網走市歴史年表
昭和47年(1972)

1972. 1. 6佐藤忠吉市長記者会見で3たび市長選立起を表明
1972. 1. 6流氷まつり網走湖の氷切りはじまる
1972. 1. 8スケートリンク(旧網走湖)今年から陸上に切り替え市営総合グランド陸上競技場に造成、初すべり
1972. 1.12社会党網走総支部、今回の市長選挙見送りと発表
1972. 1.15成人式、網走の新成人819人
1972. 1.20網走市長選挙告示、佐藤忠吉、村山慶太郎立候補届出
1972. 1.21つくし保育園開園式
1972. 1.22札幌オリンピック冬季大会国内聖火リレー北海道東コース走者隊網走入り(午後4:36)
1972. 1.23聖火9:30分出発
1972. 1.24旧日本兵横井庄一(元軍曹)グアム島で発見される
1972. 1.29南極観測隊支援海上自衛隊、涛沸湖で訓練開始(3日間)
1972. 1.31網走市長に佐藤忠吉市長3選
1972. 2. 1郵便料金改訂(はがき10円書簡20円となる)
1972. 2. 1流氷接岸
1972. 2. 1網走バス市内線にはじめてワンマンバス運行
1972. 2. 3札幌オリンピック冬季大会開会式
1972. 2. 9第7回オホーツク流氷まつり開幕
1972. 2.15網走管内農業構造改善事業10周年記念大会
1972. 2.19連合赤軍人質をとり浅間山荘(軽井沢)にたてこもる
1972. 2.21米国ニクソン大統領訪中、北京到着
1972. 2.25網走市47年度予算案発表、総計39億8,710万円一般会計29億3,037万円
1972. 2.28網走市外2町村伝染病隔離病舎組合議会で網走厚生病院に病舎の全面管理委託を決議
1972. 3. 1電報料金改正
1972. 3. 2網走海区漁場利用調整協議会発足
1972. 3.10市議会で網走市下水道全体計画決定
1972. 3.15沖縄返還協定批准書交換式(5月15日返還)
1972. 3.22市民憲章制定準備委員会発足
1972. 3.28網走支庁管内戦後開拓収束記念式
1972. 3.28建築確認申請事務4月から市に移管
1972. 4. 1日本専売公社網走出張所が網走営業所となる
1972. 4. 1札幌市政令指定都市となる
1972. 4. 2東亜国内航空女満別〜札幌線運航再開通年
1972. 4. 6網走地区救急医療対策連絡協議会発足
1972. 4.11今年初のタンカー北扇丸入港
1972. 4.15網走市開基100年市制施行25年記念事業委員会発足
1972. 4.17今年初のセメント船清澄丸入港
1972. 4.17車止内川切替え工事(隧道)47年から着工
1972. 5.12網走厚生総合病院増改築落成式
1972. 5.15網走地方に風害(15〜16日)
1972. 5.15映画「シークレット部隊」ロケ(15日〜21日)
1972. 5.25雄武町で大火55戸焼失
1972. 5.29網走地方に風害(29−30日)ビートに再被害
1972. 5.31網走地方教育研修センター(駒場)落成式
1972. 5.31静湖園高台のあずまや堂垣内知事が名づけ親となって“眺水亭”ときまる
1972. 6. 1網走市汚水対策協議会が網走川下流で発生したサケ稚魚へい死等の対策を市に申し入れる
1972. 6. 9網走市下水道受益者負担金条例に関する公聴会開催
1972. 6.14女満別湿生植物群落を天然記念物として文部省が指定(網走湖畔)
1972. 6.14日航機インドで墜落83人死亡
1972. 6.17佐藤栄作首相が引退表明(7年7ヶ月の長期政権)
1972. 6.24水質汚濁防止法(46.7.24)による網走川の水質規制実施
1972. 6.26網走川のサケ稚魚へい死原因調査の結果、川底へどろの高温による有毒ガス発生と結論
1972. 6.28道立網走向陽高校創立50周年記念式典
1972. 6.30網走市文化賞条例公布
1972. 6.30333本通線(つくしヶ丘道路)道路改良、舗装新設工事3ヶ年計画で事業開始
1972. 6.30開基100年記念網走のテーマスローガン「先人の輝く歴史豊かな未来」シンボル樹木「かつら」ときまる
1972. 7. 1網走市上水道料金改正(家庭用10t300円が400円に)
1972. 7. 126回全道高校漕艇競技大会(1〜2日網走湖)
1972. 7. 2網走青年会議所創立20周年記念式
