網走市歴史年表
昭和57年(1982)

1982. 1.12市立潮見児童センター開所式
1982. 1.13(株)田辺本店が釧路地裁網走支部に和議申請、負債総額35億7,500万円、大正6年創業、網走御三家の1つといわれた老舗の倒産で市民に衝撃
1982. 1.14北4西4の旧武道館跡に市勤労者体育センター完成開館式
1982. 1.15市民会館で成人式、市内の新成人559人
1982. 1.22網走自動車学校が公安委員会の指定教習所となる
1982. 1.23流氷まつりのメイン像に使用する網走湖の天然氷が切り出される
1982. 1.29二中窪田律子さんらが全国中学校スピードスケート大会に市内から初の出場
1982. 2. 8東京のホテルニュージャパン火災、24人死亡30人重軽傷
1982. 2. 9羽田沖に日航機墜落、着水時12人死亡、147人重軽傷
1982. 2.11第17回オホーツク流氷まつり開幕、14日まで
1982. 2.11市観光協会が網走沖で採取した流氷を商品化、2Kg詰めの「流氷ボックス」売り出す、1個1,000円
1982. 2.13網走新聞社杯市民スピードスケート大会開く、大会新記録史上最多の109
1982. 2.16米村喜男衛著、復刻版『北見郷土史話』発刊
1982. 2.18網走市57年度予算案発表、一般会計129億8,795万円、特別会計62億1,784万円、総額192億0,579万円
1982. 2.21網小開校60周年校舎改築記念式挙行
1982. 3. 1市北方民俗文化保存協会が『ウィルタの暮らしと民具』発刊
1982. 3. 3網走沖で採取した流氷塊を大阪へ輸送、心斎橋でPR展示
1982. 3. 5公立高入試始まる
1982. 3. 8全国農村総合整備コンクールで浦士別の南網走第26営農集団が農林水産省構造改善局長賞受賞、50年の農林水産大臣賞に続く2度目の栄誉、東京で表彰式
1982. 3.19網走漁協にホタテ研究所開設
1982. 3.21元網走商工会議所会頭田辺正英氏死去、61歳
1982. 3.27網走警察署が悪質な「おめでとう商法」の詐欺グループを逮捕
1982. 3.27網走監獄保存財団が天都山に移設復元する旧網走刑務所の教戒堂(講堂)の上棟式を現地で挙行
1982. 3.31涛沸湖でワカサギの採卵、孵化作業始まる
1982. 3.31網走バス(株)の流氷バス運行終わる、乗客7,001人で目標突破
1982. 4. 1消費者米価3.9%値上げ、4年連続
1982. 4. 1500円硬貨新登場
1982. 4. 1国土庁が地価公示、駒場1−7の住宅地1╂当たり21,000円(1,500円増)
1982. 4. 2イギリスとアルゼンチン両国間でフォークランド諸島をめぐる紛争始まる
1982. 4. 3(財)製粉振興会が商港第2埠頭に小麦用サイロの建設計画発表、600t貯留、4基、8年ぶりの企業進出
1982. 4. 4第2次臨時行政調査会の基本答申に国土庁と北海道開発庁の統合が盛り込まれる見込、堂垣内知事先頭に反対運動展開
1982. 4. 5 57年度国家予算成立、一般会計総額49兆6,808億円(前年度当初比6.2%増)
1982. 4. 5三井造船の砕氷船「おほーつく」(35t)が能取湖で性能試験実施
1982. 4. 7道内で夏並みの異常気温、市内22.4℃
1982. 4. 7商港に海明け第1船、タンカーの「良芳丸」入港
1982. 4. 7網走川三眺のさけ・ます増殖事業協会網走採卵所でサケの稚魚に標識をつける作業始まる
1982. 4. 8網走湖女満別湖畔でコウノトリ飛来、写真撮影に成功
1982. 4. 9いったん去った流氷が再び舞い戻り接岸、間隙をぬって沖合底引船12隻出漁
1982. 4.14フランス・ミッテラン大統領夫妻来日
1982. 4.14オホーツク流氷館に展示用の流氷塊1t4個搬入、25日開館
1982. 4.16ジェット化される新女満別空港の空港ビルの建設具体案発表
1982. 4.17北11東1で新聞配達員が板金工の乗用車にはねられ死亡
1982. 4.17北見市に道立体育センター完成、5月上旬供用開始
1982. 4.19帯広市長に田本憲吾氏3選
1982. 4.22能取湖のサケ海中育成施設に稚魚500万尾放流
1982. 4.23商港第2埠頭で(財)製粉振興会が建設する小麦船積センターの地鎮祭挙行
1982. 4.24南小の児童がオビオショップ川上流の林で小鳥の巣箱かけ
1982. 4.25南4東1マスヤ書店裏の車庫から出火、隣家に延焼5世帯21人被災
1982. 4.25網走湖女満別湖畔でミズバショウ開花し始める
1982. 4.26環境庁は全国主要湖沼の調査結果発表、網走湖は全リン0.042ppm、全窒素0.91ppmで富栄養化進む
1982. 4.27西三プラザ協力会が「車止内川(通称・大下水)に落ちた経験のある人は名乗りを上げてください」とユニークな呼びかけ
1982. 4.27商港に今年初の外国船、ソ連から北洋材を積んだパナマ船籍の「ジェミニ号」入港
1982. 4.27網走水産試験場紋別分場が支場に昇格、同市内で昇格祝賀会
1982. 4.28オホーツク水族館今季開館
1982. 4.28市立美術館の増築内容決まる、展示室2つ新設
1982. 4.30札幌地裁が北炭夕張炭鉱の会社更生法適用手続開始を決める
1982. 5. 1車止内川(通称「大下水」)の埋立地に市民待望の公園「西三プラザ」完成開園式挙行、工事費約5千万円
1982. 5. 1東亜国内航空の女満別〜羽田直行便毎日2往復に増便
1982. 5. 1網走税務署は61年度管内高額所得者公示、1位は有里伸一さん1億93,310千円、20位までのうち17人が医師
1982. 5. 1中央公園で第53回メーデー集会開く
1982. 5. 1網走湖女満別湖畔で湖水開き
1982. 5. 1知床観光汽船運航始める
1982. 5. 3ウイルタ協会が天都山中腹にウイルタ・ニブヒの戦没者慰霊碑「静眠」建立除幕式
1982. 5. 6つくしヶ丘清水久夫さんが商港内貯木場の投げ釣りで95┰の大マダラ釣る
1982. 5. 9商店街近代化推進協議会発足
1982. 5. 9能取漁港臨港道路で暴走レース中の美幌町の会社員の乗用車が横転、同乗の女子高生即死
1982. 5.10女満別町で新聞配達員の前方不注意による交通事故死発生
1982. 5.10網走営林署が呼人半島遊歩道に小鳥の説明パネル設置
1982. 5.11市が観光映画「網走の四季」、「冬の網走」製作の計画発表、HBC映画社と初会合
