網走市歴史年表
平成15年(2003)

2003. 1. 44日付け報道によると、高辻郷子(65歳)は、歌集「農魂の譜」を発刊。
2003. 1. 4道教委の相馬秋夫教育長は4日、1978年(昭和53年)に北教組と交わした、主任制の命課(発令)や勤務に関する「21項目(口頭)確認」を、同日付けで廃棄すると通告し、76年(昭和51年)4月から27年近く続いた労使交渉を打ち切った。
2003. 1. 5網走市民新年交礼会=5日、網走市民会館。
2003. 1. 5網走漁業協同組合(山田邦雄組合長)の新年の安全操業祈願祭と初せり=5日、同組合荷さばき所。
2003. 1. 5(社)網走青年会議所(渡部憲幸理事長)の新年交礼会=5日、網走セントラルホテル。
2003. 1. 6網走市のほか、国道の関係機関の仕事始め。
2003. 1. 6医療法人耕仁会の女満別シティー病院(網走支庁管内女満別町)が、札幌医大に所属する医師4人と道外在住の医師3人から名義を借り、診療報酬を不正請求していた疑いの強いことが6日、分かった。道社会保険事務局が立ち入り調査を実施する。
2003. 1. 7第10回ポートアルバーニ少年少女訪問団(団長・中川勝彦網走市立南小学校長)出発。15日に、帰網。
2003. 1. 8網走湖のワカサギ氷下ひき網漁が始まる。
2003. 1. 8網走商工会議所は8日臨時議員総会を開き、昨年8月1日に辞任した島田光雄監事の後任に、倉健蔵(73歳、倉繁醸造(株)会長)を選任。
2003. 1. 88日付け報道によると、「浜ぼうふうの会」(半沢守代表、会員20人)は、文集「浜ぼうふう」第七集を刊行。
2003. 1. 9「第29代流氷パタラ」6人が決まり9日、網走市役所で「あばしりオホーツク流氷まつり実行委員会」から発表。
2003. 1.10「第17回全道リコーダーコンテスト」で、網走市立第五中学校(中村潔校長)の音楽部が重奏の部で金賞を受け、全国大会(3月27日、東京)出場を決める=10日、札幌市。
2003. 1.10網走支庁管内の生田原、遠軽、丸瀬布、白滝の4町村は10日、合併を目指して「生田原町・遠軽町・丸瀬布町・白滝村任意合併協議会」を設置。会長に北川健司遠軽町長を選出。
2003. 1.10道教委は10日、主任制問題について北教組と1978年(昭和53年)に交わした「21項目(口頭)確認」を4日付けで全部廃棄したことを、道の各教育局長と道立学校長、道内各市町村教育長に通知。
2003. 1.11網走地方気象台は11日、網走の「流氷初日」を観測したと発表。平年より9日早い。
2003. 1.1111日付け報道によると、女満別空港管理事務所がまとめた、12月の同空港の利用客数は56,339人で、前年同期と比べ1,874人、3%の増。
2003. 1.12鰹谷忠道議会議員(51歳、無所属、民主党・連合推薦)は12日、網走セントラルホテルで記者会見、今年4月に行われる網走市の道議選(定数1)に五選を目指して出馬すると表明。
2003. 1.12東京農業大学生物産業学部賀詞交歓会=12日、同学部学生開館。
2003. 1.13網走市の「成人の日記念式典」=13日、エコーセンター。網走市の新成人は、男性360人、女性258人の合計618人。
2003. 1.13第19回網走アイスホッケー連盟会長杯(早水憲会長)少年アイスホッケー大会=13日、網走市大曲アイスホッケー場。
2003. 1.15「第38回あばしりオホーツク流氷まつり」(主催・同実行委員会、委員長・柴崎正則網走市観光協会長)を成功させる集い=15日、網走市民会館。
2003. 1.1515日付け報道によると、網走支庁管内観光連盟(浅利清一会長)は、オホーツク圏広域冬の観光ガイド「冬のオホーツク」を2万部作成、配布。
2003. 1.1616日発表された「第29回文芸北見賞」(文芸北見発刊実行委員会(小林正委員長))に、創作部門で、安喰吏沙子(網走市)の小説「結氷期」が選ばれる。
2003. 1.16東京農業大学生物産業学部カーリング部の女子5選手が、「第21回ユニバーシアード冬季競技大会」(主催・オリンピック委員会(IOC)にカーリング日本女子代表で出場=16日〜26日まで、イタリア・タルヴィジオ。
2003. 1.16堀達也北海道知事は16日、道庁で記者会見し、4月の知事選への三選出馬を断念し引退すると正式表明。
2003. 1.17網走地区消防組合消防署(草刈敏郎署長)と網走消防団(遠藤隆也団長)は17日、南出張所(網走市潮見)などで大規模災害を想定した訓練を行う。
2003. 1.17網走市内の涛沸湖、北浜駅、網走市立白鳥台小学校などで「みにくいアヒルの子スペシャル」(林徹監督、岸谷五朗主演)のロケ=17日〜20日まで、UHB(フジテレビ)で4月上旬に放送予定。
2003. 1.17オホーツク流氷祈願祭(主催・網走支庁管内観光連盟(浅利清一会長))=17日、紋別市海洋交流館前のガリンコ号発着場。
2003. 1.1717日付け報道によると、網走支庁管内の三公共職業安定所が12月末でとりまとめた、今春の高校卒業予定者の就職内定状況は、北見50.6%、網走44.4%、紋別48.9%で、いずれも前年同期比7〜14ポイント下回る過去最低水準。
2003. 1.1818日付け報道によると、網走市内の元教諭が得意分野を生かし、子供の社会教育に取り組む市民団体「こどもみらい」(代表・鈴木要治73歳)を設立し、民間非営利団体(NPO)の認証を受ける。
2003. 1.18道東観光開発(株)の流氷観光砕氷船「おーろら」(491トン、定員450人)は18日、定期運航(20日〜4月6日)を前に、修学旅行の神奈川県立大井高校3年生212人を乗せて臨時就航。
2003. 1.1818日付け報道によると、網走警察署がまとめた昨年1年間の同署管内の交通事故状況は、死亡者3人(前年比5人減)、事故数194件(前年比15件減)。
2003. 1.19第22回網走管内スポーツ少年団スピードスケート競技大会(主催・網走管内スポーツ少年団協議会など)=19日、網走市営スケートリンク。
2003. 1.19網走湖ワカサギ釣り会場(網走市呼人)で19日、ワカサギ釣りに来ていたS(51歳、北見市)がテント内で死亡。
2003. 1.19第12回故創立会長・樋口杯兼網走市民バトミントン大会=19日、網走市立総合体育館。
2003. 1.20第156通常国会が20日召集(会期・20日〜6月18日までの150日間)。
2003. 1.21絵画グループ「潮」(横川正美代表、会員6人)の、網走新聞紙上潮展「百回達成記念展」=21日〜26日まで、網走市立美術館。
2003. 1.2121日告示の網走支庁管内西興部村長選は、新人の高畑秀美・前村助役(52歳、無所属)以外に届け出がなく、同氏の無投票当選が決まる。
2003. 1.21網走開発建設部(蒲原直之部長)は21日、部長の諮問機関として「入札監視委員会」を設置、委員5人を委嘱。委員長に、酒井惇一・東京農業大学生物産業学部長を互選。
2003. 1.2121日付け報道によると、網走地方気象台(若原勝二台長)は、流氷の仕組みを分かりやすく解説した「オホーツク流氷ハンドブック」(A4版、52ページ)を発刊。
2003. 1.21網走支庁は21日、1階ロビーに「北方領土返還要求運動署名コーナー」を設置、2月20日まで署名呼びかけ。
2003. 1.2222日付け報道によると、網走漁業協同組合がまとめた同組合の昨年1年間の水揚げ(保税蔵置場扱分含む)は、漁獲量が53,721トン(前年比9.8%増)、金額は93億2,361万円(前年比2.9%減)。
2003. 1.22道道網走公園線の美岬トンネル(全長約935メートル、2004年度完成、総工費約45億円)の工事安全祈願祭=22日、二見ヶ岡側トンネル入り口前。
2003. 1.23湧別町で生れ、網走市内で飼育された乳牛(ホルスタイン雌6歳10カ月)が23日、牛海綿状脳症(BSE)と確認される。国内で7頭目、道内産で5頭目。
2003. 1.23網走市は23日、大場脩市長を本部長とする「網走市BSE対策本部」を設置。湧別町も23日、加藤貞夫町長を本部長とする対策本部を設置。
2003. 1.23網走支庁は23日、「網走支庁BSE防疫対策本部」を設置。
2003. 1.26網走地方気象台は26日、網走と紋別でそれぞれ「流氷接岸初日」を観測したと発表。網走は平年より6日早く、昨年より9日遅い。紋別は平年より10日早く、昨年より4日早い。
2003. 1.26網走市内のスポーツ仲間で構成する「自遊人クラブ」(吉川敏夫代表、約80人)が、網走市営球場(網走運動公園内)に造っていた雪中パークゴルフ場が26日、オープン。
2003. 1.27友好都市の沖縄県糸満市(山里朝盛市長)から網走市に27日、特産の小菊600本とタンカン10キロ詰4箱が届く。
2003. 1.28網走保健所は28日、道民の健康づくり事業「空気もおいしいお店」に「レストラン光風」(高橋久保経営(62歳)、網走市新町)を同保健所管内第一号として登録。網走支庁管内では、2店目。
2003. 1.28・津別町臨時町議会は28日、住民組織「クローバーサミット」の請求に基づく、4町村(津別、美幌、女満別、東藻琴)による法定合併協議会設置案を反対多数で否決。
2003. 1.2929日付け報道によると、網走ぐるめ街活性化協議会(加藤小夜子会長)は、「あばしり『お宿』プラン」と連動する「網走オホーツクぐるめマップ」(B3判四つ折りポケット判)を1万部発行。
2003. 1.29道は29日付けで、遠軽町、生田原町、丸瀬布町、白滝村の4町村を、道内で初めて道の「合併重点支援地域」に指定。
2003. 1.30網走市の「クリオネ通り加盟店会」(金安勝利会長、加盟16店)は、マスコットの愛称を「クリリン」と決定、30日、名付け親の藤本哲夫(50歳、網走市)に加盟店共通の食事券を贈る。応募総数は、748通。
2003. 1.30道の2002年度漁業秩序確立功労者として西網走漁業協同組合(嶋田善一組合長)が選ばれ30日、網走支庁で太田敏夫支庁長から嶋田組合長に感謝状贈呈。
2003. 1.3030日付け報道によると、釧路税関支署網走出張所がまとめた昨一年間の網走港の外国貿易は、取扱額は輸出7億6,500万円(前年比28.1%減)、輸入30億4,200万円(7.2%減)の計38億800万円(12.3%減)。入港隻数は、323隻(前年比40.1%減)。
2003. 1.30網走市の友好都市、沖縄県糸満市との交流を通して沖縄の文化、社会を学ぶ「網走市女性のつどい」(網走市女性団体連絡協議会(後藤田生子会長)、網走市教育委員会共催)=30日、エコーセンター。
2003. 1.31第27回網走こども書初展(主催・網走市書道連盟(松橋素鶴会長))=31日〜2月2日まで、エコーセンター。
2003. 1.31総務省が31日発表した2002年の年平均の完全失業率は、5.4%で、前年より0.4ポイント上昇し、二年連続で最悪を更新。完全失業者数は、前年比19万人増の359万人で、11年連続増加。北海道の年平均完全失業率は、6.0%で、前年比0.1ポイント上昇し、過去最悪を記録。
2003. 2. 1「北の新大陸発見!あったか網走」(主催・同実行委員会、波多野茂雄委員長)=1日〜3月2日まで、網走市呼人・網走湖特設会場。
2003. 2. 1「流氷ノロッコ号」が1日、JR釧網線の網走〜知床斜里間で運行開始。運行期間は、3月23日まで。
2003. 2. 1第16回豊かな心を育てる小中学生の意見発表会(主催・網走市豊かな心を育てる活動推進会議(会長・清水浩網走市小中学校長会会長))=1日、エコーセンター。
2003. 2. 2網走市立網走小学校(中條健太郎校長)と国際交流しているブラジル・サンパウロ市の日本語学校、私立松柏学園の使節団(アレキス・良人・知花団長)一行16人が来網=2日〜4日まで、網走市内各家庭にホームステイ。
2003. 2. 2第15回昭和新山国際雪合戦大会網走地区予選兼第5回網走雪合戦大会(主催・同実行委員会、土肥実委員長)=2日、道立オホーツク公園センターハウス前の駐車場。
2003. 2. 2第4回さとうスポーツ杯兼スケートハウス杯争奪女子アイスホッケー大会で「網走オホーツクレディース」(岩永雅浩監督、吉村夕夏主将、メンバー15人)が優勝=2日、釧路市。
2003. 2. 2NBAカクテルコンペティション(主催・(社)日本バーテンダー協会北海道地区本部網走支部(鈴木秀幸支部長))=2日、網走セントラルホテル。
2003. 2. 22日投開票の網走支庁管内湧別町長選は、新人の奥谷公敏・前町収入役(53歳、無所属)が、新人の深沢一博・前町議会議員(56歳、無所属)を破り、初当選。
2003. 2. 2東京農業大学生物産業学部の競技スキー部(広谷淳一監督、部員18人)は、第42回北海道学生スキー選手権大会で1部総合優勝=1月30日〜2日の4日間、名寄市。
2003. 2. 3網走市立東小学校(山崎明弘校長)の障害児学級「のびっこ学級」開設セレモニー=3日、同校。
2003. 2. 3網走市立東小学校に障害児学級用教具・ボールプール(30万円相当)を寄贈=3日、(株)木村組(木村一廣社長、社員50人)。
2003. 2. 4第4回日専連網走児童版画コンクール作品展(主催・日専連網走(阿部恵一理事長))=4日〜6日まで、エコーセンター。
2003. 2. 5モヨロ貝塚発掘記録写真展(主催・網走市立郷土博物館)=5日〜9日まで、エコーセンター。
2003. 2. 5網走市のAPT-4十字街交差点で、5日から歩車分離式信号が稼動。
2003. 2. 6網走市統計協議会(高橋博会長)の第21回定期総会=6日、かに本陣友愛荘。
2003. 2. 6麻田勝寿(網走市)、堀田勇吉(同)、大西辰實(同)が北海道社会貢献賞(統計調査功労者)を受賞=6日、網走市統計協議会定期総会の席上で伝達。
2003. 2. 7武田一郎(79歳)が北海道社会貢献賞(交通安全功労者)を受賞=7日、札幌・ホテルポールスター札幌。
2003. 2. 7中川政博(網走市)が北海道産業貢献賞(農業関係功労者)を受賞=7日、札幌・京王プラザホテル札幌。
2003. 2. 7網走警察署は7日、保険金目当ての自宅放火の疑いで、I容疑者(31歳)を逮捕。同容疑者は6日までに詐欺の疑いで逮捕されている。
2003. 2. 8「第38回あばしりオホーツク流氷まつり」(主催・同実行委員会、柴崎正則実行委員長)=8日〜11日まで、網走港埠頭広場。
2003. 2. 8「楽しい子どもの美術展」(網走市立美術館企画展)=8日〜27日まで、同館。
2003. 2. 9「フォーラムin網走〜チパシリ文化サロン」(主催・(財)北海道文化財団)=9日、エコーセンター。
2003. 2. 9第29回網新杯網走市民スケート大会(網走スケート協会(樋口浩洋会長)、網走新聞社共催)=9日、網走市営スケートリンク。
2003. 2. 9第19回網走新聞社杯少年アイスホッケー大会=9日、アイスホッケー場(網走市大曲)。
2003. 2.10網走支庁は10日、道選管事務局網走支所(支所長・太田敏夫網走支庁長)内に、統一地方選挙網走実施本部を設置。
2003. 2.11第24回インターナショナルフェスティバル・オホーツク歩くスキー大会(同実行委員会主催、大会長・前田敏彦網走市体育協会長)=11日、道立オホーツク公園(網走市天都山)。
2003. 2.11網走支庁管内観光連盟(浅利清一会長)は、11日〜13日までの2泊3日の日程で、首都圏のマスコミ関係、ペンクラブ、旅行作家ら10人を招き「オホーツク取材研修会」開催。
2003. 2.12第22回尓莱書展(松橋素鶴主宰)=12日〜15日まで、エコーセンター。
2003. 2.12網走市寿大学賀寿祝賀会(主催・網走市寿大学自治会(今野政喜会長))=12日、エコーセンター。
2003. 2.12網走市立西小学校(河原英男校長、児童191人)は12日、開校50周年記念事業として、同校卒業生の紙切り師・花りん(吉本興業札幌事務所)を招き「ようこそ先輩、紙切り教室」開催。
2003. 2.13公立高校全日制職業科の推薦入学選抜面接試験が13日、全道一斉に実施。
2003. 2.13茶道裏千家淡交会網走支部(宮川隆昌支部長)は13日、「流氷ノロッコ号」(JR釧網線の網走〜知床斜里間運行)の観光客に抹茶をサービス。
2003. 2.14網走市は14日、2003年度予算案を発表。一般会計は242億1,826万円(対前年比6.1%増)、特別会計(10会計)は183億8,756万円(同1.3%減)、上水道企業会計は16億1,090万円(同11.3%減)。
2003. 2.14第一回定例道議会(会期・14日〜3月5日までの20日間、会期を1日延長し6日閉会)。
2003. 2.1414日付け報道によると、網走市内のアカペラグループ「MOCO(モコ)」が3月13日、ミニアルバム「ぽっぷす」(Kiss Records)でCDデビューする。メンバーは、宮本健一(20歳)、渡瀬智彦(同)、小林由依(19歳)、野口育美(同)、脇本拓真(同)の5人。
2003. 2.14道教委は14日、公立高校入試の出願変更後の出願状況を発表。全日制の普通科で網走南ヶ丘(定員200)1.2倍、網走向陽(同80)1.4倍、職業科で網走向陽の商業科(同40)1.1倍、事務情報科(同40)0.9倍。
2003. 2.15「ブルームボール・ジャパンオープンカップ2003in網走」(主催・日本ブルームボール協会、主管・網走ブルームボール協会(松本俊広会長))=15日〜16日まで、東京農業大学生物産業学部特設リンクと網走市営アイスホッケーリンク。
2003. 2.164月に「網走市立西が丘小学校」として統合する網走市西部地区4小学校のトップを切って、卯原内小学校(鈴木憲治校長、児童38人)が16日、閉校式。
2003. 2.16「藻琴湖氷上セーフティースクール」(同実行委員会主催)=16日〜17日まで、網走市藻琴湖上の特設コース。
2003. 2.16第18回網走クロスカントリースキー大会(主催・網走スキー協会(八木田豊会長))=16日、道立オホーツク公園てんとらんどスキーコース。
2003. 2.16北海道軍恩連盟網走支部(森川昌治支部長、会員150人)の定時総会=16日、網走観光ホテル。
2003. 2.20網走市文化賞受賞者・白井四郎(88歳、(有)白井三一堂会長)は20日、肺炎のため北見市内の病院で死去。
2003. 2.20網走教育局は20日、同局管内公立高校全日制職業科の推薦入学内定者199人を発表。
2003. 2.20第28回フォーカス作家選抜展(主催・全日本美術協会)に、全国から網走市の小林清光画伯など109人が選抜される。小林画伯は、「流氷の網走港」(20号)を出品=20日〜25日まで、東京・銀座の松坂屋カトレヤサロン。