1972. 7. 5自民党総裁に田中角栄選出
1972. 7. 5網走市農業委員選挙無投票で15人の当選確定
1972. 7. 5協同組合アサイチ総合店舗完成開業(車止内川の朝市問題解決)
1972. 7. 6田中角栄内閣発足、5区選出、本名武代議士国務大臣に(総理府総務長官)
1972. 7. 8網走市民憲章制定市民会議で市民憲章決定
1972. 7.10中央小学校に学童保育所開設
1972. 7.13道教委の超勤通達をめぐる紛争激化で北教組と高教組がスト
1972. 7.23オロチョンの火祭り
1972. 7.23網走海区漁業調整委員選挙告示立候補10人
1972. 7.24第1回網走消費者のつどい
1972. 7.28全国高体連漕艇大会出場の網走向陽高校女子ボート部出発
1972. 7.29バンドウラ、ソ連在札総領事網走市来訪
1972. 7.29道民スポーツ網走大会
1972. 7.29水産物産地流通加工センター形成事業。47年度に網走市指定(能取)
1972. 7.29南網走農協で全国で初めて組合員に敬老年金支給を8月から実施
1972. 7.29高校入試、全道を21学区制と網走支庁管内は北、中、南に分割48年入試から実施と決定
1972. 8. 1台町に新住居表示実施
1972. 8.10観光網走オホーツク港祭り
1972. 8.11網走市立美術館開館式
1972. 8.12網走市開基100年市制施行25年記念
1972. 8.1227回国体道予選兼北海道選手権漕艇競技大会(網走湖呼人浦コース・12〜13日)
1972. 8.26北方領土返還推進網走大会
1972. 9. 1東京水産大学練習船“神鷹丸”入港(4日出港)
1972. 9. 5網走電報電話局に管内初の10円硬貨両替機設置、始動
1972. 9. 5網走の気温31.7°の猛暑(明治25年9月5日に30.8を記録)
1972. 9.15敬老の日 網走の最高令者、高橋孝太(102才)
1972. 9.23網走学園網走高等学校開校25周年記念式
1972. 9.23第1回網走支庁管内観光民芸品展開催(23〜25日)
1972. 9.25田中角栄首相訪中
1972. 9.28道々網走〜川湯線開通式
1972. 9.29日中共同声明調印で日中国交正常化実現
1972. 9.29今年はじめて私立幼稚園就園奨励費の交付がきまる
1972. 9.-市でゴミ袋(1世帯月5枚)の無料配布開始
1972.10. 4青葉会(宮城県人会)で市に“モミの木”の苗木100本寄贈
1972.10. 8道立南ヶ丘高校50周年記念式
1972.10.25能取漁港関連道路(刑務所用地内分監坂道路付近)着工
1972.11. 1道々網走停車場線(南2条通り)全面開通(網走バス前地下歩道も同時開通)
1972.11. 1新町に新居住表示実施
1972.11. 3初の網走市文化賞、田中最勝が受賞
1972.11. 6北陸トンネルで列車火災43人死亡約300人がガス中毒
1972.11. 8ニクソン米国大統領再選
1972.11.12網走バス市内路線を全部ワンマンカーに切替、4条通り運行を6条通り運行に変更
1972.11.13網走2条通り(都市計画道路南中央通り線街路事業)竣工式及び街路樹埴栽
1972.11.13衆議院解散
1972.11.13網走市に、にわとり防疫対策本部設置(ニューカッスル病)
1972.11.17網走市中央公園現場地下から土器、石刀、炉石など数点発掘
1972.11.18網走南ヶ丘高校校舎全面改築期成会発足
1972.11.20衆議院議員総選挙公示、5区から7人立候補届出
1972.11.27外務大臣大平正芳来網
1972.11.27中国食品土産畜産貿易小組一行ミンク視察で来網
1972.11.28日航機モスクワで墜落58人死亡2人行方不明16人救出
1972.12. 1市内つくしヶ丘に簡易郵便局開局
1972.12. 1網走地方に強風雪1〜2日と被害続出
1972.12.11衆議院議員選挙開票5区は、中川一郎、島田琢郎、安田貴六、本名武、美濃政市当選
1972.12.13市立西小学校改築計画(建設位置)をめぐり市議会空転
1972.12.22第2次田中角栄内閣発足
1972.12.22道立網走職業訓練校、屋内体育館完成
1972.12.22全国冷凍魚肉協会技術研究所で電気凝集による排水の浄化装置完成

1971年←1972→1973年

index キーワード検索