1982. 5.12「第1回インターナショナル・オホーツクサイクリング」の運営要領決まる
1982. 5.13市役所でオホーツク・レクトピア構想第1回企画会議開く
1982. 5.13網走川河口部川底の土砂を浚渫、運搬船2隻分を沖合に投棄
1982. 5.15網走支庁が管内の農作物作況調査、順調に成育
1982. 5.15第1回天都山さくら祭り開幕
1982. 5.15潮見の老人農園「長寿園」で農作業始まる
1982. 5.16天都山「市民の森」で市民記念植樹祭
1982. 5.16(株)光和の社員団体「四ッ葉会」が二ッ岩海岸を清掃奉仕
1982. 5.179年ぶりに市内都市計画用途地域の変更決まり告示
1982. 5.17網走湖呼人漁港が第1種漁港に指定される
1982. 5.17知床横断道路斜里側の除雪作業始まる
1982. 5.18前日潮見で子どもに噛みついたサルを網走警察署員が捕える、飼い主のAさんの自転車から逃げ出したペットのカニクイザルと判明
1982. 5.20網走駅前に道内国鉄駅初の置き看板式観光案内板完成、流氷パタラによる除幕式
1982. 5.20'82北海道博覧会のキャンペーンに道内初の2階建てバスが市内入り
1982. 5.20市内銀行でボーナス目当ての飾りつけ、預金獲得合戦幕開け
1982. 5.21開館後3シーズン目のオホーツク流氷館の展示内容の貧弱さが指摘される
1982. 5.22北海道考古学会が新女満別空港工事で埋蔵文化財を無視と報告
1982. 5.22能取漁港臨港道路の暴走族締め出し、夜間立入り禁止
1982. 5.23美幌駅〜美幌峠間駅伝競走大会高校の部で向陽高優勝
1982. 5.24道道網走〜端野線越歳の双鏡台に西農協が農産物の売店開く
1982. 5.24第21回春季全道高校野球北見支部決勝大会の代表決定戦で南ヶ丘高敗れる
1982. 5.24二中生が二ッ岩海岸を清掃奉仕
1982. 5.24おはようマラソン始まる、29日まで
1982. 5.25オホーツク水族館で飼育中自然に産みつけたミズダコの卵が孵化し始める
1982. 5.27網走商工会議所は新女満別空港ターミナルビル(株)に500万円の出資決める
1982. 5.27網走支庁で知床横断道路環境整備協議会の第1回幹事会開く
1982. 5.28市の新農業構造改善事業(第3次)計画決まる、3農協地区で6億4千万円
1982. 5.28まるせん会館で網走商工会議所などが大型店進出対策の勉強会開く、昨年来3回目
1982. 5.28三眺で会社員の運転する乗用車がスピードを出し過ぎて反対車線にはみだし対向車と衝突、相手方の運転手死亡
1982. 5.29網走沖で最新鋭漁業調査船「探海丸」によるズワイガニの資源調査始まる
1982. 5.29網走専門店会で機構改革と役員改選、新理事長小池昭二選任
1982. 5.30南3西1でパチンコ店「ゲームセンター」が4階建てビル建設の地鎮祭
1982. 5.30市民会館で第3回北見地区市民バンド・フェスティバル開く
1982. 5.30呼人探鳥遊歩道で「道新探鳥の集い」開く
1982. 5.31音根内の東京農業大学実習場で試験用豆類30品種を播種
1982. 5.31国道238号卯原内でダンプが無理な追越し、死亡交通事故発生
1982. 6. 1第24回水道週間、水道標語の入選作品発表、特選は斎藤泰昌さんの「一滴の水がうるおす明日の網走」
1982. 6. 1釧路地裁網走支部は(株)田辺本店の和議申請を棄却
1982. 6. 1網走海域の毛ガニ漁自主休漁、15日まで
1982. 6. 1中央商店街振興組合が南4条通りの歩道にフラワーポット設置
1982. 6. 1能取地区に常呂町の廃棄物処理センターが完成操業始める
1982. 6. 1全道の公衆浴場入浴料金10円値上げ
1982. 6. 2交通事故死多発で網走警察署が特別取締り始める
1982. 6. 2全日空の観光貸切りバス「ビックスニーカー号」の第1便が網走駅前に到着、流氷パタラが歓迎
1982. 6. 3地元漁民が反対する二ッ岩海岸の「レクリエーション基地構想」を「濃密漁場建設計画」に転換、安藤哲郎市長が新谷漁協組合長に協力要請
1982. 6. 4市観光協会が新図柄のポスターとパンフレット作製、各機関に配る
1982. 6. 6市民会館で網走青年会議所創立30周年記念式典挙行
1982. 6. 6全道で今年1番の暑さ、市内で29.3℃
1982. 6. 7能取漁港共同排水処理施設で処理水浄化装置の効果確認
1982. 6. 7第10回環境週間にちなみ1丁目十字街で街頭啓発
1982. 6. 8(株)田辺本店の債権者会議、再建委員の6社決まる
1982. 6. 8卯原内の佐久間キヨさんが同中にピアノ寄贈贈呈式
1982. 6. 9オホーツク・レクトピア構想推進のための「大規模レク基地市町村連絡会議」発足
1982. 6. 9マルゴ水産が陶製のツブ貝加工食品容器を開発し公開
1982. 6.10護国神社の春季大祭、戦没者の慰霊法要執行
1982. 6.10北見市開基86年・市制施行41周年記念式典挙行
1982. 6.10網走税務署は管内3月期決算の高額所得法人公示、1位は10億27,524千円の網走信用金庫、2位は丸田組
1982. 6.11総合体育館などで第34回北海道消防大会開く、堂垣内尚弘知事ヘリで来網
1982. 6.11北見市内の国鉄石北線で特急オホーツク1号脱線事故発生
1982. 6.11環境週間にちなみゴミの不法投棄パトロール、2業者を指導
1982. 6.12札幌で'82北海道博覧会開幕
1982. 6.13市役所女子職員が夏服に衣替え、3年ぶりにデザイン変更
1982. 6.15オホーツク南部海域産のホタテから下痢性貝毒検出、出荷自主規制
1982. 6.15斜里町にB&G財団の海洋センター開館
1982. 6.15市立郷土博物館の窓ガラス2枚割られ同館公宅の居間荒される
1982. 6.17東京農業大学誘致促進協議会開く、同大から3教授招く
1982. 6.17居串佳一画伯が原画を描いた「観光網走」ポスターが美幌町横森政明さんから市立美術館に寄贈される
1982. 6.17小清水原生花園のハマナスの蕾が激減と報じられる
1982. 6.18能取湖口付近で市職員らがゴミ拾い
1982. 6.18知床横断道路再開通
1982. 6.20市は56年度国民健康保険医療費実態発表、保険給付額17億5千万円(前年度比7.9%増)
