中タネさん死去(90歳)
1962. 9.30電話局番と料金変更
1962. 9.30西能取地区で市と日赤が巡回診療実施
1962. 9.30二中開校15周年記念芸能祭開く
1962. 9.30労働会館で市労協が主催する新制作座の「泥かぶら」公演
1962.10. 1網走市災害対策本部は農作物の被害5億円余りで関係者が道に対し陳情
1962.10. 1飛び出しナイフなどを禁止する銃砲刀剣類等所持取締法の一部改正施行
1962.10. 1日本通運創立25周年で網走支店が祝賀会
1962.10. 3市立体育館で網走空手道協会が公開演武大会開く
1962.10. 3労働会館で網走労音合唱団が第1回発表会開く 
1962.10. 4向陽高で創立40周年記念式挙行(大正11年「北海道庁立網走高等女学校」として開校)
1962.10. 4市内で交通事故3件発生、1人死亡2人重傷
1962.10. 5市内で斜網地区市町村長会議、救農対策など協議
1962.10. 6社会党網走支部集会、網走市長候補に古田朝一、道議候補に窪田茂人、市議候補7名公認、推薦候補2名を決める
1962.10. 6第5回網走市中学対抗観光地巡り駅伝競走で一中が4連覇
1962.10. 7網走支庁管内農業委員連絡協議会など三団体共催の北見管内災害危機突破農民大会が常呂町で開かれる
1962.10. 7網走支庁管内災害対策委員会は救農事業就労希望農家8,742世帯、賃金所要額3億11,601,000円と発表
1962.10. 7二中体育館で剣道段級審査会開く
1962.10. 8農林省の災害調査団来管、10日まで実情調査
1962.10. 8向陽高で創立40周年記念学校祭、仮装行列で閉幕
1962.10. 9網走公務員共闘会議は賃上げ総決起大会を開きタイマツ行進
1962.10.10駅前交通ビルで網走駅開業50年記念式挙行(大正元年10月5日開業)
1962.10.10網走市農業基本調査結果発表、農家数1,600戸(前年同期比127戸減)、農業人口9,900人(同690人減)
1962.10.10網走港に停泊中のイカ釣り漁船内で赤痢患者発生、乗組員の上陸禁止
1962.10.11秋の交通安全運動開幕、全市町村を巡回する第1回網走支庁管内交通安全パレードが網走を出発
1962.10.11網走警察所管内の交通事故、8月末で発生244件(前年同期30件)、死者17人(同3人)、負傷者213人(同25人)と発表
1962.10.11北見市でハッカ生産協議会開く、新品種の「大葉」に切り替え生産改善の方針決める
1962.10.13網走支庁管内農業基本調査結果発表、農家戸数19,326戸で前年同期比850戸減
1962.10.13一中で開校15周年記念文化祭開く
1962.10.13向陽高で東京芸術座の特別公演
1962.10.14網走柔道協会支部対抗大会で一般は網走刑務所チーム優勝
1962.10.15浅井災害対策委員長(支庁長)は「救農事業の予算2億円は全額道費で賄う」と発表
1962.10.15自民党網走支部役員会、新支部長に新谷泰造選出
1962.10.15網走支庁管内町村会は網走職業訓練所設置負担金に同意
1962.10.15網走職安では管内中・高校生の就職進路調査、道外希望が圧倒的
1962.10.16網走バス(株)で運行時刻改正、市内台町線は20分間隔となる
1962.10.17網走支庁青少年対策協議会発足、会長に浅井支庁長選出
1962.10.17網走湖畔休憩舎で第2回網走サケ祭り開幕、21日まで
1962.10.17網走のサケ定置業者などがサケの謝恩即売、21日まで
1962.10.18市立図書館では3夜連続してレコードコンサート開く
1962.10.20労働会館で第4回網走市内小・中・高合同音楽祭開く
1962.10.20南ヶ丘高で網走湖畔一周強歩遠足、1位は山田隆(3C)
1962.10.20網走警察署は盛り場を中心に「ふくろう部隊」が巡視
1962.10.22中央小校舎新築工事は三共建設(株)と仮随意契約、1億04,500千円で1期工事の工期は38年3月31日まで
1962.10.22網走保健所が3歳児の健康診査始める
1962.10.22サロマ湖で養殖中のホタテ貝全滅、損害額1億9,000万円で道に陳情
1962.10.23網走バス(株)臨時総会、名鉄(本社・名古屋)と資本提携決める、社長竹内外茂、専務岡光雄就任
1962.10.23網走平和民主協議会と在日朝鮮人総連合網走分会が市民集会開く
1962.10.23清里町で牛痘疾患発生、網走保健所は罹患牛の乳の廃棄を通達
1962.10.24全日自労網走支部は稼働日数の追加を要求し遠藤市長私宅前で焚き火
1962.10.24陸上自衛隊北部方面総監宮崎舜一陸將来網
1962.10.24美幌高寄宿舎全焼、学生3人軽火傷