2003. 2.20網走市婦人学級連絡協議会(金子美智子会長)の「第32回学級生のつどい」=20日、網走女性センター。
2003. 2.21網走市は21日付けで、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」を認証取得。網走支庁管内の自治体では斜里町に次いで二番目、道内では14番目。
2003. 2.2121日付け報道によると、網走市は、友好都市の沖縄県糸満市(山里朝盛市長)との職員相互交流で、初代派遣職員として岩内仁(29歳、網走市教育委員会教育部管理課学務係)を選考決定。
2003. 2.21網走支庁管内観光連盟(浅利清一会長)は、21日〜24日までの3泊4日の日程で、中国上海地区旅行エージェント・オホーツク観光研修団(団長・宗福寧上海中国青年旅行社総副経理ら10人)を招聘。
2003. 2.2121日付け報道によると、女満別空港管理事務所のまとめた、1月の同空港利用者数は、7万1,319人で前年同期と比べ4,467人、7%増。
2003. 2.212002年度網走管内教育実践表彰式(主催・網走教育局(清原登志夫局長))〜網走市の受賞者〜一般表彰で斉藤克也網走向陽高校教諭と網走市立東小学校(山崎明弘校長)=21日、ホテル・サンパーク。
2003. 2.21網走湖水産研究会(会長・井上聰道栽培漁業振興公社顧問)の第14回研究会=21日、網走セントラルホテル。
2003. 2.21「技能功労者・訓練功労者を讃える会」(主催・網走職業訓練協会など)=21日、網走セントラルホテル。
2003. 2.2222日付け報道によると、(社)網走青年会議所(渡部憲幸理事長)は、「創立50周年記念誌」(A4判62ページ、カラー印刷)を発刊。
2003. 2.22「陶芸エコー会」(鹿毛善輝会長、会員119人)の第2回作品展=22日〜23日、エコーセンター
2003. 2.234月に「網走市立西が丘小学校」として統合する嘉多山小学校(平井則男校長、児童27人)が23日、閉校式。
2003. 2.23第1回レークビュースノーフェスティバル兼第56回網走市民スキー大会(主催・網走スキー協会(八木田豊会長))=23日、網走市営レークビュースキー場。
2003. 2.24第5回網走市都市計画審議会(会長・長澤真央・東京農業大学生物産業学部教授)=24日、網走セントラルホテル。
2003. 2.25網走市森林組合(鎌田隆組合長、組合員641人)の通常総会=25日、網走セントラルホテル。
2003. 2.25東芝府中ラクビー部の薫田真広監督(36歳)が25日、網走市役所に大場脩市長を表敬訪問。
2003. 2.25網走市立第五中学校(中村潔校長、生徒61人)音楽部の女子部員5人が25日、網走市役所に大場脩市長を訪ね「全日本リコーダーコンテスト」(3月27日、東京・江戸川区)への出場挨拶。
2003. 2.25「サロマ湖・能取湖安全対策協議会」(会長・木田祐二紋別海上保安部長)の定例会議=25日、佐呂間町・サロマ湖緑館。
2003. 2.26網走警察署は26日、「統一地方選挙事前運動取締本部」(本部長・熊谷一郎網走警察署長)を設置。
2003. 2.26第一管区海上保安本部は26日、オホーツク海上で救助され、網走市内の病院に入院していたロシア人男性(36歳)の様態が悪化したため、千歳航空基地所属のYS機「おじろ1号」で女満別空港から千歳空港まで輸送。
2003. 2.28網走支庁は28日、「網走支庁BSE防疫対策本部」を解散。
2003. 2.2828日付け報道によると、銅版画家・清水敦(工房「森の家」)は、絵はがき「北海道の12カ月『北の詩』」を発行。
2003. 2.28総務省が28日発表した労働力調査による、1月の完全失業率(季節調整値)は、前月より0.2ポイント上昇して5.5%。完全失業者数は、357万人。
2003. 3. 14月に「網走市立西が丘小学校」として統合する能取小学校(安藤肇校長、児童18人)が1日、閉校式。
2003. 3. 1網走市内の道立、私立3高校が1日卒業式、卒業生は、3校で503人。網走支庁管内全31校で3,553人卒業。
2003. 3. 1小林清光画伯(63歳)の「北の大地オホーツク展」=1日〜9日まで、網走市立美術館。
2003. 3. 1網走市立西小学校(河原英男校長)の合唱部(河田智子部長、部員24人)は1日、特別養護老人ホーム・レインボーハイツ(石丸司施設長、入所者50人、網走市呼人)でミニコンサート開催。
2003. 3. 2「網走市まちづくり推進住民会議」の全体会議(主催・網走市町内会連合会(佐藤和夫会長))=2日、網走市民会館。
2003. 3. 2「第6回耳の日の集い」(主催・同実行委員会、森井良明委員長)=2日、網走市総合福祉センター。
2003. 3. 2自衛隊入隊予定者激励会(主催・同実行委員会、前田克幸委員長)=2日、網走セントラルホテル。
2003. 3. 2網走アイスホッケー少年団「ノーススターズ」のAチーム(林幸一監督、選手7人)は2日、釧路市で開かれた「スケートハウス杯争奪六地区対抗ちびっこアイスホッケー大会」で優勝。
2003. 3. 3網走公共職業安定所(小路加寸男所長)は、庁舎改修工事が終わり3日から新庁舎での業務を再開。
2003. 3. 3女満別町の土木・運送業「わかやま」(若山則勝社長、資本金2千万円)は3日、釧路地裁網走支部に自己破産を申し立て。負債総額は、5億4,400万円〜5億4,500万円。
2003. 3. 4網走市議会第一回定例会(会期・4日〜20日までの17日間)。
2003. 3. 5今年の毛ガニかご漁の配分量を決める、網走管内毛ガニ漁業対策協議会の総会が5日留辺蘂町で開催。網走漁業協同組合(5隻)の配分量は、一隻当り17トン、合計85トン。昨年に比べ、2.5トン減。
2003. 3. 5網走市寿大学(学長・三原平網走市教育委員会教育長)の卒業、修了式=5日、エコーセンター。
2003. 3. 5道国土緑化推進委員会網走支部(支部長・大場脩網走市長)は5日、網走支庁で第22回総会を開き、支部解散と(社)北海道国土緑化推進委員会(本部)からの退会を決める。
2003. 3. 55日開催の網走市森林組合の理事会で、新組合長に安達錠一(72歳)理事を互選。
2003. 3. 7平成14年度網走市少年少女スポーツ賞授賞式(主催・網走桂ライオンズクラブ(吉本孝会長、会員64人))〜受賞者15人、3団体=7日、網走セントラルホテル。
2003. 3. 7北海道老人大学網走校(校長・大場脩網走市長)の卒業式=7日、ホテルサンパーク。
2003. 3. 7網走支庁管内出身の首都圏在住者らでつくる「オホーツク圏ふるさと会連合会」の設立総会。連合会長に辰野清隆・東京北見会会長が、同副会長に志村幸雄東京網走会会長が就任、17のふるさと会が参加=7日、東京・江東区の清澄庭園・大正記念館。
2003. 3. 8網走市立看護高等専修学校(橋本政明校長)の第22回卒業式と閉校式=8日、エコーセンター。
2003. 3. 8網走高校(斉藤悟校長)は8日、入試合格者314人を発表。
2003. 3. 8網走市武道振興会(島田光雄会長)の会長賞授与式=8日、網走セントラルホテル。
2003. 3. 8井上和夫・前常呂町長(72歳)は8日、肺炎のため網走市内の病院で死去。
2003. 3. 9第7回今井杯ミックスダブルスバトミントン大会(主催・網走バトミントン協会(今井正二会長))=9日、網走市総合体育館。
2003. 3. 99日付け報道によると、東亜リサーチ(本社・北見)がまとめた網走支庁管内の2002年1年間の個人の自己破産件数は432件で、前年より168件増。北見207件、網走56件、紋別42件、美幌30件の順。
2003. 3.10釧路地方法務局の美幌出張所と遠軽出張所は10日から、同法務局北見支局に統合。
2003. 3.10道警の10日付け異動で、熊谷一郎網走警察署長が道警本部刑事部参事官兼暴力団対策課長に転出、後任に岡田信彦・函館方面本部監察官室長(57歳)が発令。
2003. 3.1111日付け報道によると、女満別空港管理事務所のまとめた、2月の同空港の利用者数は89,727人で、前年同期に比べ1,941人、2%の増。
2003. 3.1111日付け報道によると、網走の女性短歌グループ「花砂丘の集ひ」(小路康子代表、会員20人)が、短歌集「花砂丘」第22集(A5版、80ページ)を発刊。
2003. 3.11北海道地方社会保険医療協議会は11日、医師名義を借りて診療報酬を不正受給していたとして、医療法人社団耕仁会の女満別シティー病院(曽我龍紀院長、網走支庁管内女満別町)に対する保険医療機関指定の取り消し処分を道社会保険事務局に答申。不正受給額は、約2億千万円。
2003. 3.12第49回写真道展・第20回学生写真道展網走移動展=12日〜30日まで、網走市立美術館。
2003. 3.12網走高等技術専門学院(太田公夫学院長)の修了式=12日、同学院。
2003. 3.1212日付け報道によると、網走教育局と網走管内教育委員会協議会(神山英紀会長)は、新しい網走管内教育推進計画「ふるさとオホーツクの明日を招く心豊かでたくましい人を育む」(A4判、110ページ)を策定し、管内の学校や教育委員会などに配布。
2003. 3.13網走保健所は13日、日本マクドナルド(株)網走店(中田歩店長、網走市駒場)を道認定の「栄養成分表示の店」に登録。網走支庁管内の登録第1号。
2003. 3.13網走刑務所に図書16冊寄贈=13日、網走オパール職親会(会長・土屋善治郎土屋工業社長、会員34事業所)。
2003. 3.1414日付け報道によると、網走市の友好都市、沖縄県糸満市(山里朝盛市長)との職員交流で、糸満市からの派遣職員が、伊敷茂雄(30歳、糸満市教育委員会指導部生涯学習振興課青少年センター勤務)に決まる。
2003. 3.14網走市内の6中学校が14日、一斉に卒業式。461人が卒業。
2003. 3.14全国農業協同組合連合会(全農)は14日、事業の総点検をした結果、全農の佐賀園芸販売所が、網走支庁管内訓子府町産のタマネギ約1トンを同管内斜里町産と表示して、九州の生協に販売していた例など、2,163件の問題点が見つかったと農水省に報告。
2003. 3.1515日付け報道によると、網走市水産品推奨普及検討委員会は、「網走の活き粋(い)き七珍」に、カラフトマス(愛称オホーツクサーモン)、キンキ、クジラ、スケソウダラ、ワカサギ、シラウオ、シジミを選定、網走ブランドの水産品に決める。
2003. 3.154月に「網走市立西が丘小学校」として統合する二見ヶ岡小学校(近藤峰文校長、児童8人)が15日、閉校式。
2003. 3.16網走運転者部会(古田信喜会長、会員551人)の定期総会=16日、網走サイクリングターミナル。
2003. 3.16網走養護学校(遠藤秀雄校長)の第28回小学部卒業式と第8回高等部卒業式=16日、同校。
2003. 3.16日本相撲協会は16日、立行司、32代式守伊之助(62歳、本名・阿部正夫、上川支庁管内美瑛町出身)を来場所(夏場所)から横綱格の立行司、31代木村庄之助に昇格させると発表。また、三役格、木村咸喬(しげたか、62歳、本名・沢田郁也、網走市出身)が33代式守伊之助に昇格。
2003. 3.17道内公立高校の入試合格者が17日、発表。
2003. 3.17東京農業大学生物産業学部の卒業式と同大大学院生物産業学研究科の学位記授与式=17日、同学部。
2003. 3.17「単位互換制度」を新年度から導入する、網走支庁管内の北見工業大学、日赤北海道看護大学、北海学園北見大学、東京農業大学生物産業学部の4大学は17日、北見工業大学で「大学間単位互換協定」を締結。
2003. 3.17道警北見方面本部は17日、「北見方面統一地方選挙違反取締本部」を設置。
2003. 3.18西網走漁業協同組合(嶋田善一組合長、組合員73人)の第54回通常総会。通常総会後の理事会で、新組合長に山本孝二理事(53歳)を選出=18日、ホテル網走湖荘。
2003. 3.18道は18日、介護報酬を不正受給していた女満別シティー病院(曽我龍紀院長、網走支庁管内女満別町)に対し、介護療養型施設の指定取り消しを正式に決める。不正受給額は、1,165万円。
2003. 3.19網走市内の朗読ボランティア団体「声の図書館そよかぜ」(加藤舛江代表、会員13人)は19日、手作りの大型紙芝居「クジラのとれた日」(14画面)を網走市立図書館に寄贈。
2003. 3.19網走市社会福祉協議会に2万円を寄附=19日、網走地方技能士会(会長・添田軍次ソエダ塗装社長)。
2003. 3.20網走漁業協同組合(山田邦雄組合長、組合員267人)の第54回通常総会=20日、網走セントラルホテル。
2003. 3.20網走市議会は20日、閉館したオホーツク水族館への貸付金1億5,000万円の返済免除にかかる2議案を原案通り可決。
2003. 3.2020日付け報道によると、十割そば製めん機「生粉打ち名人」を開発した「オホーツク物流」(菅野衛治社長、網走市)は、本年度の北海道新技術・新製品開発賞の奨励賞を受賞。
2003. 3.20政府は20日の閣議で、同日付で第29代日銀総裁に福井俊彦・元日銀副総裁を、副総裁に武藤俊郎・前財務事務次官と岩田一政・前内閣府政策統括官をそれぞれ任命。
2003. 3.21網走漁業協同組合は21日、同漁協で新役員による理事会を開き、山田邦雄組合長ら役員を再任。
2003. 3.21絹糸と紙コップを使った演奏会「ストリングラフィー・アンサンブル」(主催・網走おやこ劇場)=21日、網走勤労者体育センター。
2003. 3.23市営網走レークビュースキー場は23日、今シーズンの営業を終了。
2003. 3.2323日付け報道によると、網走公共職業安定所がまとめた、2月末現在の新規高卒者の就職内定率は、74.0%で前年同期比2.9ポイントの減。
2003. 3.23第23回福木杯争奪卓球大会(主催・網走卓球協会(福木通会長))=23日、網走市総合体育館。
2003. 3.24国土交通省は24日、今年1月1日現在の公示地価を発表。網走市の住宅地3地点のうち北9条西2丁目ノ4が前年比2.9%減、商業地2点のうち南4条西1丁目9ノ3外が同13.8%減で、他の調査地点は変動無し。
2003. 3.24政府の地震調査委員会は24日、十勝沖〜択捉島沖の千島海溝沿いで発生する海溝型地震の発生確率の長期的な評価を公表。十勝沖で今後30年以内にマグニチュード(M)8クラスの地震が起きる確立は60%程度、またM7クラスの地震では、十勝沖〜択捉島沖の全海域で80%以上。
2003. 3.25更生保護法人網走慈恵院(渡邊昌史施設長)に10万円寄附=25日、網走オパール職親会(会長・土屋善治郎土屋工業社長、会員34事業所)。
2003. 3.26呼人コミュニティセンター(同センター運営委員会、斉藤正義委員長)に車椅子2台(11万円相当)を寄贈=26日、北海道共同募金会網走市支会(佐藤和夫支会長)。
2003. 3.26「子どもフェスティバル」(主催・網走市教育委員会)=26日、エコーセンター。
2003. 3.26厚生労働省が2003年1〜2月に実施した調査で、路上生活者(ホームレス)は全国で25,296人と、2001年の前回調査より1,206人(約5%)増えていることが26日判明。
2003. 3.27網走地区消防組合消防本部(吉田智彰消防長)の消防緊急通信指令システム更新完成式=27日、同本部。
2003. 3.27「網走刑務所増改築要望期成会」(会長・津嘉田栄正網走商工会議所会頭)の設立総会〜参加団体・網走漁業協同組合、西網走漁業協同組合、オホーツク網走農業協同組合、網走市観光協会、網走建設クラブ、網走中央商店街振興組合、日専連網走、網走商工会議所の経済8団体=27日、網走セントラルホテル。
2003. 3.27「第24回全日本リコーダーコンテスト」で、網走市立第五中学校(中村潔校長)の音楽部(顧問山田環教諭)の5人が「合唱風五重奏曲」を演奏し、金賞を受賞=27日、東京。
2003. 3.27東京農業大学生物生産学部(酒井惇一学部長)は、環境管理の国際規格「国際標準化機構(ISO)14001」の認証を、27日付けで取得。
2003. 3.27清水晶子・北海道植物画協会長(網走市)は、「草花との出逢い〜しみずあきこ・うすいひろしげ〜植物画の世界展」を開催=27日〜5月11日まで、夕張市美術館。
2003. 3.28網走商工会議所(津嘉田栄正会頭)の通常議員総会=28日、網走セントラルホテル。
2003. 3.28網走市に新入学児童の交通安全用ランドセルカバー350枚寄贈=28日、網走桂ライオンズクラブ(吉本孝会長、会員64人)。
2003. 3.28ケアサービスはまなす(有)(本間美智子代表、網走市)は28日、道から社会福祉法人「緑明会」の認可を受ける。
2003. 3.28北海道エアシステム(HAC)の就航5周年記念パーティー=28日、北見東急イン。
2003. 3.28総務省が28日発表した労働力調査(季節調整値)によると、2月の完全失業率は5.2%で、前月より0.3ポイント改善。完全失業者数は、349万人。
2003. 3.29網走市と網走市体育協会(前田敏彦会長)の網走市スポーツ賞表彰式〜受賞者11人、3団体=29日、網走セントラルホテル。
2003. 3.29網走医師会(大平啓二会長、会員77人)の定期総会=29日、網走セントラルホテル。
2003. 3.2929日付け報道によると、網走歌人会(松田義久会長)は、年刊歌集「氷花」第33号(A5版、87ページ)を発刊。
2003. 3.30道東観光開発(株)の流氷観光砕氷船「おーろら」と「おーろら2」(定員各450人)の乗客が30日、20万人の大台を突破。
2003. 3.3030日付け報道によると、北見の東亜リサーチがとりまとめた、網走、北見、紋別の3税務署が2002年(1〜12月期決算)に公示した高額所得法人(所得公示額4,000万円以上)数は165社(対前年比22社減)で、網走70社(同3社増)、北見64社(同19社減)、紋別31社(同6社減)。
2003. 3.31網走市に200万円寄附=31日、網走市立卯原内小学校閉校協賛会(八巻幸男会長)。
2003. 3.31網走市は31日、協力企業の水谷水産工業(水谷敏朗社長)所属はえ縄漁船「第52万泰丸」(29トン)で、展示用等の流氷塊約500トンを採取、網走港第三埠頭に係留。
2003. 3.31道立北方民族博物館の岡田宏明館長は、体調不調のため任期満了まで3カ月を残して31日付で退任。
2003. 3.31網走支庁は31日、ホームページに「オホーツクツーリズムポータルサイト『あ・そ・ぶ』」を開設。