1982. 6.20島田光さん(島田建設社長)が網走柔道連盟の表彰受ける
1982. 6.20総合体育館で高体連全道バドミントン大会開く
1982. 6.21安藤哲郎市長が厚生総合病院で虫垂炎の手術受ける、経過良好
1982. 6.22永年勤続市議会議員に全国市議会議長会などの表彰状伝達
1982. 6.22道教委は新女満別空港の遺跡の再調査始める
1982. 6.23日本に留学中のスリランカからの学生来網、市内牧場など視察
1982. 6.23市営球場で日本電信電話公社全国レクレーション大会開く
1982. 6.24市は56年度観光客入込み状況発表、総数158万0,794人(前年度比1.0%減)、同宿泊者39万6,310人(同1.0%増)
1982. 6.24新女満別空港の遺跡調査で埋蔵文化財発見されず、工事に支障無し
1982. 6.25網走支庁は管内自然公園利用者数発表、網走国定公園459万5,642人(0.1%増)
1982. 6.25市営家畜共進会で総合家畜共進会開く、団体で西農協優勝
1982. 6.27市営陸上競技場で開かれた全道高校陸上競技大会終わる、男子5,000mで南ヶ丘高鳥井本和義選手6位入賞
1982. 6.26市民会館で第19回北厚生連看護婦大会開く、網走厚生総合病院の看護婦グループが「結核患者の禁煙を試みて」研究発表
1982. 6.26市内の最高気温9.2℃で5月並みの肌寒さ
1982. 6.27北浜どさんこ花園牧場にまくら木を利用した乗馬コースできる
1982. 6.28市は学校法人網走学園網走高に3年間で750万円の助成決める
1982. 6.28札幌・茨戸湖で開かれた全道高校体育漕艇競技女子ナックルフォアで向陽高優勝
1982. 6.29(株)田辺本店に釧路地裁網走支部が破産宣告
1982. 6.29西小の校舎改築第3期工事始まる
1982. 7. 1安藤哲郎市長公務復帰
1982. 7. 1網走港が検疫港に指定、市民会館で小樽検疫所網走出張所開所式
1982. 7. 1能取漁港の水産加工団地に移転する第一水産加工業協同組合の冷凍冷蔵施設、同地で起工式
1982. 7. 1網走支庁は管内農作物作況調査、水稲など「並」
1982. 7. 1網走地方気象台が降水確率予報始まる
1982. 7. 1青の会(諸橋隆雄代表)などが釧路道路のコンクリート擁壁にパノラマ壁画を描く作業始める
1982. 7. 1網走自動車学校の教習車11台更新入魂式
1982. 7. 1網走休養林美岬野営場開く
1982. 7. 4第12回網走湖市民レガッタ、男子Aは富士ヤッタルゼ優勝
1982. 7. 4網走学園創立35周年記念式挙行
1982. 7. 4第2回天都山まつり、道路工事のため中止を決める
1982. 7. 4第13回小清水原生花園まつり
1982. 7. 5西小でプール開き
1982. 7. 6藻琴小・中の児童生徒が同校舍の裏浜で地曳網の体験学習
1982. 7. 6北大伊藤浩司教授らが小清水原生花園のハマナス立枯れ調査始める
1982. 7. 7第4回高齢者ゲートボール大会開く
1982. 7. 8市水道ピンチ、広報車で節水呼びかけ
1982. 7. 8中央商店街振興組合が第1回奥様モニター会議開く
1982. 7. 9協同組合あばしりデパートが南6西1に建設中の6階建てビルの名称が「セントラルプラザ」に決まる、入居者募集
1982. 7. 9市立美術館で第29回写真道展網走移動展、丹羽秀雄展始まる、15日まで
1982. 7. 9西三プラザにヨーロッパ調の電話ボックスお目見え
1982. 7.10市営鱒浦海水浴場開き、気温29.5℃で絶好の海水浴日和
1982. 7.10市内各校を会場に開かれた中体連競技大会で二中女子バスケット11連覇
1982. 7.10市営球場で東日本1部野球市内大会始まる
1982. 7.11釧路道路擁壁のパノラマ壁画完成除幕式
1982. 7.11市営庭球場で第4回会長杯軟式庭球大会開く
1982. 7.11市民会館で絃寿会第27回演奏会開く
1982. 7.11俳誌『葦牙(あしかび)』が市内ホテルで年次大会開く
1982. 7.12金市館で第23回北線美術協会展開く
1982. 7.12市選挙管理委員会が市長選挙の日程決める、10月28日告示、11月7日投票
1982. 7.12金印わさび網走工場内で寒冷地作物研究所の起工式
1982. 7.12天都山の果樹園にエゾシカ4頭出没
1982. 7.13涛沸湖開発促進期成会が外海化から同湖内水面の漁業振興策へ転換決める
1982. 7.14網走港基地の沖合底引船7隻がソ連200カイリ内操業許可受ける、オッタートロールに改装して出漁に備える
1982. 7.14ジャズのアルトサックス奏者ソニー・ステットが市民会館で公演中に倒れ市内病院で緊急治療
1982. 7.14網走漁協が二ッ岩海岸でウニの密漁自主パトロール、5件摘発
1982. 7.15市など関係団体が網走湖に漕艇場をつくるなど64国体ボート競技の網走誘致を確認
1982. 7.15網走海上保安署戸巻利彦署長急病死、55歳
1982. 7.15潮見小と南小の両校体育館を皮切りに学校開放事業始まる
1982. 7.15南5西3日商連網走営業所にキャッシュサービスコーナーできる
1982. 7.16南2西1新谷泰造さんら7人に市長感謝状贈る
1982. 7.16総合体育館で17回目のまるせん「はだか市」始まる
1982. 7.17雄武町から斜里町までを2日間で走る第1回目の'82インターナショナル・オホーツクサイクリング開幕
1982. 7.17市営レークビューキャンプ場開設
1982. 7.17市営球場で第37回国体成人野球大会開く
1982. 7.17市立美術館で第23回北海道書道展網走移動展始まる、24日まで
1982. 7.18中央公園で'82インターナショナル・オホーツクサイクリング日帰りコース開会式、同市中パレード
1982. 7.18市営陸上競技場で第28回全日本中学校通信陸上競技網走大会開く
1982. 7.18三眺球場で東日本野球一部市内大会決勝戦開く
1982. 7.20市民会館で第3回網走吹奏楽団定期演奏会開く
1982. 7.20海の記念日で入港船訪問行事、「北扇丸」を市関係者が歓迎
1982. 7.20オッタートロールに切り替えた網走港基地沖合底引船3隻がサハリン・タライカ湾での操業を終え帰港、スケトウダラ373t水揚げ
1982. 7.22道による市内大型店進出対策特別診断の報告出る、西地域に大型店を提言
1982. 7.22違法改造車を追放する網走地方自動車整備協同組合発足