1962.10.25市内農業団体会議は市長候補に田野岡哲二を推薦
1962.10.25道立網走職訓所長に相馬虎雄発令
1962.10.25ハッカ生産振興対策協議会が貿易自由化などにつき協議
1962.10.25網走警察署庁舎移転改築問題で遠藤市長が道に陳情
1962.10.25クレードル食品のマッシュポテト美幌工場操業始める
1962.10.25網走支庁で救農土木事業実施計画策定打ち合わせ
1962.10.25文部省主催全国民族芸能大会で中村チヨさんら5人がニブヒ(ギリヤーク)の歌舞を演じる
1962.10.25国体秋季大会の高校女子弓道の部で網走女子校が2種目に入賞
1962.10.26駒場で第9回網走市総合家畜品評会開く
1962.10.26道水産部小林部長来網視察
1962.10.27市教委の悪書追放運動展開
1962.10.28道は管内河川の汚濁状態と工場の浄化施設の調査始める
1962.10.28網走若葉幼稚園新築落成記念お遊戯会開く
1962.10.28第9回金栗杯マラソン大会で大和守選手(美幌自衛隊)優勝
1962.10.28二中体育館で第7回網走地方剣道大会、一般で北見、高校は留辺蘂高優勝
1962.10.28日本バーテンダー協会網走班が中央小建設資金造成カクテルパーティ開く
1962.10.29臨時市議会で中央小校舎新築工事請負契約が原案どおり可決
1962.10.29自民党網走支部役員会で幹事長に山口亀久雄選任
1962.10.29網走市民文化祭が卯原内の総合展示会で幕開け
1962.10.29常呂漁協は町内水害農家にサンマ117箱贈る、29年漁業災害時の恩返し
1962.10.30抽出高校学力テスト、向陽高で平穏に終わる
1962.10.30牛痘様疾患管内に広がる、紋別14、湧別21、清里4、北見1の40頭で人体に感染も4人
1962.10.30市に対する全日自労網走支部の稼働日数増要求、11月は26日間就労で団体交渉妥結
1962.10.31二中で網走地区放送教育研究会開く
1962.11. 1市立郷土博物館でアイヌ服装展開く
1962.11. 1市立図書館で古書展示会開く
1962.11. 1平和小で校舎改築工事落成式挙行
1962.11. 1灯台記念日で南6東7網走航路標識事務所勤務塚田清次さん表彰
1962.11. 2藻琴の上田澱粉工場が子どもの火遊びから出火焼失
1962.11. 2網走商工会議所会議室で第4回北線美術協会展開く
1962.11. 3丸瀬布町開基50周年記念式挙行
1962.11. 3網走刑務所で菊花展と家具調度品展示即売会開く
1962.11. 3市役所会議室で網走菊花同好会の菊花展開く
1962.11. 3労働会館で市内ブラスバンド鼓笛隊総合発表会開く
1962.11. 3向陽高で市労協主催第2回労働文化祭開く
1962.11. 3網走婦人会が遠藤市長と懇談
1962.11. 3図書館建設資金を市に寄付した南8東6村上儀蔵さんが北日本図書館連盟表彰受ける
1962.11. 5網走地方青少年対策協議会網走地区部会設立、部会長に大島光雄市教育委員長決まる
1962.11. 5ホクレン北見ハッカ工場操業始まる、新品種「大葉」の普及に期待かける
1962.11. 5市は日高から網走湖へシシャモの卵5千万粒移植して孵化試験始める
1962.11. 59月6日網走刑務所から脱走したTが北浜で盗みに入り逮捕される
1962.11. 6中央小校舎新築工事地鎮祭が向陽ヶ丘の建設現場で行われる
1962.11. 6道沢田民生部長来網
1962.11. 9働く年少者保護運動北海道大会で網走支庁管内から7人表彰
1962.11. 9宮川辰雄市公平委員長が全公連表彰受ける
1962.11.10市内の二卸売市場が合併し「網走青果株式会社」(田村直美社長)設立、青果卸市場営業始める
1962.11.10網走商工会議所会議室で第6回網走市学童造形展開く
1962.11.10市は10月末までの来網観光客66万7,743人(前年同期比24%増)、施設収入32万2,045円(同2%減)と発表
1962.11.15道警青木本部長来網、管内初視察
1962.11.16佐呂間町富武士でカキ貝のむき身処理技術競技会開く
1962.11.16網走市薬剤師会、会長に森元輝夫選出
1962.11.18網走市農業団体代表者会議で農業災害対策など協議
1962.11.18日ソ協会網走支部結成総会開く、理事15人選出
1962.11.20網走市の救農土木事業に対する道費負担分1,210万円に決まる
1962.11.20網走青年会議所次期理事長に丸山三男(丸山製缶専務)決まる
1962.11.21網走地方青少年対策協議会常任委員会の委員長に玉山武雄(網走地方教育局長)決まる