2003. 4. 1網走市は1日から、本庁舎1階入口の受付案内業務を課長職(参事含む)が担当。
2003. 4. 1網走市民プールが1日、冬季休業を終え再開。
2003. 4. 1網走勤労者体育センターが1日、網走市北コミュニティセンターに併合、コミセンのアリーナとなる。
2003. 4. 11日付け報道によると、網走市は、介護保険サービスを提供する市内事業者の情報をまとめた「あばしり介護マップ」を作成(A3判、2万部印刷)、4月上旬に全戸配布。
2003. 4. 1網走市は1日から、ごみ減量化と環境保全対策として、古着の拠点回収(市内9カ所)と食用天ぷら油の戸別収集をスタート。
2003. 4. 1網走バス(株)(國田充社長)は、1日から網走市内の主要病院を経由する「網走市内病院循環線」を新設運行。
2003. 4. 1女満別空港に1日、韓国チャーター便(乗客52人、大韓航空のB737-800型機)が乗り入れ。
2003. 4. 1日本航空(JAL)グループの女満別〜伊丹線が1日、就航。1日1往復(MD90型、166人乗)。
2003. 4. 1道立北方民族博物館長に1日付で、谷本一之・元北海道教育大学長が就任。
2003. 4. 1全国で1日、33の市町村が合併により11の新自治体が誕生。
2003. 4. 1総務省郵政事業庁から郵便、郵便貯金、簡易保険の三事業を引き継ぐ日本郵政公社(生田正治総裁、資本金1兆円、職員数280,504人)が1日、発足。
2003. 4. 1元秘書の金銭疑惑で辞任した大島理森前農林水産相の後任に1日、亀井善之元運輸相が就任。
2003. 4. 2網走市は2日、31日に採取した流氷塊を網走港第3埠頭に陸揚げ。
2003. 4. 2網走美容協会網走支部(五十嵐和敏支部長)の総会=2日、網走セントラルホテル。
2003. 4. 33日付け報道によると、網走市は転入市民のための「あばしりがいどぶっく(03年版)」(A4判、48ページ)を作成。
2003. 4. 33日付け報道によると、「網走ハーフマラソン」(主催・同実行委員会)を、本年から中止。
2003. 4. 44日告示された北海道議会議員選で、網走市(定数1)の鰹谷忠(52歳、無所属=民主党・連合推薦)が無投票で5選。
2003. 4. 4全道50選挙区(定数110人)で164人が立候補。うち12選挙区の18人が無投票当選。
2003. 4. 44日付け報道によると、網走市観光協会(柴崎正則会長)は、昭和57年(1982年)から続けてきた「天都山さくらまつり」を、今年から中止。
2003. 4. 4オホーツク網走農業協同組合(菊地稔組合長、正組合員650人)の通常総会=4日、ホテルサンパーク。
2003. 4. 44日付け報道によると、東京農業大学の進士五十八学長は、「庭園の島〜21世紀日本のまちづくりモデル〜ガーデンアイランド下蒲刈」(マルモ出版)を出版。
2003. 4. 5「有機性廃棄物リサイクル研究会」(代表・相馬尅之北海道大学農学部助教授)は、バイオエネルギー(堆肥熱)を活用した日本スワイン農場(本社・青森県百石町、所在・網走市豊郷)のビニールハウスで5日、栽培したホウレンソウ約120Kgを収穫。収穫したホウレンソウは、網走市内の福祉施設に寄贈。
2003. 4. 55日付け報道によると、網走商工会議所青年部の会長に、朝倉一好(朝倉商店)幹事長が就任。
2003. 4. 5網走港への海明け第一船、「シーウエイ」(ビヤチェスラブ・スチェラバチェンコ船長ら12人乗組み、1,582トン、カンボジア船籍)が5日、北洋材1,649立方メートルを積んで入港。
2003. 4. 6道東観光開発(株)の流氷観光砕氷船「おーろら」と「おーろら2」は6日、今季の運航を終了。乗船客数は、過去最多の203,244人(これまでの最多は、昨年の176,343人)。
2003. 4. 6オホーツク流氷館(柴崎正則館長、網走市天都山)は6日、流氷展示室の流氷約100トンを入れ替え。
2003. 4. 6網走パークゴルフ協会(米村喜昌会長)の定期総会=6日、網走サイクリングターミナル。
2003. 4. 7網走市西部の4小学校(卯原内、嘉多山、二見ヶ岡、能取)を統合して誕生した「網走市立西が丘小学校」(鈴木憲治校長、児童91人)の開校式と入学式=7日、同校体育館。
2003. 4. 9網走市の友好都市・沖縄県糸満市(山里朝盛市長)との職員交流で、糸満市から派遣された伊敷茂雄(30歳、糸満市教育委員会指導部生涯学習振興課青少年センター勤務)が9日着任、網走市役所で大場脩網走市長から辞令を受ける。網走市教育委員会教育部社会教育課社会教育係に配属。
2003. 4. 9網走市は観光名刺の台紙を、縦型・横型各6種類、20万枚をつくり、9日から希望者に無料で配布。
2003. 4. 9網走市寿大学(学長・三原平教育長)の入学式と始業式=9日、エコーセンター。
2003. 4. 9網走市は9日、消費生活モニターを6人委嘱。
2003. 4. 9札幌管区気象台は9日、北海道地方の1回目の桜開花予想を発表。網走の開花予想は「5月14日」で、平年より1日、昨年より15日遅い。
2003. 4.10東京農業大学生物産業学部(酒井淳一学部長)388人と大学院前後期課程22人の入学式=10日、同学部。
2003. 4.1010日付け報道によると、医療法人社団耕仁会・女満別シティー病院(曽我龍紀院長、網走支庁管内女満別町)が、医師の名義借りによる診療報酬不正受給で保険医療機関の指定を取り消される問題で、同病院に勤務する前田隆志医師(48歳)が経営を引き継ぐことが決まる。新病院は「女満別中央病院」として、21日に開業予定。
2003. 4.11JR網走駅(墨谷勝美駅長)は11日、網走警察署等とともにJR石北線大曲通り踏切で「踏切事故防止」キャンペーンを実施。
2003. 4.13北海道知事選で高橋はるみ(49歳、無所属=自民・保守新党推薦、公明党支持)が798,317票を獲得、他の8候補を抑え、初当選。道知事選の投票率は、網走市55.95%(前回53.66)、網走支庁管内67.11%(同66.07)、全道61.81%(同63.73)。7人が立候補した札幌市長選は、法定得票数(有効投票数の4分の1)を得た候補者が無く、再選挙。
2003. 4.14北見市公設地方卸売市場を運営する北見魚菜卸売市場(株)(本社・北見、奥寺利行社長)は14日、釧路地裁北見支部に民事再生法の適用を申請、財産の保全決定を受ける。負債総額は、134億円。
2003. 4.14民間信用調査会社の帝国データバンクは14日、2002年度の全国企業倒産件数は18,928件(前年度比5.6%減)、倒産企業の負債額は13兆3,099億9,300万円(同17.5%減)と発表。
2003. 4.15網走地方気象台は28日、「網走の海明けは15日」と発表。平年より22日、昨年より37日遅い。
2003. 4.15網走地方高等職業訓練校(塩川裕昭校長)の第43期修了式と第46期入学式=15日、同校。
2003. 4.15女満別町議会は15日、臨時会を開き、女満別シティー病院を引き継ぎ、21日に開業予定の女満別中央病院(前田隆志院長)に対して、町が病院の敷地や医師住宅などを無償貸し付けする議案を全会一致で可決。
2003. 4.1616日付け報道によると、女満別空港管理事務所がまとめた同空港の平成14年度の総利用者数は、106万6,693人(不定期便4,636人含む)で、前年度比1,340人、0.1%減ったが、6年連続100万人達成。道内空港では、新千歳、函館、旭川空港についで第4位。
2003. 4.16紋別港第3埠頭地区に水深12メートル岸壁が完成、16日同埠頭で完成式典。
2003. 4.16札幌管区気象台は16日、北海道地方の2回目の桜開花予想を発表。網走の開花予想は、前回9日の1回目発表と変わらず「5月14日」。
2003. 4.17網走市交通安全推進委員会(会長・大場脩網走市長)は、網走市シルバー交通安全協力員80人を委嘱=17日、網走市サイクリングターミナル。
2003. 4.1717日付け報道によると、網走公共職業安定所がまとめた、この春卒業した高校生の就職者数は3月末現在で122人、就職率は87.1%で前年同期比0.5%増。
2003. 4.17政府は17日、地域限定で規制を緩和する「構造改革特区」の第一弾に57件を認定、正式公表。北海道では、小樽、石狩の両市と石狩港新港管理組合が共同申請した「港湾物流特区」の1件。
2003. 4.18北見市公設地方卸売市場を運営する北見魚菜卸売市場(株)(本社・北見)が民事再生法の適用を申請した問題で、北見市と旭一旭川地方卸売市場(株)(同・旭川、中川竹志社長)は18日、旭一が設立する新会社が業務を引き継ぐことで合意したと発表。22日から、旭一が暫定的に業務を受け継ぐ。
2003. 4.18島田建設(株)(島田謹吾社長)の職員は18日、網走港内や周辺路上を清掃奉仕。
2003. 4.18道老人大学網走校(校長・大場脩網走市長)の第8期生入学式=18日、ホテルサンパーク。
2003. 4.18子供国際交流体験「イースター・パーティー」(主催・網走市教育委員会)=18日、エコーセンター。
2003. 4.19土屋工業(株)(土屋善治郎社長)の職員は19日、網走市向陽ケ丘の市道沿いを清掃奉仕。
2003. 4.20第15回統一地方選後半戦の市長、市議選が20日、告示。網走市では、市議選(定数22)のみで24人が立候補。
2003. 4.20網走市町内会連合会(佐藤和夫会長)の総会=20日、網走市総合福祉センター。
2003. 4.20第52回四條公祭感謝祭(主催・網走料理研究生信会、北海道日本料理研究会網走支部、日本調理師協会)=20日、ホテルサンパーク。
2003. 4.21流氷の影響で出漁が遅れていた毛ガニかご漁が網走でもスタート。網走漁業協同組合所属の全5隻が21日、網走漁協前岸壁に約700Kgを初水揚げ。昨年の4月1日より20日遅い。
2003. 4.21網走消費者協会(小路康子会長、正会員334人、賛助会員54人)の定期総会=21日、網走女性センター。
2003. 4.21道は、医療法人社団耕仁会女満別シティー病院(渋谷努理事長、女満別町西4条4)の指定介護療養型医療施設の指定(82)を、21日付けで取り消す。
2003. 4.21女満別シティー病院の経営を引き継いだ「女満別中央病院」(前田隆志院長、82床)が21日、開業。
2003. 4.22町村長、町村議員選が22日、告示。網走支庁管内では、9町村の首長選と20町村の町村議員選のうち、首長選で東藻琴村の小島忠和(68歳、無所属・2選)、美幌町の大庭康二(53歳、同・2選)、斜里町の午来昌(66歳、同・5選)、清里町の橋場博(63歳、同・3選)、訓子府町の深見定雄(62歳、同・4選)、留辺蘂町の南川健次郎(57歳、同・2選)、滝上町の沢田詮一(71歳、同・2選)の7人が無投票当選。町村議員選で端野町、斜里町、小清水町、東藻琴村、滝上町、雄武町、西興部村、上湧別町、丸瀬布町の9町村議員が無投票当選。
2003. 4.23札幌管区気象台は23日、北海道地方の3回目の桜開花予想を発表。網走の開花予想は「5月12日」で、前回より2日早まる。平年より1日早く、昨年より13日遅い。
2003. 4.24網走北交ハイヤー(株)(若松孝至社長)=今年4月1日に北海道交通網走支店から名称変更し独立=の職員は24日、網走市能取岬周辺を清掃奉仕。
2003. 4.24網走市老人クラブ連合会(遠藤幸次郎会長)の定期総会=24日、エコーセンター。
2003. 4.25網走市観光推進協議会(柴崎正則会長)は25日、網走湖呼人湖畔周辺を清掃奉仕。
2003. 4.25総務省が25日発表した労働力調査によると、道内の1〜3月の完全失業率は、昨年同期より0.9ポイント上回る8.1%(全国5.5%)で、過去最悪となる。
2003. 4.25上記労働力調査による全国の2002年度平均完全失業率は、5.4%で01年度平均を0.2ポイント上回り、過去最悪となる。上記労働力調査による全国の3月の完全失業率(季節調整値)は、5.4%(前月より0.2ポイント上昇)で完全失業者数は384万人(同5万人増)。
2003. 4.26網走ボート協会(山本陽三会長)の初こぎ=26日、網走市大曲の網走川。
2003. 4.26第48回網走管内フォークダンス大会(主催・網走管内フォークダンス連合会(藤原和夫会長)、主管・網走フォークダンスクラブ(板垣實会長))=26日〜27日まで、ソレイユ網走。
2003. 4.27網走市議会議員選(定数22)の結果は、得票順に山田庫司郎(51歳、民主党、2選)、佐藤伸弥(30歳、無所属、初)、水谷洋一(40歳、無所属、2選)、小田部善治(62歳、無所属、4選)、奥出宣勝(61歳、民主党、8選)、佐々木玲子(48歳、公明党、2選)、松浦敏司(50歳、共産党、2選)、高谷弘志(50歳、無所属、初)、宮川隆昌(56歳、無所属、6選)、高橋政行(53歳、公明党、初)、大崎清茂(56歳、民主党、5選)、木下良美(55歳、無所属、4選)、小西睦雄(58歳、自民党、3選)、谷村尚祐(29歳、無所属、2選)、岡本俊行(52歳、無所属、2選)、空英雄(58歳、無所属、6選)、鈴木修(58歳、無所属、4選)、菅原弘一(58歳、無所属、2選)、成田公義(64歳、無所属、2選)、工藤英治(61歳、無所属、6選)、伊藤正範(50歳、無所属、初)、飯田敏勝(58歳、共産党、2選)の22人が当選。投票率は、72.17%。
2003. 4.27網走支庁管内の首長選では、北見市は神田孝次(51歳、無所属、2選)、遠軽町は北川健司(68歳、無所属、3選)、興部町は硲一寿(45歳、無所属、初)が当選。
2003. 4.28網走地方気象台は5月2日、「網走の流氷終日は、28日だった」と発表。平年より12日遅く、昨年より34日遅い。
2003. 4.28(株)美幌地方卸売市場(那須尭雄社長)は28日、釧路地裁北見支部に民事再生法の適用を申請。負債総額は、約5億5千万円。民事再生法の適用を申請し、実質破綻した北見魚菜卸売市場(株)(本社・北見)関連の破綻は、3件目。
2003. 4.28網走ホテル旅館組合は総会を開き役員を改選。浅利清一(ホテル網走湖荘)理事長が勇退し、新理事長に佐々木英樹(網走ロイヤルホテル)が選出
2003. 4.28クリオネ通り加盟店会(金安勝利会長、加盟19店)は28日、クリオネ通りを清掃奉仕。
2003. 4.30森山真弓法相は30日、網走刑務所(池田英仁所長、定員735人)を視察。
2003. 5. 1第74回網走市メーデー大会(主催・連合北海道網走地区連合、野崎仁実行委員長)=1日、エコーセンター〜市中パレード〜エコーセンター。
2003. 5. 1北見魚菜卸売市場(株)(本社・北見、奥寺利行社長)は1日、民事再生法の適用を断念し、釧路地裁北見支部に自己破産を申請、即日破産決定を受ける。
2003. 5. 1北見市公設地方卸売市場を新たに運営する「(株)マルキタ(本社・北見、中川竹志社長)」が1日、営業を開始。
2003. 5. 3第8回網走クロスカントリー大会(主催・オホーツク陸上競技協会(山内郁夫会長))=3日、道立オホーツク公園てんとらんど外周コース。
2003. 5. 44日付け報道によると、網走市立図書館に「網走のご当地ソングのうち38曲」を収めたCD13枚、カセットテープ23本、レコード4枚を寄贈=堀田温夫(網走市)。
2003. 5. 8知的障害者更生施設「サンライズ・ヨピト」(福澤佳之施設長、網走市呼人)に普通用と入浴用の車椅子計2台(約12万円相当)を寄贈=8日、網走市赤十字奉仕団(古川悦子委員長、会員206人)。
2003. 5. 88日付け報道によると、柴幸夫(絵画グループ「潮」(横川正美代表)メンバー、網走市駒場)は、「柴幸夫作品集」(14×22.5センチ、カラー印刷、14ページ)を発刊。
2003. 5. 8第一管区海上保安部は8日、今シーズンの流氷情報センターを閉所。
2003. 5.1010日付け報道によると、網走市がまとめた02年度の観光客入込み客数は、197万人(前年度比1.1%減)、宿泊数は599千人(3.8%増)。
2003. 5.10網走市観光協会(柴崎正則会長)は10日、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の緊急対策会議を市内ホテルで開催。
2003. 5.10網走地方気象台は10日、網走での桜の開花を宣言。昨年より11日遅く、平年より3日早い。
2003. 5.11春の全国交通安全運動(11日〜20日の10日間)。
2003. 5.12網走市と網走漁業協同組合(山田邦雄組合長)は12日、名古屋市内の料理店で、網走産釣りキンキ(メンメ)の消費拡大のためのキンキ料理試食会を開き、仲買人や企業関係者ら50人に食材PR。
2003. 5.12破綻した北見魚菜卸売市場(株)(本社・北見)の置戸、留辺蘂両分場の業務を引き継ぐ、(株)置戸地区卸売市場(鈴木進社長(置戸町商工会長)、本社・置戸)が12日、卸売業務を開始。
2003. 5.13北見市議会は13日、道交法違反(酒気帯び運転)で現行犯逮捕された市議(59歳)に対する議員辞職勧告決議案を、賛成多数で可決。
2003. 5.14網走市議会第一回臨時会(会期:14日〜15日の2日間)。
2003. 5.14網走市議会(定数22)は14日、正副議長選挙を行い、議長選挙では投票の結果、宮川隆昌(56歳、平成会、6期)と工藤英治(61歳、会派大地、6期)が11票の同数となり、くじによる抽選で宮川隆昌が議長に選出。副議長には、大崎清茂(56歳、民主市民ネット、5期)を選出。
2003. 5.14網走支庁管内遠軽町、生田原町、丸瀬布町、白滝村の4町村長は14日、遠軽町役場で合併法定協議会設置の協議書に調印、協議会が発足。会長に北川健司遠軽町長が就任。
2003. 5.14オホーツクライン観光開発推進協議会(会長・赤井邦男紋別市長)の総会=14日、紋別市内ホテル。
2003. 5.1115日付け報道によると、女満別空港管理事務所のまとめた、同空港の4月の利用者数は56,270人で前年同期比、5,719人、9%減。
2003. 5.17網走市の「網走市リユース展示フェア」=17日〜18日まで、網走市サイクリングターミナル。
2003. 5.17北杜設計(土屋修一社長、社員26人)は17日、道道大観山公園線を清掃奉仕。
2003. 5.17網走地区交通安全協会(羽山廣明会長)の総会=17日、エコーセンター。
2003. 5.18第40回網走地方陸上競技記録会で、網走市立第五中学校3年生が中学校男子棒高跳びで4m01クリア、北海道記録を更新=17日〜18日の2日間、網走市営陸上競技場。