1982. 7.22市内観光コースを網羅した『あばしりミニガイド』発刊
1982. 7.23婦人会館で第1回市婦人行動計画推進の集い開く、市幹部と意見交換
1982. 7.24市と網走商工会議所が第1回網走工業セミナー、志村幸雄講師が「先端技術時代にどう対応するか」と題して講演
1982. 7.24市役所前で交通安全・社会を明るくする運動市民大会開く、後市中パレード
1982. 7.24桂ヶ岡公園を主会場にオロチョンの火祭り
1982. 7.24日高山系で開かれた第37回国体道予選山岳競技で南ヶ丘高女子パーティが道代表に決まる
1982. 7.25市民会館で市社会福祉協議会創立30周年記念社会福祉大会開く
1982. 7.25道立養護学校で「第1回心理リハビリテーション研修会」開く
1982. 7.26安藤哲郎市長が3選出馬表明
1982. 7.26オホーツク書房のオホーツク自然文庫に『オホーツクのハッカ』、『オホーツクの湖』、『オホーツクの昆虫』が加わり計5冊となる
1982. 7.2757年度市優良勤労青少年表彰式、菅野啓子さんら7名受賞
1982. 7.27市に高額寄付した6名に市長感謝状贈る
1982. 7.27紋別で開かれた中体連4地区大会で三中女子ソフトボール部優勝
1982. 7.28初の全市連合中元大売出し始まる、特賞は千円札のつかみ取り
1982. 7.28総合体育館などで第37回道教職員体育大会始まる
1982. 7.29網走地方食品協会の「ミス食品衛生」4名決まる
1982. 7.29市立美術館で第37回全道展網走移動展始まる
1982. 7.30北8西1アパートの女性(23)の部屋に男が押し入り現金2万8千円が奪われる強盗事件発生
1982. 7.30市農産物加工振興会がでん粉とホタテ貝殻を使った健康食品の試験製造を始めると発表
1982. 7.31市立郷土博物館による明治地区第1遺跡の発掘調査始まる
1982. 7.31桂町セミナーハウスで北大大学院環境科学研究科開放講座始まる
1982. 8. 1駒場地区に住居表示施行
1982. 8. 1網走バス(株)と網走交通の路線バス料金値上げ、初乗り100円(旧80円)
1982. 8. 1音根内の東京農業大学実習農場で同大学生29名の実習始まる
1982. 8. 1市民会館で向陽高吹奏楽部定期演奏会開く
1982. 8. 1道道網走公園線二ッ岩地区で崖崩れ、一時不通
1982. 8. 1全道一斉に交通事故死ストップ緊急対策スタート、網走警察署管内で乗用車とバスが正面衝突し初日に交通死亡事故発生、同署管内で6人目
1982. 8. 2網小で道公立小・中学校事務研究大会開く
1982. 8. 2食品衛生週間で市中啓発パレード
1982. 8. 3天都山展望台に氷柱お目見え、観光客にサービス
1982. 8. 3婦人会館で市消費者協会が「コークス利用学習会」開く、100円灯油を牽制
1982. 8. 4道議会総務委員会一行来網、市内ホテルで管内総合開発期成会が懸案事項陳情
1982. 8. 6市営鱒浦海水浴場で海水浴まつり
1982. 8. 6商港でタンカー事故を想定した大掛かりな海上防災訓練実施
1982. 8. 7南4東2に開業28年の北海道相互銀行網走支店が撤退、同行北見支店に統合
1982. 8. 7第36回あばしりオホーツク夏まつり開幕、南4条通りで歩行者天国、商港で花火大会
1982. 8. 7市民会館で南ヶ丘高ブラスバンド定期演奏会開く
1982. 8. 7常呂漁港と栄浦漁港の大規模拡張整備計画発表
1982. 8. 8市水産加工振興会の第12回永年勤続者表彰式、高島君江さんら123名受賞
1982. 8. 8総合体育館で大東流合気武道演武大会開く、会長賞に加藤茂光さん
1982. 8. 8市営海水浴場閉鎖、可泳10日、12,991人で史上最少記録
1982. 8. 9オホーツク問題研究会(代表網走支庁長)が研究レポート『オホーツクの湖沼』発刊、『流氷』に続く第2弾
1982. 8. 9呼人神社の祭典、網走湖をみこし渡御
1982. 8. 9網走支庁内に「管内交通事故死ストップ緊急対策本部」設置
1982. 8. 9網走湖にアオコ発生
1982. 8.10道議会文教・林務委員会一行来網、市内視察
1982. 8.10民間の信用調査機関が56年度網走支庁管内法人申告所得ランキング発表、1位10億2,752万円の網走信用金庫、市内4建設業者が躍進
1982. 8.11市民会館で海上自衛隊大湊音楽隊演奏会開く
1982. 8.13網走港に海上自衛隊護衛艦「きたかみ」、「おおい」2隻寄港、一般公開、革新団体が入港抗議行動
1982. 8.13道道網走公園線にキタキツネなどの動物飛び出しを注意する看板立てる
1982. 8.13常呂漁港修築起工式
1982. 8.14網走神社祭典宵宮祭り、南4条通りの露店は320区画
1982. 8.14南3条通りが歩行者天国
1982. 8.14市内ホテルで女流プロ棋士尚司和子2段を招き第2回網走囲碁まつり開く、安藤哲郎市長らと特別指導碁対局
1982. 8.14網走神社に寄贈された元演芸館の太鼓が70年ぶりに復活お披露め
1982. 8.15市民会館で「インド魔術団マジックショー」開く
1982. 8.15天都山のウィルタ・二ブヒの慰霊碑「静眠」前で少数民族出身戦没者の慰霊祭執行
1982. 8.16市民会館で「内山田洋とクールファイブショー」開く
1982. 8.17網走湖のアオコ拡散、市がパトロールを始め道公害研究所にサンプル送る
1982. 8.19市内の民家から昭和初期発行の観光パンフレット『網走名勝案内』見つかる
1982. 8.18破産宣告を受けた(株)田辺本店の第1回債権者集会開く、強制和議の延命策持ち越し
1982. 8.18網走警察署管内の自動車整備業者が「暴走族・不法改造車追放」宣言
1982. 8.20博物館・網走監獄が小冊子『網走監獄』発刊
1982. 8.20斜里漁港開港式
1982. 8.20東部海域の毛ガニかご漁水揚げ高発表、網走は95.6tで割当量を1t上回る、29日終漁見込
1982. 8.21北酒販網走営業所の新社屋が新町1丁目に完成落成式
1982. 8.21国道238号大曲橋〜鏡橋間の網走川右岸にサイクリングロード完成(53年着工)
1982. 8.21市民会館で劇団ポプラの公演『カエルとおてんとうさま』
1982. 8.21市立図書館で手づくり絵本講習会開く
1982. 8.22第17回オホーツク駅伝競走大会、高校の部で南ヶ丘優勝、女子は網走ラビット
