三木澄子

 明治41年長崎生まれ。大正15年、菊田一夫、安藤一郎らとともに詩の同人誌「花畑」を発刊。昭和4年「婦人サロン」の懸賞小説で「試験結婚実話-一週間」が当選。この後「婦人サロン」に随筆を書き続ける。昭和11年、証券会社に勤める磯野栄蔵と結婚。昭和16年、創作「手巾の歌」発表。この作品が芥川賞候補になる。昭和22年、文芸春秋に「石段」を発表。昭和24年文学界庄野誠一編集長のすすめでジュニア小説「星座」を執筆。この後多くのジュニア小説を生み出す。
 昭和49年に夫栄蔵とともに網走市呼人に移住。その後も数編のジュニア小説を発表するが、昭和55年に創刊される同人誌「磁場」に参加。さらに「文芸網走」にも創作を発表する。この頃から心臓疾患で入退院を繰り替えすが、「わたしの女満別開拓史」「北のソネット」などを発刊。昭和59年から「文芸網走」で「晩祷」の連載を開始するが昭和63年、市内の喫茶店で倒れ、心不全のため死去した。遺作となった「晩祷」の連載原稿は机上に20枚ほど残されただけで、未完に終わったかにみえたが、平成10年、偶然未発表の部分が発見され同年単行本として発刊された。

<著作一覧>
昭和30年「まつゆき草」ポプラ社
昭和41年「星の広場」小学館
昭和42年「遠い花火」小学館
昭和43年「さわやかな夜明け」小学館
昭和45年「荒野の青春」小学館
 「純愛」小学館
昭和46年「風浪の岸」小学館
昭和48年「雪の恋歌」小学館
昭和49年「小説・菊田一夫」山崎書房
昭和52年「リラの愛むらさき」集英社
 「白鳥に告げた言葉」集英社
 「禁じられた手紙」集英社
昭和53年「妖精の涙」集英社
 「愛さずにはいられない」集英社
 「雪が燃えていた」集英社
 「風が答えた」集英社
 「野ぎくの道しるべ」集英社
 「ふたりだけの森」集英社
昭和53年「かがやく愛を」集英社
 「心に真紅のリボンを」集英社
 「恋人たちは霧の中」集英社
昭和54年「海は少女を見たか」集英社
 「不死鳥(フェニックス)飛ぶ」集英社
 「ねこときつねがさんぽして」小学館
昭和55年「わたしの女満別開拓史」オホーツク書房
昭和56年「北に青春あり」集英社
昭和62年「北のソネット」オホーツク書房

網走歴史の会 index