2003. 5.18網走市国土緑化推進委員会(会長・大場脩網走市長)は18日、「こまば木のひろば」で市民記念植樹。
2003. 5.18東京農業大学生物産業学部のホッケー部(青山秀隆監督、部員15人)は「道学生ホッケー春季大会兼全日本学生ホッケー王座決定戦北海道予選会」で優勝=17日〜18日の2日間、江別市野幌運動公園ホッケー場。
2003. 5.18天理教網走組(新川正人組長)は18日、駒場公園を清掃奉仕。
2003. 5.19北海道SARS対策行動計画説明会(網走保健所主催)=19日、網走支庁。
2003. 5.19知的障害者更生施設「サンライズ・ヨピト」にパークゴルフクラブ30セット(75万円相当)寄付=19日、米村喜昌(76歳、網走パークゴルフ協会会長)。
2003. 5.20網走支庁管内総合開発期成会(会長・大場脩網走市長)の定期総会=20日、北見・ビッツアークホテル。
2003. 5.20釧路地裁北見支部は20日、民事再生法の適用を申請していた(株)美幌地方卸売市場(那須尭雄社長)に対し、再生手続き開始を決定。
2003. 5.22日専連網走(阿部恵一理事長、組合員71人)の通常総会=22日、網走まるせん会館。
2003. 5.22網走地方法人会(丸田誠副会長、会員1,090社)の通常総会、不在の会長に丸田誠副会長を選出=22日、ホテルサンパーク。
2003. 5.2222日付け報道によると、屋中京子(55歳)は、初の短歌集「オホーツクブルー」(B6版213ページ)を発刊。
2003. 5.23網走地方食品衛生協会(深井勝男会長)の定期総会=23日、網走セントラルホテル。
2003. 5.23網走警察署少年補導員連絡協議会(高松菊男会長)の総会=23日、網走警察署。
2003. 5.23網走開発建設部と網走市は23日、網走川の中央橋(白鳥樋門)から上流右岸の、遊漁船などの不法係留ロープを撤去。
2003. 5.23北海道銀行(本店・札幌)と北陸銀行(同・富山市)は23日、両行が2004年度中に持ち株会社方式で経営統合すると正式発表。
2003. 5.24第46回網走市植樹祭(主催、網走市国土緑化推進委員会(委員長・大場脩網走市長)、網走支庁、網走南部森林管理署)=24日、網走市天都山245のさくら公園隣の市有地。
2003. 5.2424日付け報道によると、網走市は、03年度網走市予算の概要冊子「あばしりことしのまちづくり」(A4版24ページ)を2万部作成し、全戸に配布。
2003. 5.24網走郵便局(口田光男局長)の職員は24日、網走市天都山入り口から道立北方民族博物館までの道道大観山公園線を清掃奉仕。
2003. 5.25網走市と網走市観光協会は25日から28日まで、韓国で観光プロモーション。
2003. 5.26網走地区消防組合消防署に消防指令車(約250万円相当)を寄付=26日、網走ライオンズクラブ(添田軍次会長、会員54人)。
2003. 5.26網走市と網走南ヶ丘高校に各50万円、計100万円を寄付=26日、泊福子(網走市)。
2003. 5.26世界遺産条約に基づく、世界自然遺産登録の候補地選定を進めてきた環境省と林野庁の検討会(座長・岩槻邦男放送大学教授)は26日、最終選考に残った19カ所の中から知床(北海道)、琉球諸島(鹿児島県、沖縄県)、小笠原諸島(東京都)の3カ所を選定。
2003. 5.26網走市営美岬牧場(網走市美岬)が26日、本年度の放牧を開始。
2003. 5.27SARS研修会(主催・道ホテル旅館業連絡協議会)=27日、網走支庁。
2003. 5.27常呂町の臨時町議会は27日、公職選挙法違反(供応接待)容疑で逮捕された町議会議長(69歳)の議長辞職勧告決議案を全会一致で可決。
2003. 5.28網走支庁管内観光連盟の千田多津枝主任(網走市)は、日本観光協会北海道支部(大森義弘支部長)の第40回通常総会の席上、観光事業功労者として北海道支部長表彰を受ける=28日、旭川市・旭川ターミナルホテル。
2003. 5.28網走人権擁護委員協議会(阿部一二会長)は28日、網走市立呼人小学校(金石稔校長、児童62人)に「人権の花」としてマリーゴールド 、アリッサム、サルビア、パンジーの苗、480株を寄贈。
2003. 5.29網走中央商店街振興組合(須藤武夫理事長、組合員73人)の通常総会=29日、網走まるせん会館。
2003. 5.29網走市シルバー人材センター(高松菊男理事長、会員270人)の通常総会、役員改選で新理事長に舟生格次郎副理事長(86歳)を選出=29日、ソレイユ網走。
2003. 5.29網走中央商店街振興組合、網走商工会議所、網走市の三者は29日、apt-4に設置のベンチ36脚を塗装。
2003. 5.29オホーツク物産振興協議会(会長・太田敏夫網走支庁長)の総会=29日、網走保健所会議室。
2003. 5.3030日付け報道によると、彫刻家仲間智登志(42歳、網走市)は、「オホーツク圏沖縄会」を発足。
2003. 5.30網走地区安全運転管理者協議会(宮川隆昌会長、会員248事業所)の総会=30日、網走観光ホテル。
2003. 5.30網走市立西が丘小学校(鈴木憲治校長、児童91人)は30日、校下の嘉多山、能取、二見ヶ岡地区を清掃奉仕。
2003. 5.30網走消費者協会(小路康子会長)は30日、網走市内の大型店(ラルズマート、スーパー三和北4条店、CITYあばしり、マジィあばしり)前で、悪徳商法注意の街頭啓発。
2003. 5.30網走保健所は30日、今年初めての食中毒警報を発令。
2003. 5.30総務省が30日発表した労働力調査(季節調整値)による4月の完全失業率は、前月と同じ5.4%。完全失業者数は、385万人。
2003. 5.31北欧3カ国視察(大場脩網走市長のほか市職員2人、市議会議員5人、公募の市民8人の計16人が参加)=31日〜6月8日までの9日間、フィンランド、スウェーデン、デンマークの3カ国を訪問。
2003. 5.31網走市シルバー人材センター(舟生格次郎理事長)は31日、網走川右岸の中央橋から北海ホテル裏までの遊歩道約300mを除草奉仕。
2003. 5.31網走市内の「桜十士会」(山前良一代表幹事、会員10人)は31日、網走市錦町の車止内川右岸緑地に環境美化運動の一環として、エゾヤマザクラの苗木30本を植樹。
2003. 5.31網走信用金庫(津嘉田栄正理事長)の職員は31日、網走市明治入り口から二ツ岩までの海岸や道路沿いを清掃奉仕。
2003. 5.31網走南ヶ丘高校女子バレー部(松尾隆監督、部員16人)は、「高体連北見支部高校バレーボール選手権大会兼道高校バレーボール選手権大会北見支部予選会」で優勝、全道大会への出場を決める。
2003. 6. 1任期満了に伴う網走支庁管内女満別町長選は1日、投開票が行われ、新人の山下英二(43歳、無所属、前町企画財政係長)が、同じく新人の谷本二郎(63歳、無所属、前町住民福祉課長)を大差で破って初当選。
2003. 6. 1第41回江差追分・第7回江差追分熟年全国大会道東地区予選大会(開催当番・江差追分会網走声友会支部(榎本弥惣七支部長))=1日、エコーセンター。
2003. 6. 1網走市指定管工事業協同組合(池端慎司理事長、組合員16社)は1日、網走市立北児童館(網走市北9条西4丁目)の給水施設の点検、補修奉仕。
2003. 6. 1網走市の「クリエート21」(時田博昭代表)は1日、中央橋の欄干に鉢植えのパンジー350鉢を飾り付け。
2003. 6. 2網走人権擁護委員協議会(阿部一二会長)と釧路地方法務局網走支局(清水勝則支局長)は2日、網走信用金庫本店前の十字街で人権擁護の街頭啓発。
2003. 6. 2修学旅行で来網の私立「順心女子学園高校」(久保田武校長、東京・麻布)2年生56人が2日、東京農業大学生物産業学部(酒井惇一学部長)で、動物たちとの触れ合いなど自然体験。
2003. 6. 4網走支庁が4日まとめた2002年度の網走支庁管内観光客入り込み数は、1,129万7,100人(前年度比0.9%、9万8,400人減)、宿泊客延べ数は233万3,800人(前年度比3.2%、7万8,100人減)。
2003. 6. 4網走支庁、網走海上保安署、網走市は4日、海や河川に廃水処理している網走市内の事業所施設の維持管理や排水の点検合同パトロール。
2003. 6. 5網走市観光協会(柴崎正則会長)の総会=5日、ホテルサンパーク。
2003. 6. 5道の1日付け人事異動で網走支庁長に発令された、毛利明雄・前水産林務部次長は5日、着任。太田敏夫・前網走支庁長は退職。
2003. 6. 5全日本美術協会(山内白葉代表、会員450人)の会員10人が5日来網、7日まで網走と知床をスケッチ旅行。
2003. 6. 5厚生労働省が5日発表した2002年の人口動態統計(概数)によると、昨年1年間に生まれた子供は115万3,866人で、出生率(合計特殊出生率)は1.32(北海道は1.22)と過去最低。結婚は75万7,331組、離婚は28万9,838組、死亡数は98万2,371人。
2003. 6. 6網走市立第二中学校(小北政信校長、生徒279人)は6日、総合的な学習の一環として、校下の9公園(あかしや、向陽ヶ丘、向陽ヶ丘第一、同第二、ふれあい、網走川左岸水の広場、ほくせい、緑町児童、中央)の清掃奉仕。
2003. 6. 8政令指定都市の市長選として初の再選挙となった札幌市長選挙は8日、投開票が行われ、新人の上田文雄(54歳、弁護士、無所属=市民ネットワーク推薦、民主・社民党支持)が初当選。
2003. 6. 9世界自然遺産候補地に選ばれた知床を抱える網走支庁管内斜里町民の代表らが9日、「知床の世界自然遺産登録をめざす斜里町民会議」(議長・土橋利文斜里町商工会長)を発足。
2003. 6.1010日付け報道によると、女満別空港管理事務所のまとめた、同空港の5月の利用者数は9万2,549人(前年同期比2%、1,605人増)。
2003. 6.10約660億円の債務超過を抱える道住宅供給公社(武田祐男理事長)は10日、債務減免を協議するため、特定調停法に基づく調停を札幌地裁に申し立て、受理される。
2003. 6.11「学校と企業のザックバラン懇談会」(道中小企業家同友会オホーツク支部共育・求人委員会(蓮井和裕委員長)主催)=11日、北見市内。
2003. 6.1111日付け報道によると、網走市の第三地区民生委員・児童委員協議会(新川正人会長、委員31人、担当地区:駒場、つくしヶ丘、潮見)は、20周年記念誌「これからも地域のために」(A4判122ページ)を発刊。
2003. 6.1212日付け報道によると、この夏網走市でスポーツ合宿するチームは、8種目36団体、1,344人。昨年は、9種目43団体、1,280人。
2003. 6.12第25回記念網走市書道連盟展(主催・網走市書道連盟(松橋素鶴会長))=12日〜15日まで、網走市立美術館。
2003. 6.13網走市教育委員会に小学校4年生用の社会科副読本「消防のしごと」500冊を寄贈=13日、網走消防後援会(渡辺正一会長)。
2003. 6.14「第16回でっかいどうオホーツクマーチ」(主催・同実行委員会)=14日〜19日まで、「ハッカの大地北見ツーデーマーチ」(14〜15日)、「女満別メルヘンツーデーマーチ」(16〜17日)、「オホーツクはまなすツーデーマーチ」(18〜19日)の3大会。
2003. 6.14網走南ヶ丘高校(菊池隆夫校長)吹奏楽局(牧野由佳局長、局員60人)の第32回定期演奏会=14日、網走市民会館。
2003. 6.14網走測量設計協会(島田昭三会長)の福利厚生委員会(山口俊行委員長)は14日、網走港新港地区の緑地にエゾヤマザクラの成木10本を植樹し、港湾管理者の網走市に寄付。
2003. 6.15阿部十良商店(水産加工業、本社・網走市南4条東6丁目、阿部洋一社長)は、15日までに会社を精算し、事後処理を弁護士に一任。負債総額は、約6億円。社員59人は、13日付けで全員解雇。
2003. 6.15網走歌謡アカデミー28周年・黒木靖男音楽活動45周年記念「オホーツク唄のフェスティバル」=15日、網走市民会館。
2003. 6.16高卒者地元就職促進協議会(網走支庁、網走公共職業安定所主催)=16日、網走高等技術専門学院。
2003. 6.16大型リゾート施設「アルファリゾート・トマム」(上川管内占冠村)の約6割を所有する不動産会社、関兵精麦(本社・仙台)は16日、東京地裁に民事再生法の適用を申請、財産保全命令を受ける。負債総額は、約674億円。
2003. 6.1717日付け報道によると、東京農業大学生物産業学部(網走)の桃木芳枝教授(62歳、植物生理学)は、人間の神経伝達にも関与する酵素アセチルコリンエステラーゼ(AChE)が、植物では高温下でも生育させる役割を果たしていることを突き止め、そのメカニズムの解明と、トウモロコシのAChEを作り出す遺伝子の塩基配列の解読に成功。
2003. 6.17網走警察署と同署管内(1市2町1村)で集配業務する9郵便局は17日、地域の安全確保を相互協力する「P(ポスト)&P(ポリス)セーフティネットワーク」の協定を締結。
2003. 6.17札幌交響楽団の第27回網走定期演奏会(主催・同実行委員会、北海道新聞社など)=17日、網走市民会館。
2003. 6.17網走市立図書館にサイン入り自著7冊を寄贈=17日、落語家・柳家花緑(31歳)。
2003. 6.18自主廃業した阿部十良商店(本社・網走市南4条東6丁目、阿部洋一社長)の離職者59人を対象にした職業説明会=18日、網走公共職業安定所。
2003. 6.18網走地区防犯協会(会長・大場脩網走市長)の総会=18日、網走市総合福祉センター。
2003. 6.18東京農業大学生物産業学部協力会(会長・津嘉田栄正網走商工会議所会頭)の総会=18日、網走セントラルホテル。
2003. 6.18グループ潮(横川正美代表)、草創会(川原田悠子代表)、楽描会(水野真吉代表)の第5回合同美術展=18日〜22日まで、網走市立美術館。
2003. 6.18網走市立養護老人ホーム「静湖園」(成田和義園長)の運動会=18日、同園グランド。
2003. 6.19網走支庁管内観光連盟(浅利清一会長)の通常総会=19日、佐呂間町・サロマ湖温泉ホテル緑館。
2003. 6.19第36回網走地区中学校陸上競技大会(大会長・山内洋志網走地区中体連会長)=19日〜20日まで、網走市営陸上競技場。
2003. 6.20網走信用金庫(津嘉田栄正理事長)の第78回通常総代会=20日、ホテル網走湖荘。
2003. 6.2121日付け報道によると、池端正人(56歳、網走市)は、小説「水の流れのように」(B6判、239ページ、文芸社・東京)を出版。
2003. 6.2121日付け報道によると、網走税務署は同署管内1市7町1村で、02年4月から03年3月を事業年度とする高額所得法人(申告所得金額が4千万円以上)を公表。トップは、前年度まで5年連続の島田建設に代わって、前年度3位の三崎産業(網走・三崎稔)。
2003. 6.22網走ライオンズクラブ(添田軍次会長)のチャーターナイト40周年記念式典=22日、ホテル網走湖荘。
2003. 6.22ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会(道陸上競技協会(勝木省三会長)など主催)=22日、網走市営陸上競技場。
2003. 6.24網走市議会第二回定例会(会期:24日〜7月2日までの9日間)。
2003. 6.24網走出身の陶芸家佐々木沙於吏(陶房卯月主宰、東京都小平市)が、「白磁・染付・赤絵の世界〜佐々木沙於吏陶芸展」を開催=24日〜30日まで、東京・新宿三越の美術ギャラリー。
2003. 6.24三井住友海上女子陸上部の鈴木秀夫監督と土佐礼子、渋井陽子両選手が24日、網走市役所に大場脩網走市長を表敬訪問。
2003. 6.2525日付け報道によると、IWC会議対策網走実行委員会(委員長・大場脩網走市長)は、組織名を「網走くじら協議会」(会長・大場脩網走市長)に改称。
2003. 6.25網走刑務所(池田英仁所長)受刑者の運動会=25日、同所グラウンド。
2003. 6.26第44回北線美術協会展(主催・北線美術協会(樋口昭弘会長))=26日〜29日まで、網走市立美術館。
2003. 6.26網走市の新産業創出研究・提言集団「あばしり政策塾」(コミュニティビジネス班11人〜リーダー・東京農業大学生物産業学部黒瀧秀久助教授、グリーンビジネス班6人〜同石堂典秀講師)のオリエンテーション=26日、東京農業大学生物産業学部。
2003. 6.28東京農業大学市民講座(主催・同講座運営委員会、委員長・永島俊夫同大生物産業学部教授)の開講式=28日、同大学生物産業学部。
2003. 6.29網走市役所野球部(林幸一監督、部員16人)は、第54回全国官公庁野球連盟北海道第3支部大会で優勝し、8月17日から東京・大田スタジアムで開かれる全国大会への出場を決める=28〜29の2日間、川上支庁管内比布町。
2003. 6.29東日本フェリー(本社・札幌、登記上の本店・函館)と関連4社は29日、会社更生法の適用を東京地裁に申請。負債額は、本体で約580億円、5社総額で約700億円。
2003. 6.30網走市に100万円寄付=30日、嘉多山カルシュウム工社(株)(嘉多山明社長)。
2003. 6.30環境相の諮問機関、中央環境審議会は30日、道内10ケ所の国立・国定公園を結ぶ長距離自然歩道「北海道自然歩道」の整備計画案を了承。
2003. 7. 1網走市は1日から9月20日まで、国指定の史跡「最寄貝塚」の本格的な発掘調査を52年ぶりに実施。本年度から2年計画。
2003. 7. 1宗谷・網走両支庁管内の14漁業協同組合と道漁連は1日までに、ホタテの価格低落に歯止めをかけるため、今季の漁期を、10月末(例年より約1カ月短縮)か、生産量の上限(28万トン)のいずれかに達した時点で操業を打ち切る方針を決める。
2003. 7. 1北見統計情報事務所は1日から、組織再編に伴い「北海道統計・情報事務所北見統計・情報センター」に改称。網走支庁管内の網走、紋別、遠軽出張所も「統計・情報センター」となる。
2003. 7. 1「第53回社会を明るくする運動」強調月間。網走市社明運動実施委員会(委員長・大場脩網走市長)は1日、網走信用金庫本店前十字街で街頭啓発。
2003. 7. 11日付け報道によると、網走市社会福祉協議会に、「ケーナ」(葦笛)自演の演奏集「麦のささやき」のCDを寄付=同協議会潮見十地区民生委員・笠谷俊一(54歳、網走工業(株)社長)。
2003. 7. 1網走ライオンズクラブの会長に、瀧川徹就任。任期は1日から1年間。
2003. 7. 1網走桂ライオンズクラブの会長に、竹内厚生就任。任期は1日から1年間。