1982. 8.23北見東急百貨店開業
1982. 8.24市内ホテルで北6西4に開設された道商工会連合会網走支所開所式、初代支所長吉田博茂
1982. 8.24市立美術館で開館10周年記念の道立近代美術館移動美術館始まる、29日まで
1982. 8.24網走刑務所の地蔵尊供養祭で灯ろう流し
1982. 8.25網走水泳協会発足、会長に有里伸一選任
1982. 8.26涛沸湖など鳥獣保護区設定と期間延長に伴う公聴会始まる
1982. 8.26網走ライオンズクラブの献眼運動で83名全員が道眼球銀行に登録
1982. 8.27小清水原生花園のハマナス立枯れ対策で枝きりと薬剤散布実施
1982. 8.2757年度普通地方交付税配分額決まる、網走市27億88,319千円
1982. 8.29市営陸上競技場で第10回市少年少女陸上競技大会開く
1982. 8.29市営球場で第4回全北見少年学童野球大会開く
1982. 8.29潮見小などで市民ソフトボール大会開く
1982. 8.30向陽地区を皮切りに地域住民懇談会始まる、同地区では今年から分譲する新住宅団地に質疑集中
1982. 9. 1市内に北方圏民族文化博物館の建設を目指したシンポジウム「北方文化を考える−オホーツク文化とその周辺」を市民会館で開く
1982. 9. 1網走警察署内に「密漁事犯取締対策本部」設置
1982. 9. 2市が管理する防犯灯の今年度計画発表、新設50灯、更新40灯
1982. 9. 2網走地区消防組合は「適」マーク表示制度の対象を大型店、雑居ビルに拡大準備進む
1982. 9. 2南ヶ丘高の南高祭開幕
1982. 9. 3向陽高創立60周年の第32回向陽祭開幕
1982. 9. 4日本ハム系列の北海ミートが豊郷地区に道内最大、国内2番目の大規模養豚センターの建設計画発表、同工場で獣魂祭
1982. 9. 4網走支庁は管内労働組合の組織調査結果発表、網走市は64組合、5,481人
1982. 9. 4市内ホテルで第25回道私立専修・各種学校研修会開く
1982. 9. 4北浜の地区農協でん粉工場が本格操業に入る
1982. 9. 5向陽高創立60周年記念式典挙行、市内ホテルで祝賀会
1982. 9. 5婦人会館で第15回市母親大会開く
1982. 9. 5帯広で開かれた道弓道選手権大会高校女子の部で網走高平岡礼子さん優勝
1982. 9. 6市で人事異動、水産港湾部長に山田保、教育次長に上野義明発令
1982. 9. 7知床国立公園内国有林の伐採問題で林野庁が計画見直し決める
1982. 9. 8桂ヶ岡公園入り口のカツラの老木を園芸職人が手入れ
1982. 9. 9救急の日、道立向陽ヶ丘病院で消防防災実戦訓練実施
1982. 9. 96日から始まった市職員労働組合の賃金確定闘争で始業時から1時間の時限スト
1982. 9.10鱒浦漁港改修工事の最終段階で新港部の防潮堤を爆破、外海とつながる
1982. 9.10岡田駐道大使来網、市内ホテルで「最近の国際情勢について」講演会開く
1982. 9.10下水道促進デーで終末処理場公開、市内の普及率54.2%と発表
1982. 9.1013日から大阪心斉橋筋で開く「サンゴ草キャンペーン」に使用する能取湖畔のサンゴ草1,500本を抜取る
1982. 9.10南9西2の住宅でプロパンガス爆発、内部全焼2人火傷
1982. 9.10小清水原生花園のハマナスに薬剤散布の効果測定、害虫かなり減る
1982. 9.10全日本労働総同盟傘下の3地方同盟による「北方領土返還キャラバン隊」一行市内入り、安藤哲郎市長が激励
1982. 9.11卯原内能取湖畔で第19回さんご草祭り
1982. 9.11横浜市内で開かれた「第4回ヨコハマカーニバル」で流氷パタラが網走観光売込み
1982. 9.13女満別町で道路が陥没、戦時中の地下防空壕の崩落が原因
1982. 9.14市民会館で敬老会、会場で営業写真館が無料記念撮影奉仕、市内最高齢者稲富460叶マンさん99歳を安藤哲郎市長が訪問祝福
1982. 9.14網走叢書第1集『網走の碑』発刊
1982. 9.15オホーツク海のサンマ漁解禁、港内に各地からの船団集結
1982. 9.15市は橋などの交通量調査結果発表、新橋2,174人、中央橋1,963人、網走橋1,834人(いずれも24時間換算)など
1982. 9.15総合体育館でオリンピック金メダリストなど国内有名体操選手の模範演技会開く
1982. 9.15能取神社の秋季祭典、初のみこし湖上渡御
1982. 9.15市内公衆浴場が65歳以上のお年寄り無料入浴実施
1982. 9.16消費者金融業のプロミスが市内に開店、同業者続々進出予定
1982. 9.16大曲網走慈恵院の居室に初めて暖房設備入る
1982. 9.16網走神社で網走漁協サケ定置部会の大漁祈願祭執行
1982. 9.17市内ホテルでオホーツク・アカデミア構想の具体化に向け「オホーツク・シンポジウム」開く、下河辺惇氏の基調講演「これからの地域社会」
1982. 9.17 57年版市勢要覧『オホーツク物語』、同『資料編』できる
1982. 9.19南ヶ丘高創立60周年記念式典、市内ホテルで祝賀会、記念写真集『なつかしの旧校舎』発刊
1982. 9.19下水道終末処理場などで網走地区消防署と同第1分団の秋季消防演習
1982. 9.2018日解禁の秋サケ漁、4千尾初漁
1982. 9.21市立美術館で高橋道雄・佐藤信勝展始まる、10月8日まで
1982. 9.21日本善行賞を受けた大西重利さんら4名が長寿善行者として東宮御所に招待される、出席した大西さんが皇太子殿下の質問受ける
1982. 9.23秋分の日、第28回NHK北見〜網走間駅伝競走大会で高校の部南ヶ丘高初優勝
1982. 9.23岩手県人会の双鶴会が桂ヶ岡公園内「野坂良吉翁之碑」の手入れ
1982. 9.25斜里町でシンポジウム「日本におけるナショナル・トラストを考える」開く、知床アピール採択
1982. 9.26総合体育館で第29回全道市役所職員剣道大会、個人戦5段の部で上野勝さん3位
1982. 9.26網走新聞社杯市民駅伝競走大会、中学の部で一中A優勝
1982. 9.26護国神社秋季例大祭
1982. 9.26桂町護国神社境内で昨年復活した七福神祭り秋季大祭
1982. 9.26市民会館で網走バレエ研究会発表会
1982. 9.28市議会第3回定例会で博物館・網走監獄への貸付金2,500万円など補正予算可決
1982. 9.28網走支庁公害係職員が北浜のでん粉工場で廃液の畑地散布状況調査
