網走市歴史年表
昭和40年(1965)

1965. 1. 6南3西1割烹「たちばな」など料飲店3棟全半焼
1965. 1. 89日へかけ真冬の台風、被害見積額3,500万円
1965. 1.10市の救農土木事業終る
1965. 1.15網走港基地の底引船が冬季間流氷を避け日本海で操業のため4隻出港
1965. 1.20流氷の遅れで6日から操業中の網走港の漁船、本日までに2,400t、1億円の水揚げ
1965. 1.20網走市郷土民芸研究会発足
1965. 1.22大曲国道沿いの網走川に沈んでいる自動車発見し白骨死体引き上げ、昨年7月17日以来行方不明となっていた女性と運転手と判明
1965. 1.30天皇皇后両陛下から冷害農家にご下賜金
1965. 2. 5南7西1のアパート焼け老女1人焼死
1965. 2. 6鑓野目行雄氏死去(61歳)
1965. 2.10南極観測再開に備え海上航空自衛隊要員が涛沸湖で耐寒訓練始める
1965. 2.13流氷接岸、平年より13日遅れ
1965. 2.21網走港で氷中水泳大会
1965. 2.25網走市民協議会発足
1965. 3. 1猛吹雪で市内各校臨休
1965. 3.23網走市役所ボート部に道スポーツ賞決まる
1965. 4. 1道立網走職訓に板金科増設
1965. 4. 1日本交通公社網走営業所が通年営業となる
1965. 4. 5またも大曲の網走川で事故車発見、母子水死体で上がる
1965. 4.12常呂町で河川汚濁防止漁民大会
1965. 4.13網走市は39年度青少年補導白書を発表、補導1千件を突破
1965. 4.14網走港基地の底引船、ヘリコプターの誘導で出漁
1965. 4.14網走市漁業構造改善事業推進協議会発足
1965. 4.16留萌港根拠に出漁中の網走底引船5隻帰港
1965. 4.17北浜・藻琴の原生牧場建設に正式認可下りる
1965. 4.20太平洋レミコン(株)網走工場操業始める
1965. 4.23網走職安の39年度失業保険金支給額3億円を超える
1965. 4.23網走沖にしんきろう出現
1965. 5. 7冷害ご下賜金により天都山で植樹祭
1965. 5. 7美幌町報徳の合理化澱粉工場建置問題が4年ぶりに解決、網走市など下流漁民は工場排液を流さず地下浸透方式にする道知事案を了承
1965. 5. 7網走バス(株)の争議妥結(4月28日から3回24時間スト)
1965. 5.11常呂町福山で冷害農家自殺(この種の事件各地に起る)
1965. 5.15道教委は公立高校の小学区制を廃し、大学区制移行を決める(6月公布)
1965. 5.16航空自衛隊網走分屯基地新隊舎落成
1965. 5.19市内の秋まき小麦が雪腐れ病で5割方倒伏腐れる
1965. 5.20小清水町北陽小・中学校全焼
1965. 5.28網走市営農対策協議会設置
1965. 5.30市内4農協合併強化対策協議会設置
1965. 5.30吉川藤作氏死去(69歳)
1965. 6. 1北1東1にモヨロ貝塚資料館落成
1965. 6. 1網走駅前拡張整備工事始まる
1965. 6. 2加工原料乳生産者補給金等暫定措置法公布(41年4月1日施行)
1965. 6. 5南5東1に網走ユースホステル落成
1965. 6.21池浦清巳氏死去(43歳)、網走漁協組合葬執行
1965. 6.24美幌合理化澱粉工場起工式
1965. 6.26駒場に自動車教習所落成
1965. 6.29網走地区風俗営業者が暴力追放を宣言
1965. 7. 1日本観光協会道支部総会を網走で開く
1965. 7. 5北見パルプなど5社、常呂漁民に汚水被害を2,000万円を補償
1965. 7.10第2次知床半島学術調査始まる
1965. 7.11網走海域のホタテ漁、3年ぶりに解禁
1965. 7.17網走寿大学が女子高で開校式
1965. 7.19網走支庁農業学園開講式
1965. 7.21網走と網走警察署敷地の交換問題解決(13日道庁で調印)
1965. 7.27道教委と文化保護委が北オホーツク合同特別調査実施