2003. 7. 1国際ソロプチミスト網走の会長に、嘉多山傳子就任。任期は1日から1年間。
2003. 7. 2国民健康保険中央会(東京)は2日、02年度国保医療費の速報値を発表。北海道の1人当たり医療費は45万6,706円(前年度比1万2,095円、2.6%減)で、都道府県中2年連続トップ。全国平均の1人当たり医療費は、35万2,939円(前年度比2.2%減)。
2003. 7. 3網走市北連合町内会(嘉多山明会長、21町内会)は3日、市有地(網走市北10条西4丁目所在、0.7ヘクタール)を借りて造成した「北地区ショートパークゴルフ場」(福祉コース、18ホール)をオープン。
2003. 7. 3北見脳神経外科病院(北見市、高谷了院長、150床)と菊池記念病院(網走支庁管内遠軽町、梅田弘敏院長、99床)で医師の名義貸しによる診療報酬不正受給が3日、発覚。
2003. 7. 4「オホーツク圏デイケア交流会」(道立向陽ヶ丘病院、北見赤十字病院、端野病院共同行事)=4日、網走市北コミュニティーセンター。
2003. 7. 5オホーツク・ホーストレッキングin網走2003(主催・同実行委員会、高谷弘志委員長)=5日〜6日まで、網走市藻琴・網走原生牧場を主会場。
2003. 7. 6第85回全国高校野球選手権北・北海道大会北見支部予選は6日、北見市営球場で代表決定戦を行い、Aブロックは北見柏陽、Bブロックは網走南ヶ丘、Cブロックは雄武が支部代表に決定。18日に旭川スタルヒン球場で開幕する北大会に出場する。
2003. 7. 6国際パークゴルフ協会オホーツク支部(高橋守支部長)の第11回同支部パークゴルフ大会兼全日本パークゴルフ選手権大会オホーツク地区予選会(主管・網走パークゴルフ協会(米村喜昌会長))=6日、網走市のレイクサイドパークのとろ・パークゴルフ場。
2003. 7. 6「2003網走川祭」(主催・夢未来網走、川尻秀一代表)の噴水ライトアップが6日、網走川のエコーセンター前特設会場で始まる。
2003. 7. 7網走市立西小学校(松岡宏幸校長)の3・4年生は7日、「河川愛護月間」に協力して、網走川の新橋から鏡橋までの右岸を清掃奉仕。
2003. 7. 88日付け報道によると、女満別空港管理事務所のまとめた同空港の6月の利用者数は、11万742人で前年同期比1万3,149人、15%増。
2003. 7. 88日付報道によると、道がまとめた02年度の北海道各地を訪れた観光客は、5,090万人(前年度比32万人、0.6%減)。
2003. 7.10網走中央商店街振興組合(須藤武夫理事長、加盟94店)は10日、スタンプラリーを開始。応募期間は8月22日まで。
2003. 7.11北見脳神経外科病院(北見市、高谷了院長、150床)の診療報酬不正受給問題で、市民有志が11日、「北見脳神経外科病院を守る会」(鴨下公一代表)を発足。厚生労働省道社会保険事務局と北海道に対する、5万人目標の嘆願署名活動。
2003. 7.11「第22回インターナショナル・オホーツクサイクリング」(主催・同実行委員会、日本サイクリング協会、北海道新聞社)=11日〜13日まで、網走支庁管内雄武町〜斜里町までの212Kmコース。
2003. 7.11留萌支庁管内幌延町の北進地区で11日、核燃料サイクル開発機構(核燃機構)の深地層研究所「幌延深地層研究センター」の、建設着手。
2003. 7.11厚生労働省が11日発表した、02年簡易生命表による日本人の平均寿命は、女性が85.23歳、男性が78.32歳。
2003. 7.12JR釧網線・知床斜里〜網走駅間の季節限定列車「原生花園スタンディングトレイン」(二両編成)が12日から8月31日まで、毎日1往復運行。
2003. 7.12「オホーツク地域医療を考える会」(代表・種市幸二北見赤十字病院副院長)が12日、発足。
2003. 7.12北海道南西沖地震から10年。最大の被害がでた檜山支庁管内奥尻町で「奥尻島犠牲者10周年追悼式」。
2003. 7.13第58回国体軟式野球(成年)網走支部大会で、網走の「アンクルズ」が優勝し、8月1日から根室市で開催の全道大会に出場する=13日、網走市営野球場。
2003. 7.14網走市の「南部地区生きがいディサービス」が14日、浦士別集落センター内に開所(事業主体・網走市、運営主体・網走福祉協会)。
2003. 7.14網走市献血推進協議会(佐竹治久会長)の総会=14日、網走市保健センター。
2003. 7.15中国技術研修生を対象とする防災講習会(主催・網走国際交流協同組合、宮川隆昌組合長)=15日、網走地区消防組合消防本部。
2003. 7.15「網走港ポートウオッチング」(主催・網走開発建設部)=15日〜17日まで、網走港内。
2003. 7.1616日付け報道によると、クリオネ通り加盟店会(金安勝利会長、加盟20店)は、観光客向けの加盟店紹介リーフレット「あばしりで見つけたグルメの通」(ポケットサイズ、12ページ)の新版5千部発行。
2003. 7.17防犯活動功労者表彰(道警本部長、道防犯団体連合会長連名)を受けた田宮勝市(72歳)に17日、網走警察署で岡田信彦同署長から表彰状を伝達。
2003. 7.18夏の交通安全運動=18日〜27日までの10日間。
2003. 7.19「2003網走川祭」(主催・夢未来網走、川尻秀一代表)の本祭=19日、エコーセンター前の網走川左岸特設ステージ。
2003. 7.19第58回国民体育大会ボート競技北海道ブロック予選大会(主管・網走ボート協会、山本陽三会長)=19日〜20日まで、網走市呼人・網走湖ボートコース(1,000m)。
2003. 7.20「海の日」大感謝祭(主催・「海の日」感謝祭実行委員会)=20日、網走漁業協同組合荷捌き所。
2003. 7.20網走市は、市営レークビュースキー場第6コースを活用した「天都山花園」(約3万平方メートル、ボランティア団体で維持管理、網走市天都山所在)の花の見ごろにあわせ、20日から9月30日まで山頂ロッジを開放。
2003. 7.20「第21回北海道小学生陸上競技大会」(主催・道陸協など、主管・オホーツク陸協、山内邦夫会長)=20日、網走市営陸上競技場。
2003. 7.20第58回国民体育大会軟式野球(一般B)網走支部大会(主催・北海道軟式野球連盟網走支部)で、丸セ北網農産工業野球部(網走)が優勝し、8月21日から日高支庁管内浦河町などで開催の全道大会に出場する=19〜20の2日間、常呂町営野球場と津別町営共和野球場。
2003. 7.21第18回網走市民水泳大会(主催・網走水泳協会、島田昭三会長)=21日、網走市民プール。
2003. 7.21第5回ラクビーワールドカップ(10月にオーストラリアで開催)に出場する日本代表チーム(向井昭吾監督)が21日から24日まで、網走スポーツトレーニングフィールドで強化合宿。
2003. 7.22網走市は、分散していた水道部、経済部、水産港湾部、教育委員会、農業委員会を西庁舎(市役所本庁舎西隣の旧NTT網走事務所)に統合、22日から業務開始。
2003. 7.2222日付け報道によると、網走市観光協会(柴崎正則会長)は、毎年7月最終土曜日の夜に行ってきた「オロチョンの火祭り」を、共催の「オロチョンの火祭り伝承保存会」(会員6人)の会員が病気療養のため実行態勢を整えるのが難しくなったとして、急遽休止を決める。
2003. 7.22網走市区長会議(主催・網走市)=22日、エコーセンター。
2003. 7.22網走警察官友の会(宮川隆昌会長、会員100人)は22日、網走警察署前の花壇を整備。
2003. 7.23網走市交通安全協会(坂上金之会長)に交通安全旗165枚寄付=23日、網走ライオンズクラブ(滝川徹会長、会員51人)。
2003. 7.24第57回あばしりオホーツク夏まつり(主催・同実行委員会、須藤武夫委員長)=24日〜26日まで、メイン会場〜網走中央商店街apt-4歩行者天国「あったか網走・愛すランド」。
2003. 7.2424日付け報道によると、網走支庁がまとめた02年度のエゾシカによる管内の農業被害額は、5億2,960万円(前年度比約4,000万円減)、市町村別では、網走市が7,800万円(前年度比約1,700万円増)で最も多い。
2003. 7.24網走市に10万円寄付=24日、北海道綜合警備保障(株)(中村雅臣社長、本社・札幌、社員350人)。
2003. 7.24「反核平和の火リレー」(主催・反核平和の火リレー網走地区実行委員会、馬淵尚継委員長)歓迎集会=24日、網走市役所前。
2003. 7.24第16回チャリティー・ビアパーティ(主催・道立向陽ケ丘病院患者家族会、伊藤芳子会長代行)=24日、網走セントラルホテル。
2003. 7.25アルジュン・アディカリ(26歳、ネパール人、網走セントラルホテル勤務)が25日、ネパールを紹介する店「ナマステネパール」(網走市北2条東1丁目)をオープン。
2003. 7.25女満別空港と福岡空港を結ぶチャーター直行便(JTBや近畿日本ツーリストなど旅行会社が企画・商品化、JAS機・MD81・163人乗を使用)が25日到着。8月31日までの毎週金曜日と日曜日に12往復24便就航。
2003. 7.26第17回あおぞらフリーマーケット(主催・網走市、網走消費者協会)=26日、網走中央商店街apt・4歩行者天国。
2003. 7.26宮城県北部で26日未明から1日に、震度6強(マグニチュード6.2)と震度6弱(同5.5と5.3)の地震が3回発生。
2003. 7.27「オホーツク数学ワンダーランド」(開設・ジオマの会、東義真会長)がオープン=27日、旧網走市立嘉多山小学校。
2003. 7.27任期満了に伴う網走支庁管内常呂町長選は27日、投開票が行われ、現職の井原久敏(55歳、無所属)が、新人の元銀行支店長二俣正光(53歳、同)を破り、再選。
2003. 7.27網走港振興協議会「海の日」部会(部会長・鈴木雅宣網走市助役)の呼びかけで、市民ら約200人が27日、海岸町一帯の海岸を清掃奉仕。
2003. 7.28豪華客船「飛鳥」(小田武船長、2万8,856トン)入港歓迎式(主催・網走港振興協議会)=28日、網走港第4埠頭。8年連続10回目の入港。
2003. 7.28網走市で合宿中のNTT東日本・西日本のトライアスロン選手、中西真知子(26歳)は28日、青山剛コーチ(29歳)と網走市役所に大場脩網走市長を表敬訪問。
2003. 7.28厚生労働省が28日発表した、01年度の国民医療費は過去最高の31兆3,234億円(前年度比9,651億円、3.2%増)。国民一人当たりの医療費は、全体で24万6,100円(前年度比2.9%増)、65歳以上が67万3,200円、65歳未満が15万2,500円。
2003. 7.29網走地区消防組合消防署(草苅敏郎署長)の水難救助訓練=29日、網走港第3埠頭。
2003. 7.29東京農業大学生物産業学部チアリーダー部へビデオデッキ付きテレビ1台(約4万円相当)を寄贈=29日、同学部チアリーダー部後援会(柴崎正則会長、会員24人)。
2003. 7.29網走市青少年センターは29日、網走市内の民生児童委員や中学生の子供を持つ父母など8人を「一日指導員」に委嘱。
2003. 7.29総務省が29日発表した労働力調査による、全国の6月の完全失業率は5.3%(前月比、前年同月比ともに0.1ポイント改善)、完全失業者は361万人。北海道の4〜6月の完全失業率は6.2%(前年同期比0.6ポイント悪化)。
2003. 7.30「交通安全・社会を明るくする運動網走市民大会」(同実行委員会、委員長・大場脩網走市長)=30日、エコーセンター、市中パレードは雨天のため中止。
2003. 7.30網走出身の写真家、吉野和彦(1953年生まれ、東京在住)の写真展「TRANSITION」(主催・同実行委員会、成瀬則之委員長)=30日〜8月6日まで、エコーセンター。
2003. 7.30プロ野球の日本ハムファイターズ網走後援会の設立総会、会長に大場脩網走市長を選出=30日、エコーセンター。
2003. 7.31網走市の英会話指導員キャサリン・ドイカス(28歳)が31日、網走市役所に大場脩網走市長を訪ね退任挨拶。
2003. 7.31「サロマ湖・能取湖安全対策協議会」(会長・紋別海上保安部長)は31日、能取漁港二見ヶ岡地区で、プレジャーボートの海難事故を想定した捜索、救助訓練。
2003. 8. 1札幌国税局は1日、03年分の相続税、贈与税の算定基準となる土地の路線価(主要道路に面した1平方メートル当たりの土地の評価額)を発表。網走税務署管内の最高路線価は、網走市南4東1(南4条通り)の95千円(対前年比13.6%減)、北見同管内は、北見市大通西2(国道39号)の125千円(同10.7%減)、紋別同管内は、遠軽町大通南1(国道242号)の50千円(同5.7%減)。
2003. 8. 3網走市立郷土博物館特別展「桂ヶ岡の植物」=3日〜9月30日まで、同館。
2003. 8. 33日付け報道によると、釧路税関支署網走出張所がまとめた、03年上半期(1〜6月)の網走港の外国貿易は、輸出額4,400万円(前年同期比8.4%増)、輸入額11億7,100万円(同6.3%増)、合計12億1,500万円(同7.9%増)。入港隻数は135隻(同41隻、43.6%増)。
2003. 8. 4網走市優良勤労青少年表彰式(主催・網走市)〜一般表彰で但野正枝(23歳)が、技能表彰で仲村智宏(26歳)、上中屋敷博美(24歳)、本川竜也(23歳)、高橋広希(22歳)が受賞=4日、網走セントラルホテル。
2003. 8. 4東京農業大学生物産業学部(酒井惇一学部長)は、8月から9月まで網走市内外の20事業所で学生たちのインターンシップと初めて取り組む。網走市内は、4日からの網走市役所をはじめ14事業所で受け入れる。
2003. 8. 5環境省は5日、全国9番目の長距離自然歩道として「北海道自然歩道」の整備計画を決定。23路線、総延長4,585Km。本年度から10年計画で整備。
2003. 8. 6網走市教育委員会は6日、7月1日から実施している最寄貝塚の本格調査について、発掘状況を中間発表。
2003. 8. 66日付け報道によると、女満別空港管理事務所のまとめた7月の同空港の利用者数は、11万7,901人(前年同期比7,802人、7%増)。
2003. 8. 66日付け報道によると、網走海区漁業調整委員会による今年の秋サケ定置網の漁獲許容量は、オホーツク海区(宗谷を除く)で940万匹(前年比200万匹減)、網走漁業協同組合で249万9千匹(前年比44万6千匹減)。
2003. 8. 6向井昭吾・ラクビー日本代表監督(41歳)が6日、網走市役所に大場脩網走市長を表敬訪問。
2003. 8. 6東芝府中ラクビー部の田窪健次部長ら5人が6日、網走市役所に大場脩網走市長を表敬訪問。
2003. 8. 7網走市戦没者追悼式(主催・網走市)=7日、網走市新町・にいはら斎場。
2003. 8. 7網走市に写真作品「TRANSITION#168『TULIP2003』」(装丁額縁含め10万円相当)を寄付=7日、吉野和彦(網走市出身の写真家、東京都)。
2003. 8. 8網走市の英語指導助手、ケリー・アン・キーガン(23歳)が8日、網走市役所で大場脩網走市長に着任挨拶。
2003. 8. 8国土交通省は8日、網走支庁管内の「メルヘンの丘めまんべつ」(女満別町昭和)、「あいおい」(津別町相生)、「しらたき」(白滝村奥白滝)の3カ所を「道の駅」に追加登録。
2003. 8. 9横山寛・網走蒲鉾組合長(76歳(株)横山蒲鉾店社長)は9日、網走市内の病院で死去。
2003. 8.10網走感動朝市(主催・網走感動朝市協同組合、増田博組合長、加盟8店)=10日〜11月3日まで、網走市港町4(網走漁業協同組合裏)の特設会場。
2003. 8.11網走市の新しい英会話指導員、コリン・ギリス(26歳)が11日、網走市役所で大場脩網走市長に着任挨拶。
2003. 8.12網走市出身の日本画家、長谷川誠画伯(51歳、埼玉県)の個展「流転〜長谷川誠日本画展」=12日〜24日まで、網走市立美術館。
2003. 8.12「暴力追放啓発キャラバン」(北海道暴力追放センター北見支局、関本篤司支局長)が12日、網走市と網走警察署で暴力追放運動への協力要請。
2003. 8.13網走漁業協同組合は13日、今年の毛ガニかご漁の割当量を漁獲し、終漁。漁獲量85トン(前年度比2.9%増)、生産額1億2,106万円(同21.6%増)。
2003. 8.13第17回北線美術協会小品展(主催・北線美術協会、樋口昭弘会長、会員14人)=13日〜16日まで、エコーセンター。
2003. 8.14網走神社例大祭(14日〜16日まで)。
2003. 8.15網走市に日本画27点を寄付した、網走市出身の日本画家長谷川誠画伯(51歳、埼玉県)に15日、網走市から感謝状を贈呈。
2003. 8.1558回目の終戦記念日を迎えた15日、全国戦没者追悼式(政府主催)が東京都千代田区の日本武道館で営まれる。
2003. 8.17第46回東北海道弓道大会(主催・網走市弓道会、阿部一二会長)=17日、網走市総合体育館。
2003. 8.20網走刑務所(池田英仁所長)は20日、一日刑務所長に秋永智徳(80歳、大盛寺院首)を委嘱。
2003. 8.20網走市に絵本104冊・紙芝居50巻・紙芝居舞台1台(合計19万2,000円相当)を寄付=20日、(財)郵政互助会北海道地方本部(札幌市、坂口孝義本部長)。
2003. 8.20総務省は20日、住民基本台帳に基づく03年3月31日現在の人口動態調査結果を発表。総人口は、1億2,668万8,364人(前年比20万9,692人、0.17%増)。65歳以上の老年人口は、2,384万8,786人で総人口に占める割合は18.82%(前年18.25%)。15歳未満の年少人口は1,795万6,209人で14.17%(14.33%)。北海道の人口は、566万2,856人(前年比0.07%減)。
2003. 8.21網走支庁が21日発表した、台風10号による管内の農業被害は、常呂、佐呂間、津別3町で被害面積41ヘクタール、被害額3,900万円。
2003. 8.22コニカミノルタホールディングス(株)の岩居文雄社長が22日、網走市役所に大場脩網走市長を表敬訪問。
2003. 8.23網走ラクビーフェスティバル(主催・網走市スポーツ合宿実行委員会、会長・前田敏彦網走市体育協会会長)=23日、網走スポーツ・トレーニングフィールド。
2003. 8.23第4回ワクワクふれあい農業まつり(主催・JAオホーツク網走、菊池稔組合長)=23日、網走市・レイクサイドパークのとろ。
2003. 8.23東京農業大学生物産業学部(酒井惇一学部長)でオホーツクキャンパス見学会=23日〜24日まで、同キャンパス。