1982. 9.28汚れが目立つ能取湖畔で関係機関の職員がゴミ清掃
1982. 9.28第26回全道高校新聞コンクールA部門で向陽高が総合賞
1982. 9.29市営陸上競技場で第5回高齢者ゲートボール大会開く
1982. 9.29音根内地区の山林にヒグマ出没、注意を呼びかけ
1982. 9.30南5・6条通りの電話ケーブルを地下配線化、市内初の工事進む
1982. 9.30総合体育館で高体連北見地区卓球新人戦斜網大会
1982.10. 1赤い羽根の共同募金始まる、1丁目十字街で街頭募金
1982.10. 1市内一円で野犬掃討始まる、不用犬のワンワンポストは廃止
1982.10. 1文芸網走同人誌『文芸網走』第4号発刊
1982.10. 1南ヶ丘高で高齢の網走湖一周強歩遠足
1982.10. 2駒場の市道を横断中の小学生(9)が乗用車にはねられ即死
1982.10. 2南2西5に安藤哲郎後援会事務所開き
1982.10. 2網走支庁が潮見団地道営住宅の入居者募集
1982.10. 3市民施設見学会「網走の農業を知ろう」実施
1982.10. 3市民会館で網走歌謡アカデミーの「第7回唄のフェスティバル」開く
1982.10. 3秋の「空き缶ゼロの日」、市内各地でゴミ一斉回収作業
1982.10. 4セーフティ26のキャンペーン隊市内入り
1982.10. 5市内国鉄釧網線高架工事、南6西4の現地で起工式、市内ホテルで祝賀会
1982.10. 5国鉄網走駅で開業70周年記念「駅舎写真つき入場券」売り出す
1982.10. 5南2西4ニュー網走会館など市内ホテルの増改築計画すすむ
1982.10. 5網走青年会議所次年度理事長に宮川 忠氏決まる
1982.10. 6国鉄石北線札幌〜網走間の特急オホーツク号に新型車輌連結、受入れ式
1982.10. 6網走駅で「183系新型特急オホーツク号運転記念入場券」売り出す
1982.10. 6下水道終末処理場の汚泥の堆肥化軌道に乗る
1982.10. 9総合体育館で第20回弓道選手権大会開く
1982.10. 9駒場「スーパーみこう」前で東藻琴高生がシクラメン祭り
1982.10.10体育の日、市営陸上競技場で第6回市民だれでも運動会
1982.10.10札幌で開かれた第27回道吹奏楽団体コンクールで網走吹奏楽団が金賞獲得
1982.10.10南公園で彫刻家前田優さんの作品「オホーツクの子」像の除幕式
1982.10.10第9回市民歩こう会、中央公園出発
1982.10.10金市館で第4回老人作品展示即売会開く
1982.10.10網走湖でオープンヨットレース開く
1982.10.11能取新港にヒトデなどを原料とする「タンパク資源回収プラント」の建設計画決まる
1982.10.12鈴木善幸首相退陣表明
1982.10.12道による家庭用灯油の価格調査、市内で1ニ当たり96円60銭、値下がり傾向
1982.10.13市立美術館で「網走こども創作展・書道」始まる
1982.10.15知床観光船休航、今シーズン15万663人乗船
1982.10.15秋の火災予防週間初日、1日婦人消防官が病院などの防火設備点検
1982.10.16網走監獄保存財団が博物館・網走監獄敷地内に建設する資料館と網走刑務所の赤れんがなどを復元する第2期工事の起工式挙行
1982.10.17台町3で市内初の鉄筋コンクリート3階建て公営住宅建設進む、11月完成予定
1982.10.17遠軽で開かれたオホーツク支部珠算選手権大会で小6の井尾稔くんが個人総合優勝、広中賞受ける
1982.10.183選を目指す安藤哲郎市長の選挙公約発表
1982.10.19第2回債権者集会で(株)田辺本店の強制和議再度否決
1982.10.19市内主要道路の通行量調査結果発表、商店街の歩行者経年減
1982.10.19道道網走公園線二ッ岩地区の崖崩れ復旧工事入札
1982.10.19道道端野〜網走線で乗用車とトラックが正面衝突、北見の若者2死亡2人重傷
1982.10.20市選挙管理委員会が市長選挙立候補予定者説明会開く
1982.10.20東京都内大学旅行クラブの学生逹が北海道研修中来網、市内ホテルで地元観光関係者と懇談会開く、関心は網走刑務所と流氷
1982.10.20金市館などから出された閉店時刻繰下げの届出を網走商業活動調整委員会が審議
1982.10.20市は潮見に造成した住宅団地の分譲申込み受付
1982.10.20市営美岬牧場閉鎖、牛280頭の放牧終わる
1982.10.21市は高齢者の交通事故防止に夜光反射バッチの配布始める、全国初
1982.10.21網走朝野球連盟の秋季リーグ戦績発表、A級はエルムファイターズ優勝
1982.10.21網走電報電話局が局内施設一般公開
1982.10.21市立美術館で「網走こども創作展・美術」始まる
1982.10.22北見・網走地域バス路線整備計画調査実施
1982.10.23中央公園でカーニバル・オホーツク開幕、「青空市」開かれる
1982.10.23中央公園特設会場で第29回網走菊花展開く
1982.10.23市内ホテルで電信電話記念日式典
1982.10.23市民会館で第6回合唱団あばしり定期演奏会開く
1982.10.23市民会館で市立看護高等専修学校の第2回戴帽式挙行
1982.10.23南5西2「味の番屋」2階に日本将棋連盟網走支部の将棋道場開き
1982.10.24北海道博物館協会が札幌でシンポジウム「北方文化を考える−オホーツク文化とその周辺」開く、道立北方圏民族文化博物館の網走建設の気運高める
1982.10.24新町入り口網走川埋立地で全道土佐犬闘技大会網走場所開く
1982.10.24市民会館で第7回花嫁着付ヘアーチャリティーショー開く
1982.10.25網走漁業海区調整委員会がサケの漁協別漁獲許容量決める、網走は104万尾
1982.10.25網走商工会議所の消費者懇談会開く、商店の営業時間延長要望多い
1982.10.25南西の強風吹き荒れる、瞬間風速22.7mに達し網走湖大荒れ
1982.10.26網走漁協は安藤哲郎市長から申入れのあった「濃密漁場建設構想」の二ッ岩トンネル掘削に不同意決める、浅海漁場開発の必要は認める
1982.10.26低調だった秋サケ漁が豊漁に転じる、一挙に35,300尾水揚げ
1982.10.26網走湖の名産シジミ漁終わる
1982.10.26市公営住宅の水洗化計画2年目、つくしヶ丘団地の122戸完了間近か