1965. 7.30道教委は「教頭制」を公布
1965. 8. 1美岬地区で全道ボーイスカウト大会開く
1965. 8. 3国鉄釧網線斜里〜止別間踏切で気動車に小型4輪車が衝突、2人死亡3人重軽傷
1965. 8. 4網走湖底遺跡の発掘調査始まる
1965. 8. 5網走商港の2,000tバース完成、日通社船第2金鋼丸を迎えて晴れの入船式挙行
1965. 8.10網走市水道初めて緊急時間断水実施
1965. 8.11網走区検察庁で取調中の少年が手錠のまま逃走(14日逮捕)
1965. 8.11市内で映画見物中の漁船員が人違いの女性車掌を刺す
1965. 8.20網走刑務所内で受刑者が殺人
1965. 8.25網走市献血預血推進協議会結成
1965. 9. 1ぐれん隊防止条例施行
1965. 9. 3天都山駐車場と大観山道路改良工事完成、5日からバス運行
1965. 9. 6網走市水産加工廃水浄化対策協議会発足
1965. 9. 6美幌合理化澱粉工場操業始まる
1965. 9. 8歯舞諸島と色丹島への墓参初実現
1965. 9.10台風23号、網走支庁管内の被害総額1億円を突破、死傷2人を出す
1965. 9.11一中校舎増築工事完成
1965. 9.15HBC網走テレビ局開局
1965. 9.17霜害に備え市で古タイヤの回収始める
1965. 9.18台風24号襲来、管内の被害総額2億円2千万円
1965. 9.20市内鱒取川地区に団体加入電話開通
1965. 9.21網走市のサケまつり、本年は休止と決まる
1965. 9.22第20回国体ボート競技で一般男子フィックスに網走市役所2連勝、高校男子ナックルで南ヶ丘高優勝
1965. 9.24札幌市で乳牛30万頭突破記念大会開く
1965. 9.25中央小創立80周年祝賀会挙行
1965. 9.27網走海域のイカ獲れすぎ、漁獲制限実施
1965. 9.29網走電報電話局は7級局に昇格、電話機2,000台を突破
1965.10. 1全国一斉に国勢調査、網走市10,670世帯、44,194人(前回比142人増)
1965.10.16第1回網走市農業まつり開く
1965.10.21朝永振一郎博士にノーベル物理学賞
1965.10.21豊栄中体育館落成
1965.11. 1網走支庁管内の水稲被害額20億円を突破
1965.11. 3網走市文化連盟の第1回文化奨励賞、団体豊郷神楽保存会、個人山口祐功(作曲)が受賞
1965.11. 5日ソ協会網走支部がロシア語講座開く
1965.11. 8市福祉事務所内に網走市愛情銀行開設
1965.11.10網走市奨学資金条例設定
1965.11.11網走商港から本州向け食用馬鈴薯を海上輸送
1965.11.14北浜小・中体育館落成
1965.11.14紋別港の底引き漁船が樺太沖で操業中沈没、5人救助11人絶望
1965.11.15日ソ協会サハリン支部親善使節団来網
1965.11.16網走市民会館建設審議委員会発足、委員長酒井儀一郎
1965.11.16産業開発道路の清里〜中標津線開通
1965.11.20南極観測事業再開、第7次観測隊が海上自衛艦「ふじ」で東京港出発
1965.11.30網走沿岸のサケ不漁、609t2億3,000万円(前年の半分以下)
1965.12. 5網走と全国即時通話となる
1965.12.10網走市准看護婦養成所校舎落成
1965.12.12網走市「竹の子学園」スタート(冬期女子青年教育)
1965.12.12小清水原生花園沿い国道でトラックとライトバン衝突、2人死亡1人重傷
1965.12.16常呂町栄浦にサロマ海藻類人工採苗場と網走水試分場設置
1965.12.16常呂町郷土資料館落成
1965.12.20南網走農協地区に農村集団電話開通
1965.12.24田辺本店が消防器材車贈呈
1965.12.25NHKカラーテレビ放送開始
1965.12.30南5西3のアパート全焼、4世帯6人焼け出される
1965.12.30来網観光客87万4,632人、消費額5億4千万円と発表

1964年←1965→1966年

index キーワード検索