2003. 8.23第6回チャリティー24時間マラソンソフトボール大会(主催・網走ソフトボール協会、小島慶一会長)=23日〜24日まで、網走市営野球場。
2003. 8.24網走西ロータリークラブ(伊藤悟会長、会員51人)の30周年祈念式典=24日、網走セントラルホテル。
2003. 8.24「オホーツクサイクリングロード25Km個人タイムトライアル」(主管・網走サイクリング協会(岩川芳道会長)など)=24日、網走常呂自転車専用道路。
2003. 8.25住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)が25日本格稼働(二次稼働)。網走市の初日の住民基本台帳カード(住基カード)の交付は4人。網走市の希望者への住基カード発行手数料は500円。
2003. 8.26全国たまねぎサミット in KITAMI2003(主催・同実行委員会)=26日〜27日まで、北見市・北見芸術文化ホール。
2003. 8.27北海道高等学校文化連盟網走支部音楽発表大会=27日〜28日まで、網走市民会館。
2003. 8.27精神障害者の芸術サークル「アートキューブ」(宮田美光代表)は27日、網走市社会福祉協議会からの依頼でボランティア活動の拠点として9月1日にオープンする「網走市市民活動センター」(網走市南2条西3丁目)の正面窓ガラス(高さ3m、幅3.6m)に絵を描く。使用塗料は、網走若葉幼稚園が寄贈。
2003. 8.28来春の高卒就職予定者の合同企業説明会(主催・網走商工会議所、津嘉田栄正会頭)=28日、網走セントラルホテル。
2003. 8.28網走教育局と道高校長協会網走支部は28日、網走商工会議所、網走建設業協会、網走ホテル旅館組合の3団体を訪れ、来春の高卒就職予定者の雇用促進を要請。
2003. 8.28北海道国際航空(エア・ドゥ)の就航以来の搭乗客が28日旭川発羽田行きの便で延べ300万人に達する。
2003. 8.29道地方社会保険医療協議会は29日、医師の名義を借りて診療報酬を不正受給した北見脳神経外科病院(北見市、高谷了院長、150床)と菊地記念病院(網走支庁管内遠軽町、梅田弘敏院長、99床)の保険医療機関の指定取り消し処分を道社会保険事務局に答申。
2003. 8.29倉本産業(株)(倉本正行社長、資本金5,280万円、網走支庁管内生田原町)と関連企業の倉膳(株)(同、資本金1,000万円、同)は29日、民事再生法の適用を釧路地裁北見支部に申請、同日財産保全命令を受ける。負債総額は、約57億円。
2003. 8.29総務省が29日発表した労働力調査による、全国の7月の完全失業率は5.3%で前月と同率。失業者数は、342万人。
2003. 8.30現代作家シリーズ2003「網走プロジェクト〜海から再生した森〜半谷学展」(主催・網走市立美術館)=30日〜9月21日まで、網走市立美術館。
2003. 8.30第10回道東都市シルバー合唱団交流演奏会(主催・同演奏会網走実行委員会、川端浮起子委員長)=30日、エコーセンター。
2003. 8.30洋画家小山内篤(62歳、網走市)は、8月30日まで東京・上野公園内の東京美術館で開かれていた第41回全展(主催・全日本美術協会)に応募した、パステル画「サンゴ草」(30号)で新人賞を受賞。
2003. 8.31オホーツク文化(6〜10世紀)を解明するために発掘中の、最寄貝塚市民見学会=31日、同貝塚。
2003. 8.31網走商工会議所青年部(朝倉一好会長、会員59人)創立10周年記念式典=31日、網走セントラルホテル。
2003. 8.31第8回障害者ふれあい運動会(主催・網走市身体障害者福祉協会、網走リハビリ友の会、同リハビリ教室、サンライズ・ヨピト)=31日、潮見コミュニティセンター。
2003. 9. 1網走市市民活動センター(設置・網走市、管理運営・社会福祉法人網走社会福祉協議会、場所・網走市南2条西3丁目の旧北見漁船保険組合庁舎)が1日、オープン。
2003. 9. 1網走沖の沿岸小型捕鯨のツチクジラ漁(2頭枠)が1日解禁。三好捕鯨(橋本智彌社長、網走市)と共同経営している日本近海(宮城県牡鹿町)のキャッチャーボート「第28大勝丸」(48トン)が1日、網走沖約20キロで、体長10.1メートル、重さ推定約14トンの雄一頭を捕獲、同日網走港に陸揚げ。
2003. 9. 1網走市防災訓練(主催・網走市)=1日、網走港第4埠頭。
2003. 9. 1エアーニッポン(ANK)が道内9路線の運航を、同社の子会社「エアーニッポンネットワーク」(A-net、本社・札幌、宗敏光社長)に移すのに伴い、これまで1日3便あった同社の女満別〜新千歳線が1日から同1便となり、新たに女満別〜札幌(丘珠)線が1便就航。使用機種もYS-11に代わりDHC8-300(56席、カナダ製)を使用。
2003. 9. 2下道水産(下道吉一社長、網走市)と共同経営している磯根捕鯨(和歌山県大地町)のキャッチャーボート「第7勝丸」(32トン)が1日、知床岬の南東27キロの羅臼沖で、体長10.9メートル、重さ推定約12トンの雌一頭を捕獲、2日網走港に陸揚げ。
2003. 9. 2網走市に10万円寄付=2日、網走社交飲食業組合(加藤小夜子組合長)。
2003. 9. 3網走市廃棄物減量化等推進懇話会(北野清丸会長)は3日、大場脩網走市長に「ごみ減量化対策」を答申。
2003. 9. 3第44回道花連網走大会(主催・北海道生花商協同組合(田巻秀隆理事長)、主管・道花連北見支部(25店加盟、成田勝弘網走大会実行委員長))=3日〜4日まで、網走セントラルホテル。
2003. 9. 4第20回記念オホーツク臨書展(主催・同実行委員会、松橋素鶴委員長)=4日〜7日まで、エコーセンター。
2003. 9. 4第5回北海道花き装飾技術選手権大会(主催・北海道生花商協同組合、田巻秀隆理事長)=4日、網走セントラルホテル。
2003. 9. 5第15回ふれあいスポーツ大会(主催・網走市老人クラブ連合会)=5日、すぱーく網走。
2003. 9. 5網走市立西が丘小学校(鈴木憲治校長、児童91人)は5日、校下の卯原内地域でごみ拾い奉仕。
2003. 9. 5網走支庁が5日現在でまとめた、網走支庁管内100歳以上の長寿者(1904.3.31までの出生者)は84人で、最高齢者は元村喜代治(106歳、美幌町)。網走市の長寿者は10人で、最高齢者は内藤鹿次郎(103歳)。
2003. 9. 6第10回あばしり七福神まつり(主催・同実行委員会)=6日〜7日まで、網走中央商店街apt-4歩行者天国。
2003. 9. 6オホーツク愛フェスタ(主催・網走支庁管内知的障害者施設協議会(柴門隆弘会長・紋別市)、主管・サンライズ・ヨピト、福澤佳之施設長)=6日、網走中央商店街apt-4。
2003. 9. 6第34回網走管内女性大会と網走市女性の集い(主催・網走管内女性団体協議会)=6日、エコーセンター。
2003. 9. 6網走・流氷ナイター(主催・網走市)を6日、「巨人対広島戦」の東京ドームで開き、流氷パタラなどが冬観光をPR。
2003. 9. 6ガーデニングコンテスト表彰式(主催・網走TMO事業委員会、鈴木寛祐委員長)〜法人会女性部(木田雅代部会長)の作品「トーフツ湖」が最優秀賞を受賞=6日、網走中央商店街apt-4の西3プラザ「あばしり七福神まつり」特設ステージ。
2003. 9. 6網走管内高等学校定時制生徒生活体験発表会(主催・北海道高等学校長協会定通部会網走支部)が6日、東藻琴高校で開かれ、網走南ヶ丘高校の曽我智美(39歳、2年)が優勝。
2003. 9. 7網走市に「ごみ捨て防止啓発看板」(最寄貝塚付近の海岸に設置)を寄付=7日付け報道、「勇・三協・北興経常建設共同企業体」(板橋睦男網走作業所長)。
2003. 9. 7「道学生ホッケー選手権大会兼全日本学生ホッケー選手権大会道予選会」の男子で、東京農業大学生物産業学部ホッケー部(青山秀隆監督、部員15人)が優勝し、11月2日から奈良と京都で開かれる「全日本学生ホッケー選手権大会」に道第一代表での出場を決める=6〜7の2日間、江別市野幌運動公園ホッケー場。
2003. 9. 8網走市に10万円寄付=8日、網走市ソフトボール協会(小島慶一会長)。
2003. 9. 8臨時道議会(会期:8日の1日間)。
2003. 9. 9網走市は9日、今年100歳(1902.9.17〜1904.3.31の出生者、今年から年度に変更)に達したお年寄り6人に、大場脩網走市長らが訪問して祝い金5万円と花束を贈った。
2003. 9. 9航空機事故に迅速に対応するための消火救難総合訓練=9日、女満別空港で実施。
2003. 9. 9厚生労働省が9日発表した、「全国長寿者名簿」(長者番付)によると、9月末で100歳以上になる長寿者は、2万561人(前年比2,627人増)、うち男性が3,159人、女性が1万7,402人。道内では896人、うち男性は171人(前年比33人増)、女性は725(同116人増)人。
2003. 9.10オホーツクサーモン(カラフトマス)漁は、東部(網走〜ウトロ)で10日終漁。網走漁業協同組合の漁獲量は3,171トン(約200万匹、前年比13.6%増)、漁獲高は1億2,783万円(同68.6%増)。
2003. 9.11オホーツク海の秋サケ定置網漁が10日解禁となり、11日網走港の岸壁に2万9千匹が初水揚げ。
2003. 9.1111日付け報道によると、52年ぶりに発掘が進められている網走・最奇貝塚で、9号住居址(255平方メートル)から土製品の「クマの頭部」「イルカまたはシャチ」「舟」「クマの座像」の4点が出土。発掘を指導している東大大学院の宇田川洋教授は、完全な形でみつかったクマの頭部や舟のミニチュアなどは国の重要文化財クラスの遺物だとしている。
2003. 9.11道美容協会網走支部(五十嵐和敏支部長)は11日、網走市総合福祉センターでお年寄りのボランティア散髪。
2003. 9.11厚生労働省が11日にまとめた社会福祉行政業務報告によると、2002年度中に生活保護を受けた世帯は、1カ月平均87万931世帯(対前年比6万5,762世帯増)で、調査を始めた1951年度以降最多を更新。世帯類型別では、高齢者が40万2,835世帯、障害者・傷病者が31万9,301世帯、母子世帯が7万5,097世帯など。
2003. 9.12網走市敬老会(主催・網走市)=12日、網走市民会館。
2003. 9.12網走市立養護老人ホーム「静湖園」の敬老会=12日、同園。
2003. 9.12網走鮨商組合(金安勝利組合長)の「龍寿し」(小田部和俊)「中鮨」(中野邦夫)「香代鮨」(田中香代子)が12日、網走市立養護老人ホーム「静湖園」の入園者50人に、生ずしの握りを奉仕。
2003. 9.12毛利明雄網走支庁長らは11、12の両日、管内で本年度100歳に達する長寿者(1902.4.1〜1903.3.31の出生者)26人に、内閣総理大臣の祝状と祝品(銀杯)、知事の祝状と祝品(木製写真立て)を贈る。
2003. 9.12網走市水産科学センターは12日、網走市藻琴沖に中間飼育したマツカワ2,283匹を試験放流。
2003. 9.12網走湖の「シラウオひき網漁」が12日、解禁。
2003. 9.13第40回能取湖さんご草祭り(主催・卯原内観光協会、会長・松下伸次、会員18人)=13日〜14日まで、網走市卯原内の能取湖畔。
2003. 9.13全道ユースサッカー選手権大会兼高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会北海道大会(主催・道サッカー協会、主管・網走サッカー協会)=13日〜15日まで、網走スポーツ・トレーニングフィールド。
2003. 9.14卯原内観光協会(会長・松下伸次、会員18人)は14日、同会の創立40年を記念して建立した歌碑「サンゴ草咲く日に」(木下龍太郎作詞、小川寛興作曲、青木望編曲、芹洋子歌)の除幕式=網走市卯原内の能取湖畔。
2003. 9.14第42回市民弓道選手権兼第28回網走市民弓道大会(主催・網走市弓道会、阿部一二会長)=14日、網走市総合体育館。
2003. 9.14第13回創立会長樋口杯兼網走市民バトミントン大会=14日、網走市総合体育館。
2003. 9.15第13回市民スポーツフェスティバル=15日、網走スポーツ・トレーニングフィールド。
2003. 9.15「ふれあい動物園」(主催・網走市教育委員会)=15日、網走スポーツ・トレーニングフィールド。
2003. 9.15第3回網走市長杯争奪町内会対抗パークゴルフ大会決勝大会(主催・網走市町内会連合会、網走パークゴルフ協会など)=15日、網走スポーツ・トレーニングフィールド。
2003. 9.15総務省が発表した統計調査による、15日現在の65歳以上の人口(推計)は、2,431万人(前年比71万人増)で、総人口に占める割合は19.0%。北海道は、111万5,974人(同3万6千人増)で、19.7%。
2003. 9.16網走市議会第三回定例会(会期:16日〜25日までの10日間)。
2003. 9.1616日付け報道によると、女満別空港管理事務所のまとめた同空港の8月の利用客数は、13万9,808人(前年同期比1万2,695人、11%増)。
2003. 9.16任期満了に伴う網走支庁管内雄武町長選は16日告示され、現職の田原賢一(63歳、無所属)以外に届け出がなく、同氏の無投票3選。
2003. 9.17網走市まちづくり推進住民会議(共催・網走市、網走市町内会連合会(佐藤和夫会長、17地区町内会連合会))が、17日の向陽ヶ丘地区を皮切りにスタート。
2003. 9.17網走バス(株)(國田充社長)は17日、網走市立養護老人ホーム「静湖園」のお年寄りら25人を、網走管内の観光地を巡る秋のバス遠足に招待。
2003. 9.17日本郵政公社は7日、網走(客室27、定員103人、正職員8人、網走市呼人)、洞爺など全国8カ所の簡易保険保養センター(通称・かんぽの宿)を2004年3月末までに廃止すると正式発表。
2003. 9.17東藻琴村は17日、村内の交通事故死ゼロ5000日を達成。
2003. 9.19第15回記念公募オホーツク陶芸展(主催・オホーツク陶芸会、絹張海泡会長)=19日〜21日まで、エコーセンター。
2003. 9.19「秋の全国交通安全運動」(網走市内は2日間前倒しして19日〜30日までの12日間)。
2003. 9.19網走市に5万円寄付=19日、網走市の「クリオネ通り加盟店会」(金安勝利会長、加盟20店)。
2003. 9.19網走支庁は19日、毛利明雄網走支庁長と菅井貞夫道警北見方面本部長の連名で、「スピードダウン・シートベルト着用、死亡交通事故の抑止に向けて」の緊急メッセージを出し、関係団体に協力を呼びかけ。
2003. 9.20網走地区剣道連盟(宗澤利会長、網走・常呂・東藻琴の3市町村)創立50周年記念式典=20日、網走ビール館。
2003. 9.20道六大学野球秋季リーグの優勝決定戦で東京農業大学生物産業学部野球部が旭川大を下し、2年ぶり5度目の優勝=20日、網走スポーツ・トレーニングフィールド。
2003. 9.20本間保・元オホーツク水族館館長(66歳)は20日、脳溢血のため網走市内の病院で死去。
2003. 9.21第48回網走地方剣道大会(主催・網走地区剣道連盟、宗澤利会長)=21日、網走市総合体育館。
2003. 9.21「ふれ愛ひろば2003網走」(主催・同実行委員会)=21日、エコーセンター。
2003. 9.21第49回NHK網走・北見間駅伝競走大会(主催・NHK北見放送局など)=21日、網走市中央公園スタート・NHK北見放送局ゴール。
2003. 9.21「MOJO HOUSE」〜佐々木新(30歳、網走市出身、ギター)と鈴木裕(東京都出身、バイオリン)のユニット〜の帰郷ライブ=21日、網走セントラルホテル。
2003. 9.22医師の名義を借りて診療報酬を不正受給した北見脳神経外科病院と網走管内遠軽町の菊地記念病院について、社会保険庁道社会保険事務局は22日、両病院の保険医療機関の指定を取り消した。また、道は22日付けで、北見脳神経外科病院について介護保険法の介護療養型医療施設の指定を取り消した。なお、両病院とも同日付けで各病院の元勤務医が院長となり、北星脳神経外科病院、遠軽共立病院として運営を引き継いだ。
2003. 9.2626日午前4時50分ごろ、道東や日高地方を中心に強い地震が発生。気象庁によると、日高、十勝、釧路管内で震度6弱を観測したほか、道内全域で大きな揺れを観測した。震源は釧路沖で、震源の深さは約42キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は8.0と推定。
2003. 9.2626日の釧路沖を震源とするマグニチュード8.0の地震で、網走管内では北見市・訓子府・清里両町で震度5弱、東藻琴村・女満別・美幌・斜里・端野・生田原・留辺蘂・丸瀬布の各町で震度4、網走・紋別両市・雄武・上湧別両町で震度3を観測。網走地方気象台によると、管内で震度5弱を観測したのは、1989(明治22)年からの観測史上初めて。
2003. 9.26気象庁は26日、北海道で震度6弱を観測した地震の本震(午前4時50分ごろ発生)を「2003年十勝沖地震」と命名。
2003. 9.26「八木田豊の世界〜コレクション絵画展」(八木田豊(68歳))=26日〜28日まで、網走市立美術館。
2003. 9.26第32回網走市高齢者ゲートボール大会(主催・網走市、網走市ゲートボール協会)=26日、すぱーく網走。
2003. 9.26農林水産省は26日、本年産水稲の作況指数(9月15日現在、平年=100)を発表。網走管内は43、全道平均が81、主産地の上川管内が84、空知管内が86。
2003. 9.28第24回網走新聞社杯市民駅伝競走大会(共催・網走市体育協会、網走新聞社)=28日、網走中央商店街apt-4十字街をスタート・ゴール、北浜濤沸橋で折り返す6区間24.5Km。
2003. 9.28第35回東北海道民謡大会(主管・北見地区民謡連合会、野口高堂会長)の「北海道民謡の部」で、網走市の平村政幸が「流氷舟歌」で優勝=28日、エコーセンター。
2003. 9.28第3回オホーツク公園「天都の杜」パークゴルフ大会(主催・オホーツク公園振興協議会、丸田誠会長)=28日、同公園。
2003. 9.28網走管内スポーツフェスタパークゴルフ大会で、網走代表(男女の各5人)が団体と男子個人で庄司雄毅が優勝=28日、滝上町ウッドパークゴルフ場。
2003. 9.28バスケットボール女子Wリーグ公式戦のデンソー対日立ハイテク戦が28日、網走市総合体育館で開催。