1982.10.27オホーツク本線建設促進期成会が網走〜稚内(雄武〜枝幸間はバス利用)までを体験乗車デモ、網走駅出発、マスコミ各社が競って取材
1982.10.28網走市長選擧告示、安藤哲郎、まいたに道保の両氏立候補届出
1982.10.28市内ホテルで日本観光協会の観光総合講座開く
1982.10.28藻琴忠鉢政司さんの「フロード・オブ・ランチョウ・トマコマイ号」が網走警察署の警察犬に委嘱される
1982.10.29市立美術館で第17回市民文化祭「市民創作展」始まる、11月3日まで
1982.10.29市内ホテルで全道都市監査委員研修会開く
1982.10.30サンマ大漁、260t水揚げ
1982.10.30オホーツク水族館今季閉館放流式、入館者数約12万人
1982.10.30市職員採用試験申込み締切り、136人が願書提出
1982.10.31新町青果市場前で越冬野菜の特売
1982.10.31市立美術館の増築工事完成、コンクリートの養生始まる、供用開始は来年4月以降
1982.11. 1市内ホテルで全道議長会役員会開く
1982.11. 1市立図書館の盲人用カセットテープ貸出し、郵政局から郵送無料の認可受ける
1982.11. 2山田道雄氏が道社会貢献賞受賞、漁船事故防止の功績
1982.11. 2総合体育館で高体連バレーボール斜網地区ブロック新人大会
1982.11. 3文化の日、秋の叙勲発表、勲六等瑞宝章木村福造、勲七等旭日章佐々木俊雄、勲七等瑞宝章足立 盛の各氏
1982.11. 3市内ホテルで57年度網走市文化賞贈呈式
1982.11. 3市民会館で網走市文化連盟の第16回網走芸術賞贈呈式、芸術賞林凰俊(詩吟)、棚川音一(短歌)、華道家元池坊網走支部、裏千家淡交会網走支部、特別賞故本間八重(俳句)の各氏と団体
1982.11. 3網走刑務所で作業製品展示即売会開く
1982.11. 4市民会館でロシア共和国民族アンサンブル「ボヤン」公演
1982.11. 5網走信用金庫の業況調査発表、依然景気は横ばい
1982.11. 5二見ヶ岡会場で第3回汎オホーツク種ミンク共進会開く
1982.11. 6商港第2埠頭に小麦船積センターのサイロ4基完成、市内ホテルで落成式
1982.11. 6市内ホテルで網走商工会議所の57年度永年勤続優良従業員表彰式仙石兼吉さんら125名受賞
1982.11. 6市立美術館で「湖」文学展始まる、14日まで
1982.11. 7網走市長選挙執行、投票率59.66%、即日開票、安藤哲郎氏3選
1982.11. 7網走漁協などが3割安の浜値でサケの特売会開く
1982.11. 7札幌で開かれた第16回全日本空手道連盟和道会道大会で網走市空手協会が高校の部組手で優勝
1982.11. 7北見で開かれた第3回全道高校英語弁論大会網走地区予選で南ヶ丘高繁在家輝子さん優勝
1982.11. 8安藤哲郎市長初登庁
1982.11. 9日本善行会の金賞に千葉七郎氏が選ばれる、ほか市内から5名に善行銅賞
1982.11. 9市民会館で更生保護婦人会が友愛セール開く
1982.11.10市民会館で57年度市技能功労者表彰式、本間幸四郎、渡辺文雄両氏受賞
1982.11.10安藤哲郎市長が出札、挨拶回りのあと札幌の病院で人間ドック入り
1982.11.10網走駅構内の信号所新設、電動式に切り替え
1982.11.10ポンモイ海岸の柱状節理が市指定文化財として第4番目の候補になる
1982.11.11税を知る週間始まる
1982.11.11道中小企業団体中央会などが市内ホテルで商店経営研修会開く、松村篤衛講師が「これからの専門店はなにを」と題して講演、同講師が東京・八王子の美容院で開いたニポポまつりが好評、各地に飛び火と紹介
1982.11.11網走地区消防組合は市内旅館・ホテルなど防火査察結果発表、7割以上に不備
1982.11.11市民会館で高文連音楽発表会開く
1982.11.12市内ホテルで網走信用組合佐々木朝司郎理事長の道産業貢献賞受賞祝賀会
1982.11.13北6西2に自衛隊網走募集所できる
1982.11.13網走酒類懇話会が「道産清酒試飲会」開く
1982.11.14二中で市職員採用試験、122人が受験
1982.11.14金市館で第2回内藤繁世習作展・七彩会グループ展
1982.11.14総合体育館で秋季バスケットボール選手権大会、柔道連盟段別選手権大会開く
1982.11.15第18回あばしりオホーツク流氷まつりのポスターできる、初めて海外へも送付
1982.11.15国鉄でダイヤ改正、網走駅〜札幌駅間の夜行列車にブルートレイン登場
1982.11.15網走神社などで七・五・三参り
1982.11.16市は赤ビートを原料にした食用着色料(赤)の生産技術確立、サンプルを食品メーカーなどに送る
1982.11.16二ッ岩濃密漁場開発計画に網走漁協が拒否を決める
1982.11.17南6西2に協同組合あばしりデパート「セントラルプラザビル」新築落成祝賀会
1982.11.17市立美術館で第2回MOAオホーツク文化展開く、21日まで
1982.11.19呼人の金印わさび網走工場内に寒地作物研究所完成竣工式
1982.11.19寝たきり老人の無料入浴サービスに要する診断書の撤廃問題起きる
1982.11.19網走保健所は管内公衆浴場などの定期水質検査結果発表、1部の施設で大腸菌検出
1982.11.19市民会館でウッデイ・ショウクインテット+ジャッキースクリーンコンサート開く
1982.11.20市が人事異動発令、対象職員4名
1982.11.20市民会館で格技武道振興会公開演武会開く
1982.11.20網走ロータリークラブが中学生と座談会開く
1982.11.21網走厚生総合病院の乳ガン検診受診者289人に達し成果あげる
1982.11.22呼人野田弘一さん飼育のミンクが農林水産大臣賞受賞、3年連続4回目
1982.11.22網走医師会が永年勤続者表彰、久保マサさんら20名受賞
1982.11.22国道244号鱒浦地区の拡幅工事にともなう沿線住家の移転先となる公有水面埋立て免許おりる
1982.11.23勤労感謝の日、市民会館で二中吹奏楽部第11回定期演奏会開く
1982.11.24水産関係功労者として新谷泰造、木村権作両氏が道産業貢献賞受賞
1982.11.24日本共産党網走市委員会は道議選に松浦敏司、市議選に大江道男、鈴木英子の各氏の公認を発表
1982.11.24自民党総裁予備選挙で中曽根康弘過半数獲得
1982.11.24市民会館で遠藤郁子ピアノ演奏会「ショパンの夕べ」
1982.11.25市内大吹雪、小中各校で午後の授業打切り