1962.11.22北見市で大火、12戸全半焼、1人焼死17世帯42人焼け出される
1962.11.22第1管区海上保安本部奥村本部長来網、管内初視察
1962.11.23自民党網走支部臨時大会で市長候補に遠藤熊吉、道議候補は大内三治を公認
1962.11.24市農協前で第7回網走リンゴ祭り開く
1962.11.25道立網走職訓で38年度訓練生募集始める、建築・溶接各科定員40名
1962.11.25網走労音は郷土出身のソプラノ歌手藤田道子を招きリサイタル開く
1962.11.26網走ライオンズクラブが市内の被災開拓農家に鮮魚を贈る
1962.11.27光輪寺で第2回網走市青少協の秋季農業技術交換、研究発表大会開く、最優秀者表彰、嘉多山青年団渡辺昭、二見ヶ岡青年団笹田英樹
1962.11.27市教委は塚本長蔵を招き青少年の不良化防止講演会開く
1962.11.28網走地方行政協議会は38年度の管内道費事業要求計画まとめる、総事業費64億5,000万円
1962.11.28市は救農事業実施協議会開く
1962.11.29卯原内大沢地区農道竣工祝賀会、(35年度着工5,000b)
1962.11.29一中で全道中学校技術家庭科実技研修会開く
1962.11.30車止内に道営鮭鱒孵化場網走事業場落成祝賀会、世界最大の立体式孵化施設完成
1962.11.30西小で市内小・中学校音楽研究会開く
1962.12. 1消費者米価引き上げ、特選米を設ける
1962.12. 1臨時市議会で救農事業関連議案審議可決
1962.12. 1網走支庁はサロマ湖総合開発(株)鋭角策定のため現地協議会開く
1962.12. 1網走支庁管内民生児童委員改選、519名選出
1962.12. 1網走海洋少年団で手旗信号競技会開く
1962.12. 1網走支庁渡辺経済部長転任、後任暮地政基部長
1962.12. 3市議会1日延長、社会党提出「網走市に甜菜製糖工場誘致許可要望意見書」を巡り大混乱、継続審査となる
1962.12. 3市の救農土木事業は総額2,100万円で始まる
1962.12. 4音根内小中体育館落成などで記念式
1962.12. 4市は新町をモデル地区にゴミの定日収集制実施
1962.12. 5市議会で精糖工場設置許可要望意見書可決、田村議長が東洋精糖誘致促進のため上京
1962.12. 5川島開発庁長官来道、管内総合開発期成会長が出札し懸案事項陳情
1962.12. 7道銀網走支店が清浦中寺田道生君に奨学金贈呈
1962.12. 9呼人小中体育館落成記念学芸会開く
1962.12.10網走支庁管内観光連盟が網走市を除く4〜9月の観光客数135万人(うち道外客35%)と発表
1962.12.10市職組は第1回賃金闘争総決起大会、12月分給与の支給を遅らせた財政課長に警告決議
1962.12.10潮見小波多野文男校長死去(51歳)、13日潮見部落葬執行決まる
1962.12.11南6東5に網走税務署新築移転落成式挙行
1962.12.11網走湖市営リンクでオリンピック候補選手の強化合宿始まる
1962.12.12網走青年会議所が西能取の開拓地を慰問
1962.12.12能取の火事で飼育中のブタ29頭焼死
1962.12.14市労協総決起大会開く、市職組の要求支持し市中デモ行進
1962.12.15市立呼人季節保育所落成
1962.12.15市労協臨時大会で道議候補窪田茂人、市長候補古田朝一承認、市議候補10名推薦
1962.12.15全市連合年末年始大売り出し始まる、特賞千円札のつかみ取り、売り上げ目標8,500万円
1962.12.16網走湖市営リンク開き、強化合宿中のオリンピック候補選手が模範競技披露
1962.12.16網走市生活を守る会総会、会長池上次郎、事務局長村山良子
1962.12.17網走支庁管内市町村の開拓関係災害対策資金1億4,800万円仮配分
1962.12.17網走地区暴力追放運動推進協議会は毎月17日を「暴力追放デー」と定める
1962.12.17札幌市で開かれた第4回学生美術全道展で南ヶ丘高中村二二二君入選
1962.12.19二中PTAに文部大臣表彰伝達式
1962.12.20定例市議会で一般会計予算8,800万円追加、7億9,057万円に更正
1962.12.21世界スピードスケート選手権大会に出場する韓国スケート選手団一行14名来網、網走湖市営リンクで強化トレーニング(来年2月10日まで)
1962.12.21駒場の家畜市場跡に大型自動車運転練習所完成開所式挙行
1962.12.23市長選に立起表明した古田朝一が市政構想を発表
1962.12.28名鉄(本社・名古屋)は網走バス(株)に続き道東観光開発(株)と資本提携、さらに網走温泉センターも吸収合併傘下に収める

1961年←1962→1963年

index キーワード検索