2003. 9.28網走市で初めてのカムイチェップ祭(サケを迎える儀式)が28日、網走川左岸のエコーセンター横で行われた。
2003. 9.29市民農園「長寿園」(網走市潮見)の収穫式=29日、同園。
2003. 9.30網走市の友好都市、沖縄県糸満市の農業関係者による北海道視察団7名が30日来網。1日まで2日間の日程。
2003. 9.30エアーニッポン(ANK)の子会社エアーニッポンネットワーク(A-net)が1日1往復運行してきた紋別〜丘珠線が、30日限りで廃止。
2003. 9.30総務省が30日発表した労働力調査によると、8月の完全失業率(季節調整値)は5.1%で、前月より0.2ポイント改善。完全失業者数は、333万人(前年同月比28万人減)。
2003.10. 1「オホーツク網走観光と物産展」(主催・網走市)=1日〜2日まで、東京・銀座ナイン2号館催事場。
2003.10. 1第33回友愛セール(主催・網走更生保護婦人会、高松徳子会長)=1日〜2日まで、網走市民会館。
2003.10. 1赤い羽根共同募金運動が1日から、全国一斉にスタート。
2003.10. 2ウエルカム・オホーツク観光誘致キャンペーン「オホーツク圏観光懇談会」(主催・網走支庁管内観光連盟、浅利清一会長)=2日〜3日まで、東京・渋谷エクセルホテル東急と有楽町・東京交通会館の北海道どさんこプラザ。
2003.10. 3第10回図書館まつり(主催・網走市立図書館)=3日〜5日まで、同館とエコーセンター。
2003.10. 4北見、端野、常呂、津別の1市3町は4日、端野町役場で4市町首長会議を開き、「北見・端野・常呂・津別任意合併協議会」(会長・神田孝次北見市長)の設立を正式決定。
2003.10. 4政府は4日、11月3日付け発令の警察官や自衛官など危険性の高い業務に従事し、社会に貢献した人を対象に新設した「第1回危険業務従事者叙勲」の受章者を発表。網走市から元准空尉・小野康男(61歳)が防衛功労で瑞宝単光章を受章。
2003.10. 4「シリーズ北を描く2003〜北のイメージ白のヴァルール〜西田陽二展」(主催・網走市立美術館)=4日〜11月3日まで、同美術館。
2003.10. 5「第10回市民健康まつり・第21回みんなの生活展」(主催・網走市、網走消費者協会など)=5日、網走市保健センターと北コミュニティセンター。
2003.10. 5「網走リユース展示フェア」(主催・網走市)=5日、網走市保健センター駐車場。
2003.10. 6網走地域活性化戦略会議(主催・網走支庁)=6日、網走市保健センター。
2003.10. 7生活協同組合コープどうとう(伊藤貞男理事長、遠軽町)は7日までに、スーパー「アイコープ」(売り場面積約560平方メートル、網走市南4条東2丁目)を11月上旬に閉店することを決める。
2003.10. 78月10日の台風10号による道内の被害額は、総額819億200万円に上ることが7日、北海道のまとめた最終調査結果で判明。人的被害は死者10人、行方不明1人、重軽傷者3人。住宅被害は全壊18棟、半壊13棟、一部破損20棟、床上・床下浸水567棟。
2003.10. 8網走ライオンズクラブ(瀧川徹会長、会員51人)は8日、同クラブが1964年に網走駅前に建立し、77年に駅前広場工事に伴い他の場所に移設していた「モヨロ人漁撈の像」(作者・佐藤順四郎、白井四郎)を、26年ぶりに網走駅前に移設、除幕。
2003.10. 8防災気象講演会「オホーツクの気象と災害〜気象を知り、いのちと暮らしを守りましょう」(共催・網走地方気象台(若原勝二台長)、網走市)=8日、エコーセンター。
2003.10. 8網走市に100万円寄付=8日、横山龍子(網走市)。
2003.10. 8北海道人事委員会は8日、本年度の道職員給与改定について、月給の平均1.13%引き下げと、期末・勤勉手当(ボーナス)の0.25カ月分削減などを、高橋はるみ知事と神戸典臣道議会議長に勧告。
2003.10. 99日付け報道によると、9月に札幌で開かれた、第14回全道シルバー作品展(共催・北海道長寿社会振興財団、北海道文化団体協議会)の絵画の部で、尾形義光(74歳)の油彩「製氷工場と水門」(20号)が北海道長寿社会振興財団理事長賞を、工芸の部の陶芸で、鈴木玲子(71歳)が札幌市長賞(特別賞)を受賞。
2003.10. 99日付け報道によると、網走市は本年度の文化賞について、網走市文化賞審議会を開き審議した結果、該当者なしと決定。
2003.10.10網走市桂町墓園にニオイヒバの苗木30本の植栽と緑の交通安全旗30本を取り付け=10日、網走桂ライオンズクラブ(竹内厚生会長、会員61人)。
2003.10.10日本盆栽協会網走支部(中村清支部長、正準会員40人)の盆栽展=10日〜13日まで、エコーセンター。
2003.10.102003年度全道高等学校新聞コンクール(主催・北海道新聞社など)の表彰式=10日、網走市民会館。
2003.10.102003オホーツクフェア「第24回オホーツク物産まつり」(主催・同実行委員会、実行委員長・毛利明雄網走支庁長)=10日〜16日まで、北見市・きたみ東急百貨店。
2003.10.10衆議院は10日、解散。総選挙は、28日公示、10月9日投票。
2003.10.10絶滅の危機にある国際保護鳥トキで、純国産として唯一生存していた雌の「キン」が10日、飼育先の新潟県新穂村の佐渡トキ保護センターで死ぬ。推定36歳。
2003.10.11東京農業大学生物産業学部(酒井惇一学部長)の「第15回収穫祭」(棚瀬絵美実行委員長)=11日〜13日まで、オホーツクキャンパス。
2003.10.11今年3月に閉校した、網走市立卯原内小学校の閉校記念碑除幕式(主催・同協賛会、八巻幸男会長)=11日、同西が丘小学校グランド。
2003.10.11「感動の径ウオーク2003」(主催・網走市観光協会など)=11日、網走市豊郷の中園〜網走線沿い。
2003.10.1111日付け報道によると、網走市教育委員会がまとめた、網走市での今年5〜9月間のスポーツ合宿は、8種目41チーム(前年比2チーム減)、延べ人員は1万2,697人(同1,531人増)。経済効果は、3億7,158万円(同18%増)。
2003.10.11道警北見方面本部は11日、「北見方面本部衆議院議員総選挙違反取締本部」(菅井貞夫本部長)を設置。
2003.10.12日本詩吟学院岳風会網走支部(荒木眺岳支部長)の創立45周年記念第38回網走支部吟道大会=12日、エコーセンター。
2003.10.12斉藤敏子(58歳)は、吟剣詩舞コンクール全国大会(主催・ビクター吟友会)の「詩舞の部」で優勝=12日、愛知県尾張旭市。
2003.10.13道立網走養護学校(遠藤秀雄校長)は13日、開校30周年記念事業として1993年に埋めたタイムカプセルを開封。
2003.10.15第23回網走市寿大学祭(主催・寿大学自治会、今野政喜会長)=15日、エコーセンター。
2003.10.15網走地区消防組合(吉田智彰消防長)は、「秋の火災予防運動」がスタートした15日、一日消防長に瀧川徹(60歳、網走ライオンズクラブ会長)を、一日消防官に網走旅館業組合の石栗由美子(46歳)、青木舞(22歳)、斉藤まゆみ(21歳)を委嘱し、運動をPR。
2003.10.15網走地区消防組合消防署(草刈敏郎署長)、介護老人保健施設「いせの里」(中川イセ理事長)、NPO「羽衣あすなろ会」(庄司秀雄理事長)、羽衣町内会(庄司秀雄会長)の4者は15日、消防署で「消防・防災に係る協定」締結に調印。
2003.10.16東京網走会(志村幸雄会長、会員1,300人)「第24回ふるさとの集い」=16日、東京・新宿の京王プラザホテル。
2003.10.16第35回道東都市町内会長大会(主管・網走市町内会連合会、佐藤和夫会長・大会実行委員長)=16日〜17日まで、エコーセンター。
2003.10.16小池百合子環境相は16日、世界自然遺産の推薦候補地に選ばれていた知床(網走管内斜里町、根室管内羅臼町)を、世界自然委事務局(パリ)に推薦すると発表。
2003.10.17女満別空港に17日、大韓航空のチャーター便(ツアー客48人、B737-900型機)が到着。同日、日本からのツアー客154人を乗せソウルへ出発。一行は、それぞれ20日に帰国。
2003.10.17網走市が招いた韓国の航空会社や旅行エージェントの一行12人(12社)が17日、大韓航空のチャーター便で女満別空港に到着。20日に帰国。
2003.10.17「秋の輸送繁忙期の交通安全運動」(17日〜26日までの10日間)。
2003.10.17海の日写真コンクール表彰式(主催・網走港振興協議会「海の日」部会(部会長・鈴木雅宣網走市助役))〜丸山健吉(69歳北見市)の「豊かな北の海」が最優秀賞を受賞=17日、網走市役所。
2003.10.17道教委は17日、04年度の公立高校適正配置計画を発表。網走管内では、第1学区の北見北斗は普通科1学級削減の6学級に、第2学区の斜里は普通科3・商業科1が総合学科3学級に。特殊教育諸学校配置計画で、網走養護学校は普通科1学級3人が3学級9人に。
2003.10.17網走市営美岬牧場が17日、閉鎖。
2003.10.17北海道道東ブロック更生保護研究大会(主催・北海道地方更生保護委員会、北海道地方保護司連盟など)=17日、網走市民会館。
2003.10.17道は17日、今夏の低温、日照不足による道内農産物被害額は少なくとも446億円に上ると道議会農政委員会に報告。
2003.10.18網走市の姉妹都市カナダ・ポートアルバーニ市のケン・マックレー市長夫妻とケン・バーロー港湾局長の3人が18日、来網。22日まで滞在交流。
2003.10.18第18回北方民族文化シンポジウム(主催・北方文化振興協会(遠藤隆也理事長)、道立北方民族博物館(谷本一之館長))=18日〜19日まで、エコーセンター。
2003.10.18「オホーツクふるさと青年会議」(安藤守議長、会員41人)のおしかけ懇談会=18日、網走市呼人・NPO「夢の樹オホーツク」。
2003.10.19第1回呼人コミュニティセンター祭り(共催・同センター運営委員会(斉藤正義運営委員長)、NPO「夢の樹オホーツク」(小瀬敏幸・後藤田生子両代表理事))=19日、同センター。
2003.10.20網走市防犯協会(木崎喜八郎会長)、網走警察署(岡田信彦署長)、網走地区防犯協会(会長・大場脩網走市長)などは20日、網走市apt-4ラルズ網走店前十字街で防犯街頭啓発。
2003.10.21JA北海道厚生連網走厚生病院(藤永明院長)は21日、現病院施設の老朽化に伴う現地建て替え計画を発表。工期は、11月着工、平成18年4月完成。新病院は、鉄筋コンクリート9階建て地下1階、延べ面積2万6,500平方メートル、医師数42人、13診療科目、病床数372床。総事業費は、約80億円。
2003.10.21冷夏による網走管内の水稲と豆類の被害額が13億7,900万円に上ることが、21日までに網走支庁の調べで分かる。
2003.10.2222日付け報道によると、女満別空港管理事務所のまとめた同空港の9月の利用客数は、11万4,707人(前年同期比37人増)。
2003.10.23第45回網走市立小中学校合同音楽祭(主催・同実行委員会、委員長・松岡宏幸西小学校長)=23日、網走市民会館。
2003.10.23「北方の歌の系譜を求めて〜追分の旅・追分の母なる唄」(主催・北海道実行委員会、委員長・谷本一之道立北方民族博物館長)=23日、道立北方民族博物館。
2003.10.23第26回放送コンテスト網走地区大会兼第32回網走地区高等学校放送コンテスト新人大会(主催・道高文連網走支部)=23日、エコーセンター。
2003.10.23網走港の港湾工事関係業者10社が23日から、網走港・親水防波堤「ぽぽ260」の落書き消し作業奉仕。
2003.10.24第26回女性センターフェスティバル(主催・同センター利用者協議会、長沢ちづ子代表)=24日〜25日まで、網走女性センター。
2003.10.24深井勝男・網走地方食品衛生協会会長(飲食店「ふか井」経営)は、食品衛生大会(主催・厚生労働省、日本食品衛生協会)の席上、食品衛生功労者として厚生労働大臣表彰を受賞=24日、東京・日本橋の明治座。
2003.10.2424日付け報道によると、網走市文化連盟の網走文化功労賞に細矢由助(84歳、雅号・細矢清峰、北線美術協会員)、川端浮起子(81歳、あばしりシルバーコーラス代表)、横山久蔵(71歳、網走市寿大学民謡クラブ講師)の3人が決まる。授賞式は、11月3日。
2003.10.24網走市立第二中学校(小北政信校長、生徒279人)は24日、全校生徒で校下の9公園の遊具補修や清掃奉仕。
2003.10.25第24回網走吹奏楽団定期演奏会(主催・網走吹奏楽団、代田透団長、団員51人)=25日、網走市民会館。
2003.10.25「北の家づくりフェア2003 in網走」(主催・北海道)=25日〜26日まで、エコーセンター。
2003.10.259月26日発生の十勝沖地震の道内の被害総額は、25日現在の道の集計で、245億8,400万円。人的被害は、行方不明2人、重症63人、軽傷779人。一般住宅被害は、全壊59棟、半壊82棟、一部損壊など1,527棟。
2003.10.2626日付け報道によると、網走TMO事業委員会(鈴木寛祐委員長)は、網走市南4条東1丁目の空き店舗に、休憩所「まちプラ」(約150平方メートル)を開設。
2003.10.26博物館網走監獄開館20周年記念式典(主催・(財)網走監獄保存財団、小野塚正衛理事長)=26日、網走セントラルホテル。
2003.10.28「2003オホーツク圏の物産と観光展」(主催・オホーツク物産振興協議会、会長・毛利明雄網走支庁長)=28日〜11月4日まで、横浜市・そごう横浜店で開かれる「北海道の物産展と観光展」に参加して開催。
2003.10.28「教育指導等」研究協議会(主催・全国教育研究所連盟など)=28日〜29日まで、エコーセンター。
2003.10.28農林水産省は28日、本年産水稲の作柄概況(15日現在、平年=100)を発表。全国90、全道73、網走管内が19、主産地の上川77、空知79。
2003.10.29民間信用調査機関によると、協栄建設(株)(土屋明彦社長、資本金3,100万円、網走市)は29日、業績不振を理由に事業継続を断念、事務所を閉鎖。負債総額は、約5億円。
2003.10.30第4回網走市民文化フェスティバル(主催・網走市文化連盟)=30日〜11月2日まで、エコーセンター。
2003.11. 1網走市に「網走ロータリークラブ創立50周年記念少年少女文庫」(1,105冊)寄贈=1日、網走ロータリークラブ(中原章博会長)。
2003.11. 1網走ロータリークラブ(中原章博会長)創立50周年記念式典=1日、網走セントラルホテル。
2003.11. 1道立網走養護学校(遠藤秀雄校長)開校30周年記念式典=1日、同校。
2003.11. 1「北の食フェスタ」(主催・道立北方民族博物館)=1日〜9日まで、同館。
2003.11. 1北海道暴走族根絶条例が1日、施行。
2003.11. 2秋の褒章が2日発表され、網走市から保護司・渡辺正一(78歳)が更生保護功績で藍綬褒章を受章。
2003.11. 22日付け報道によると、網走市は、介護保険制度を周知するパンフレット「網走市の介護保険」(A4判カラー20ページ)をつくり、全戸に配布。
2003.11. 3秋の叙勲が3日発表され、網走市から元公立小学校長・松田義久(79歳)が教育功労で瑞宝双光章を受章。
2003.11. 3網走市文化連盟(浪岡清治会長)の文化功績者顕彰式=3日、網走セントラルホテル。
2003.11. 3網走刑務所(池田英仁所長)の網走地区矯正展=3日、同所。
2003.11. 4中央東地区連合町内会(江連三喜男会長)の集会施設「東地区高齢者ふれあいの家」(網走市南6条東4丁目、旧網走市教育委員会庁舎)が4日、オープン。
2003.11. 44日付け報道によると、網走青年会議所の04年の理事長予定者に、大庭幹則(38歳、(株)大成印刷営業部長)が決まる。
2003.11. 501年11月に経営破綻した網走信用組合から不良債権を引き継いだ整理回収機構(RCC、鬼追昭夫社長)は5日、回収見込みのない融資で同信組に損害を与えたとして、福田貢・元理事長(73歳)、加藤弘行・元専務理事(72歳)、中川毅一・元常務理事(64歳)、平岡幸信・元常勤理事(48歳)の旧経営陣4人を相手取り、総額1億円の損害賠償を求める訴訟を札幌地裁に起こす。
2003.11. 5第二次網走市母子保健計画策定市民検討会議(会長・吉阪一子網走市食生活改善推進員協議会副会長)は5日、大場脩網走市長に提言書を答申。
2003.11. 5道立網走養護学校(遠藤秀雄校長、児童・生徒64人)は5日、開校30周年を記念し、同校前庭にタイムカプセル(10年後に開封)を埋設。
2003.11. 5「感動の径」キカラシ・ひまわり写真コンテスト表彰式(主催・網走市観光推進協議会、柴崎正則会長)〜佐古寛(網走市)の「感動の径情景」が最優秀賞を受賞=5日、網走市役所。
2003.11. 5札幌北警察署と道警捜査一課は5日、01年9月に札幌市北区・茨戸川で開かれた全道高校新人ボート競技大会で、当時15歳、網走南ヶ丘高校1年男子生徒が転覆したボートから投げ出され死亡した事故で、大会競漕委員長(網走市内の男性教諭、59歳)、救助艇担当(渡島管内上磯町の道立高校実習助手、36歳)、大会に引率した道立高校ボート部顧問(網走市内の教諭44歳と38歳)の4人を、業務上過失致死の疑いで書類送検。
2003.11. 6永年勤続優良従業員・優秀従業員表彰式(主催・網走商工会議所、津嘉田栄正会頭)=6日、網走セントラルホテル。
2003.11. 6ウエルカム・オホーツク観光キャンペーン「オホーツク圏冬季観光懇談会」(主催・網走支庁管内観光連盟、浅利清一会長)=6日、札幌グランドホテル。
2003.11. 6「人権の花」運動に協力した網走市立呼人小学校(金石稔校長、児童62人)に、感謝状と記念品を贈呈=6日、釧路地方法務局網走支局(清水勝則支局長)と網走人権擁護委員協議会(阿部一二会長)。
2003.11. 88日付け報道によると、網走市のまとめた、今年度上期(4〜9月)の観光入込客数は、95万3,700人(前年同期比4万1,400人、4.2%減)。宿泊客数は、34万4,400人(同1万9,900人、5.5%減)。
2003.11. 8「あばしり創業塾」(主催・網走商工会議所、津嘉田栄正会頭)の開講式=8日、エコーセンター。
2003.11. 8網走地方気象台は8日、網走で「初雪」を観測したと発表。昨年および平年より9日遅い。
2003.11. 8第24回武道大会(主催・網走市武道振興会、島田光雄会長)=8日、網走市総合体育館。