1982.11.26第1次中曽根康弘内閣発足
1982.11.26網走土木現業所の58年度公共事業概算要求額発表、総額179億3千万円(前年度当初比5.3%減)
1982.11.26市立美術館で大崎 浪書道展、28日まで
1982.11.27網走海域の秋サケ終漁、604,317尾(前年比15.3%減)
1982.11.27市民会館でコンチェルト・セッテ第6回定期演奏会開く
1982.11.28金市館と同店テナントの閉店時刻繰下げなど決まる
1982.11.28市民会館で青年団体協議会が青年祭開く
1982.11.28市民会館で網走ジャズオーケストラの旗あげコンサート開く
1982.11.28網走硬式テニス協会が室内テニス選手権大会開く
1982.11.28津別町長選で小南甲三氏3選
1982.11.29明るい選挙推進運動功労者の遠藤熊吉さんほか3氏を市選挙管理委員会が表彰
1982.11.29網走開発建設部の58年度開発事業費概算要求額発表、総額365億5,584万円
1982.11.29安藤哲郎市長が札幌の病院でポリープ切除の開腹手術受ける
1982.11.29市民会館で網走税務署が年末調整説明会開く
1982.11.29婦人会館で市民健康講座「胆石について」
1982.11.29郊外の湖沼で結氷始まる
1982.11.30市観光協会長仙石 清氏が東京で急逝、68歳
1982.12. 1冬の交通安全道民総ぐるみ運動始まる
1982.12. 1歳末助け合い運動始まる
1982.12. 1市が造成した向陽ヶ丘団地の分譲受付始まる
1982.12. 1市観光公社で観光トランプ発売始める
1982.12. 2国道39号大曲で交通安全街頭啓発
1982.12. 2中央商店街振興組合が奥様モニター会議、きたみ東急百貨店の影響など聴く
1982.12. 3網走市長職務代理者に小田島晃助役任命
1982.12. 3市立美術館で第12回北彩会美術展始まる、12日まで
1982.12. 3市内のスリ身加工場が原料不足で操業短縮
1982.12. 4全市連合年末年始大売出し始まる、特賞は千円札のつかみ取り
1982.12. 4市立養護老人ホーム静湖園増築工事完成
1982.12. 4市民会館で日本善行賞など各賞受賞者の合同祝賀会開く
1982.12. 5鱒浦公有水面埋立地の地鎮祭執行
1982.12. 5南小で市PTA連合会が研究大会開く、交通安全推進宣言決議
1982.12. 5市民会館で第14回公民館まつり開く
1982.12. 5総合体育館で職場対抗市民バスケットボール大会開く
1982.12. 6消費者協会が食料品の試買調査、豚肉で量目不足目立つ
1982.12. 6市町内会部落会連合会長(元市議会議員)花川仁左ェ門さん死去、82歳
1982.12. 7網走地区消防組合議会は「煙突にヒビが入ったのは消防の不必要な放水のせい」と北5西1「厚生湯」経営那須恒さんから出された被害補償陳情を不採択
1982.12. 7常呂町でカラフトアイヌの踊りを保存する創作劇『仲間』上演
1982.12. 7東藻琴村でトラックが網走支庁公用車に衝突、長谷部純雄支庁長が軽症
1982.12. 8 57年度普通地方交付税交付額決まる、網走市は2億05,250千円
1982.12. 8オホーツク歩くスキー・フェスティバル実行委員会(藤田敬治委員長)発足
1982.12. 8首都圏マスコミ関係者が来網市内視察
1982.12. 9市農民同盟連絡協議会が農業を語る会開く
1982.12.10網走支庁が市内スーパーなどで正月用食品の価格と出回り状況調査
1982.12.10網走湖畔に西網走漁協のワカサギ孵化施設完成
1982.12.10市立美術館で若林千峰画伯肖像画展、12日まで
1982.12.11市民会館で一中吹奏楽部が「クリスマス・コンサート」開く
1982.12.13たんぽぽ保育園が新園舎に引っ越し
1982.12.13道外から市内の農家に嫁いだ主婦たちの交流組織「はまなす会」誕生
1982.12.1464北海道国体競技別開催地ほぼ決まる、ボート競技は網走市が逆転内定
1982.12.14網走青年会議所が冊子『あばしり再考』発刊
1982.12.14網小児童によるカラーテレビの校内放送が視聴覚教育に効果あげる
1982.12.14閣議で大蔵省北見財務部の廃止、出張所として存続決まる
1982.12.15歳末火災予防運動始まる、31日まで
1982.12.16公務員共闘統一スト突入、市内各官庁で始業時から2時間の時限スト
1982.12.16市内校のトップを切って西小のスケートリンク開き
1982.12.17市の57度労働基本調査結果発表、週休2日制導入事業所は20%、完全実施0.2%
1982.12.17呼人の簡易保険保養センターで道立養護学校生徒の作品展、宿泊客に人気
1982.12.18市議会で選挙ポスター掲示場設置条例の全部改正可決
1982.12.18網走ライオンズクラブが西小前の国道39号横断歩道橋にスリップ事故防止の横断幕取付け
1982.12.18依光商店がサケの姿漬け「いずし」発売、札幌市場に出荷好評
1982.12.18東藻琴村に村営チーズ工場完成祝賀会挙行
1982.12.19市内ホテルで山谷一郎さんの著書『網走刑務所』出版記念祝賀会開く
1982.12.20市内3番目の向陽ヶ丘住宅団地22区画の造成終わる
1982.12.20いわゆる「梅田事件」の再審請求で釧路地裁網走支部が再審開始決定、地検が即時抗告の見込
1982.12.21 11月30日東京で急逝した仙石清氏夫人スエノさんが市に200万円寄付
1982.12.22市総合計画審議会開く
1982.12.22網走警察署大曲駐在所の改築工事終わる
1982.12.22大曲市営スケートリンク開き
1982.12.23たんぽぽ保育園の増改築工事竣工式
1982.12.23網走支庁管内観光連盟の会長代行に小田島晃選任
1982.12.23市民会館で横路孝弘知事の市民集会開く
1982.12.23師走には珍しい暖気と降雨
1982.12.23道道網走〜端野線の双鏡台にミニ道路公園完成
1982.12.24能取水産加工団地のソーラーポンド予備調査でボーリング始まる
1982.12.24海上の年末年始特別警戒で網走海上保安署が港内漁船に立入り検査
1982.12.24道立向陽ヶ丘病院で年忘れ演芸会開く
1982.12.28安藤哲郎市長が札幌厚生病院を退院
1982.12.31網走神社への参道で交通規制

1981年←1982→1983年

index キーワード検索