2003.11. 9第43回衆議院議員総選挙の投・開票が9日行われ、北海道第12選挙区(網走・宗谷管内)では、武部勤(62歳、自民、前)が118,258票を獲得し、松木謙公(44歳、民主、新)、村口照美(67歳、共産、新)を押さえて6選。松木謙公は、比例代表道ブロックで復活当選。投票率は、道第12選挙区で66.72%(前回70.97%)、網走市で62.22%(同65.52%)。全国の政党別当選者数は、自民237人(解散時247人)、民主177人(同137人)、公明34人(同31人)、共産9人(同20人)、社民6人(同18人)、保守新4人(9人)、無所属の会1人(同5人)、自由連合1人(同1人)、諸派0人(同2人)、無所属11人(同5人)、合計480人(同475人、欠員5人)。
2003.11. 9網走市、小清水町、網走市観光協会は9日から14日まで、中国の広州・上海で観光プロモーション。
2003.11.10「お年玉付き年賀はがき」が、10日から発売。
2003.11.11流氷観光砕氷船「おーろら」を運航する道東観光開発(株)(本社・網走市、国田充社長)が、(財)地域総合整備財団(ふるさと財団)の「ふるさと企業大賞」の総務大臣賞を受賞=11日、東京・ホテルニューオータニ。
2003.11.11網走刑務所に本14冊を寄付=11日、網走オパール職親会(土屋善治郎会長、会員33事業所)。
2003.11.1212日付け報道によると、東京農業大学生物産業学部(酒井惇一学部長)生物生産学科(学科長・横濱道成教授)は、過去14年間の研究・教育の取り組みを紹介した「北の大地の生物生産〜100の挑戦」(ポケットサイズ、オールカラー136ページ)(東京農業大学出版会)を出版。
2003.11.12「観光客のための車いす介助体験研修会」(共催・網走地域観光ホスピタリティ推進協議会(柴崎正則会長)、網走市市民活動センター)=12・13・18の3日間、網走市市民活動センターおよびホテルなど。
2003.11.12第1回彩風展(主催・油彩ぐるーぷ「彩風」(渡部功一代表、メンバー8人))=12日〜16日まで、網走市立美術館。
2003.11.12特別養護老人ホーム・レインボーハイツ(石丸司施設長)のお年寄りに、生すしを振る舞う=12日、小田部和俊(54歳、「龍寿し」)、村上弘美(57歳、「寿しのむらかみ」)の二人。
2003.11.12総務省は12日、雇用情勢の悪化などで経済活動の停滞が著しい地域の活性化を目的に創設した「地域経済活性化対策」の対象に北網(北見・網走市など14市町村)、上川中部、宗谷、渡島の道内4地域を含む全国27地域269市町村を指定。
2003.11.13網走市に5万円寄付=13日、「あばしり市立図書館友の会」(小路喜久三会長、7団体・21個人)。
2003.11.13網走市立西小学校グランド内遊具の塗装奉仕=13日、網走地方塗装業組合(組合長・添田軍次ソエダ塗装工業社長、組合員11社)。
2003.11.13オホーツク圏観光地づくりセミナー「環境と共生した観光地づくり〜知床の世界自然遺産登録に向けて」(主催・網走支庁)=13日、エコーセンター。
2003.11.14国際ソロプチミスト網走(嘉多山愽子会長)創立25周年記念「発展途上国の子供たちに一握りの愛を!チャリティーお笑い寄せ」=14日、エコーセンター。
2003.11.14高橋博・網走市統計協議会会長(79歳)は、自動車輸送統計調査事務で国土交通大臣表彰を受け14日、北見陸運支局で表彰状と記念品(銀杯)を受領。
2003.11.1515日付け報道によると、今年の網走市技能功労者に、不動修(49歳、(株)ホテル網走湖荘常務取締役調理部長)と松尾富彦(51歳、松尾鉄工(株)社長)の二人に決まる。
2003.11.1515日付け報道によると、「蜃気楼」(川尻秀一代表)は04年版カレンダー「詩季あばしり」(縦54cm、横42cm、13枚つづり)を製作。
2003.11.15網走野球連盟(馬淵淳一会長、会員55人)は15日、網走市営球場を清掃奉仕。
2003.11.1516日付け報道によると、網走市が本年度新規に取り組む「網走市事業化等スタートアップ支援事業」の対象に、応募のあった「呼人環境・エネルギー研究会」(浅利栄治代表)、街つくりわかしお研究会「夢」(堀口敏幸代表)、(有)竹内呉服店「ショップインショップ」(竹内章充社長)、網走海洋深層水クラスター研究会アクアTAB(佐藤孝代表)の4団体に15〜30万円の支援を決める。
2003.11.16小池百合子環境相は16日、世界自然遺産候補地の知床を視察。
2003.11.17網走市技能功労者表彰式(主催・網走市)=17日、網走セントラルホテル。
2003.11.17第53回全道高校演劇発表大会(主催・道高文連など)で、「チキン・カレー」を発表した網走南ヶ丘高校演劇部(部員6人、顧問・溝口勲教諭)が最優秀賞を受賞し、全国大会への切符を手にする=14〜17の4日間、北見市・北見芸術文化ホール。
2003.11.17紋別市は17日、道都大学(本部・北広島市)が紋別キャンパス(社会福祉学部)を06年度限りで撤退し、札幌キャンパス(北広島市)に集約したいとの意向を市に伝えていることを明らかにした。
2003.11.18特別養護老人ホーム・レインボーハイツ(石丸司施設長、入所者50人、網走市呼人)のお年寄りをボランティアカットしたほか、網走市立養護老人ホーム・静湖園(同呼人)にシャンプー10リットル、ミネラルウォーター(330ミリリットル)160本をプレゼント=18日、網走美容協会網走支部(五十嵐和敏支部長、加盟44店)。
2003.11.19JA北海道厚生連網走厚生病院(藤永明院長)改築工事の地鎮祭=19日、同病院駐車場。
2003.11.19釧路地裁網走支部は19日、民事再生手続き中の観光ホテル「友愛荘」(網走)の再生計画案を認可。
2003.11.19長尾守・網走漁業協同組合常務(58歳)は19日、北海道産業貢献賞(優良水産業協同組合等功労役職員)を受賞=札幌市・KKRホテル札幌。
2003.11.19来春高校卒業予定者の就職面接会(主催・北見、網走両職業安定所)=19日、北見市内のホテル。
2003.11.20特別養護老人ホーム・レインボーハイツ(網走市呼人)のお年寄りに、そばを振る舞う=20日、しれとこそば玉置屋本店(菅野衛治社長)。
2003.11.21経済産業省は21日、北海道電力から申請の泊原発3号機(加圧水型軽水炉、91万2千キロワット、後志管内泊村)の工事計画を認可。
2003.11.2222日付け報道によると、女満別空港管理事務所がまとめた同空港の10月の利用者数は、9万4,427人(前年同期比4,045人、4%減)。
2003.11.23第12回網走市社会福祉大会〜網走市ボランティア・市民活動センターを考える(主催・網走市社会福祉協議会(高松菊男会長))=23日、網走セントラルホテル。
2003.11.23第三セクター鉄道・ふるさと銀河線(北見市〜十勝管内池田町、140Km)の存廃を話し合う第4回関係者協議会が23日北見市で開かれ、最大出資者の道は「鉄路廃止・バス転換が望ましい」との方針を正式表明。
2003.11.24網走市子ども大会2003(主催・網走市子ども会育成連合会、松井弘会長)=24日、エコーセンター。
2003.11.26(株)丸田組(丸田孝一社長)は26日、道建設雇用改善推進大会の席上、建設雇用改善優良事業所として道社会貢献賞を受賞=ホテル札幌サンプラザ。
2003.11.26網走市にハルニレとヤマモミジ各1本(レイクサイドパーク・のとろに植栽)を寄贈=26日、網走市役所技師会。
2003.11.26北海道電力は26日、泊原発3号機(出力91万2千キロワット、後志管内泊村)の建設工事に着手。
2003.11.27網走市議会第二回臨時会(会期:27日の1日間)。
2003.11.2727日付け報道によると、網走刑務所湖畔農場(網走市大曲、約80ヘクタール)の利用方法を検討していた「網走刑務所大曲湖畔農場利用研究会」(座長・長沢真史東京農業大学生物産業学部教授)は、「さまざまな生物が生息する環境に配慮した自然公園」とする構想をまとめ、大場脩網走市長に提出。
2003.11.27藤森香壽雄・網走市教育委員(50歳、(株)フジモリ社長)は27日、網走市内の病院で死去。
2003.11.27第4回定例道議会(会期:27日〜12月10日までの14日間)。
2003.11.28網走消防団第三分団(日下部正幸分団長、団員26人)詰所落成記念式典=28日、網走市北浜の同詰所。
2003.11.28自動車部品メーカーのデンソー(愛知県刈谷市)が網走市嘉多山に建設中の「網走テストセンター」(太田実社長)が完成し28日、地元関係者に公開。
2003.11.28網走支庁地区北海道青少年顕彰式〜網走市から赤川由香里(23歳)が顕彰=28日、網走支庁。
2003.11.28総務省が28日発表した労働力調査によると、10月の完全失業率(季節調整値)は5.2%(前月比0.1ポイント悪化)。完全失業者数は、343万人。
2003.11.29「合唱団あばしり」(岩尾弘敏代表)の第25回定期演奏会=29日、エコーセンター。
2003.11.29鍛治谷政男・元網走市公平委員会委員長(80歳、(社)網走愛育会理事)は29日、札幌市内の病院で死去。
2003.11.304月に開校した網走市立西が丘小学校(鈴木憲治校長、6学級、児童91人)の落成式(主催・同校落成記念事業協賛会、笹田昌孝会長)=30日、同校。
2003.11.30網走管内の秋サケ漁は30日で終漁。管内の漁獲量は史上最高の7万32トン(対前年比173.9%)、金額は101億4,796万円(同123.1%)。網走漁業協同組合は1万8,678トン(同197.4%)、27億3,269万円(同140.3%)。
2003.11.30東京農業大学全学応援団オホーツク支部吹奏楽団の第7回定期演奏会=30日、網走市民会館。
2003.12. 1中央網走地区簡易水道通水式(主催・網走市)=1日、東網走ポンプ場(網走市東網走198)。供給範囲〜稲富、中園、東網走、豊郷、昭和、山里の6地区、33.8平方キロメートル。
2003.12. 1あばしり全市連合大売出し(同実行委員会、委員長・須藤武夫網走中央商店街振興組合理事長)=1日〜31日まで。
2003.12. 1「北海道空き缶等の散乱の防止に関する条例」が1日、施行。
2003.12. 1釧路地方法務局網走支局(清水勝則支局長)と網走人権擁護委員協議会(阿部一ニ会長)は1日、網走中央商店街apt-4十字街で人権擁護の街頭啓発。
2003.12. 1網走市に50万円寄附=1日、武良ミツ(網走市)。
2003.12. 2網走市に5万円寄付=2日、藤森則子(網走市)。
2003.12. 44日付け報道によると、女満別空港管理事務所のまとめた同空港の11月の利用客数は、6万6,968人(前年同期比5,491人、8%減)。
2003.12. 4ユニセフに「お買い物ごっこ」の益金11万3,820円を寄付=4日、網走市の若葉幼稚園(寺永智子園長)。
2003.12. 5網走市のマツカワ・クロソイ栽培漁業試験報告会と試食会=5日、網走セントラルホテル。
2003.12. 5網走ライオンズクラブ(瀧川徹会長、会員52人)は5日、国道39号の網走市立西小学校前横断歩道橋に交通安全横断幕を掲示。
2003.12. 6網走地区日本善行表彰受賞者合同祝賀会(主催・日本善行会網走支部、阿部一ニ支部長)=6日、網走セントラルホテル。
2003.12. 66日付け報道によると、網走地区剣道連盟(宗澤利会長)は、創立50周年記念誌「右文左武」(A4判43ページ、カラー印刷)を発行。
2003.12. 6網走監獄保存財団(小野塚正衛理事長)は6日、博物館網走監獄開館20周年記念事業して、旧駅逓跡地の網走市越歳に建立した「第1号越歳駅逓碑」の除幕式。
2003.12. 77日付け報道によると、北見管内さけ・ます増殖事業協会(出口吉蔵会長、網走市)は、カラフトマスの愛称として普及に努めてきた「オホーツクサーモン」の名称を、特許庁に商標登録出願。
2003.12. 8網走市議会市町村合併調査特別委員会(空英雄委員長)は8日、網走、女満別、東藻琴の3市町村による任意合併協議会の設置を了承。
2003.12. 8網走管内佐呂間、上湧別、湧別3町による「佐呂間町・上湧別町・湧別町合併協議会」が8日、発足。会長に堀次郎佐呂間町長が就任。法定合併協議会の設置は、網走管内で2番目、道内で9番目。
2003.12. 9網走市にミズバショウ群生地(網走市呼人)2,553平方メートルを寄付(前回の寄付と合わせ5,106平方メートル)=9日、「網走湖・水と緑の会」(清水晶子代表、会員20人)と民間非営利団体「グリーンシーズ」(高松勉代表、会員36人)。
2003.12. 9網走市内の福祉施設サンライズ・ヨピト、静湖園、レインボーハイツ、いせの里、ファミールみどりの5カ所にタオル723枚、ティッシュペーパー500箱、石けん316個、洗剤41個を寄贈=9日、網走市赤十字奉仕団(古川悦子委員長、団員244人)。
2003.12.10道の調査で10日判明した9月26日発生の十勝沖地震の最終的な被害額は、273億8,100万円。人的被害は、行方不明者2人、重軽傷者847人。住宅被害は、全壊104棟、半壊345棟、一部破損など1,560棟。
2003.12.10ラクビー日本代表の向井昭吾監督は10日、網走市役所に大場脩網走市長を訪ね、10月にオーストラリアで開かれた「第5回ラグビー・ワールドカップ」の結果を報告。
2003.12.11網走市議会第四回定例会(会期:11日〜18日までの8日間)。
2003.12.12網走測量設計協会(島田昭三会長)の創立35周年祈念式典=12日、網走グランドホテル。
2003.12.12網走桂ライオンズクラブ(竹内厚生会長)の「第4回ガーデニングコンテスト」表彰式〜井上龍助(79歳、網走市潮見6-5-8)が受賞=12日、網走セントラルホテル。
2003.12.12「ホワイト・イルミネーション」点灯式(主催・網走TMO事業委員会、鈴木寛祐委員長)=12日、網走市中央商店街apt-4、点灯期間:12日〜2月11日まで。
2003.12.12「まちづくり研究会」(堀口敏幸代表、会員約15人〜網走市民と東京農業大学生物産業学部学生有志で組織)は12日、網走市南4東1のapt-4休憩スペース「まちプラ」内に、「まちなか情報センター」を開設。
2003.12.12知的障害者更生施設「サンライズ・ヨピト」(福澤佳之施設長、利用者65人)に「愛のタオル」を寄贈=12日、網走郵便局(口田光男局長)。
2003.12.12網走高校吹奏楽部(作間千賀子部長、部員27人)の第7回定期演奏会=12日、網走市民会館。
2003.12.13網走市立養護老人ホーム・静湖園にタオル100枚を寄贈=13日、網走地方たばこ販売協同組合婦人部(池下栄子部長)。
2003.12.13第13回チャリティーコンサート(主催・網走市立西小、同白鳥台小、同網走小、同東小)=13日、網走市民会館。
2003.12.16網走市内の福祉施設13カ所に「コカ・コーラ」など飲料製品40ケース960本をプレゼント=16日、北海道コカ・コーラボトリング(北島義俊社長、本社・札幌)網走営業所(清信等所長)。
2003.12.17網走市立養護老人ホーム・静湖園(入園者50人、網走市呼人)で、もちつき奉仕=17日、網走北交ハイヤー(株)(若松孝至社長)。
2003.12.18網走市議会は18日、死去した藤森香壽雄・網走市教育委員の後任に、本間弘哉(52歳、(株)木下鉄工所社長)の任命に同意。
2003.12.18更生保護法人網走慈恵院(理事長・大場脩網走市長)に100万円寄付=18日、渡辺正一(76歳)。
2003.12.18網走市に5万円寄付=18日、第23回市民クリスマス実行委員会(阿部範雄委員長)。
2003.12.19網走ぐるめ街活性化協議会(加藤小夜子会長)、網走商工会議所(津嘉田栄正会頭)、網走市観光協会(柴崎正則会長)の三者は19日、網走市役所、網走支庁など官公庁19カ所を訪ね、公務員の年末年始の忘新年会を自粛しないよう要請。
2003.12.19第一管区海上保安本部は19日、流氷情報センターを開所。
2003.12.20武部勤衆院議員から20日網走新聞に入った連絡によると、網走刑務所(現定員747人)の増築が、本年度の補正予算(約25億円、定員200人増)と来年度当初予算(約17億円、定員200人増)で実施決定。定員は、400人増。
2003.12.20「青少年のための室内楽の夕べ」(主催・同実行委員会、遠藤隆也会長)=20日、道立北方民族博物館。
2003.12.21網走市立養護老人ホーム・静湖園で、お年寄りの理髪奉仕=21日、網走理容組合女性部(国分嘉夜子部長、部員15人)。
2003.12.22(社)網走市社会福祉協議会と網走愛育会「いせの里」に、車椅子(アルミ自走式)各1台(1台8万5千円相当)を寄贈=22日、(社)網走地方法人会女性部会(木田昌代部会長)。
2003.12.2323日付け報道によると、網走管内26市町村の本年度上期(4月〜9月)の観光入込客数は757万3千人(前年同期比33万7,600人、4.3%減)、宿泊客延べ数は、142万7,500人(同2万1,900人、1.5%減)。
2003.12.23「ふれあいクリスマスパーティー」(主催・同実行委員会、後藤田生子代表)=23日、網走セントラルホテル。
2003.12.23「ふれあいクリスマスパーティー」に箱入りケーキ170個プレゼント=23日、べに屋(網走市南4東2)。
2003.12.24政府は24日の閣議で、2004年度予算政府案を決定。一般会計総額は03年度当初予算比0.4%増の82兆1,1109億円。北海道開発予算額は同比4.3%減の7,822億5,600万円。
2003.12.25「中小企業経営支援事業共同組合」(略称・LBCA、南都正弘理事長、組合員13人、網走市南5東1)が25日、設立〜当面の事業区域は、組合員が所在する網走、北見、美幌、女満別、小清水の2市3町。
2003.12.26赤井邦男紋別市長は26日の記者会見で、道都大桜井淳総長から同大紋別キャンパスを2005年度限りで撤退したい意向を伝えられていたことを明らかにした。
2003.12.26総務省が26日発表した労働力調査による11月の完全失業率(季節調整値)は、前月と同率の5.2%。完全失業者数は330万人(前年同月比8万人減)。
2003.12.31大正9年(1920年)創業の看板、塗装の(有)白井三一堂(村田幸司社長、網走市南5東3)が、12月31日で閉店。

(敬称略)

編纂担当/井田勇次

2002年←2003→2004年

index キーワード検索